2022年9月12日 ディボーション

エレミヤ書48章

  

『恵みに至る神のさばき』

 

「しかし終わりの日に、わたしはモアブを回復させる。‐主のことば。」(47節要約)

 

  46章より、諸国の民に対する預言が、エレミヤを通して語られています。48章は、モアブの民に対する預言です。

 

 モアブ人とは、アブラハムの甥であるロトと、彼の姉娘によって誕生したモアブの子孫たちです(創世記19:37)。彼らは、イスラエルの民の背信をさばく民として用いられたこともあり(士師記3:12)、またイエスの家系に名を残したルツを生み出した民でもあります。

 

 しかし、アブラハムを祖先とする民でありながらも、彼らは主から離れ、偶像神ケモシュを礼拝しました。その高慢さと(7)、平安の享受(11)、肉による自信(14)、そして主への高ぶり(29)は、イスラエルの神によるさばきを招きました。


 この章には、モアブの地名が細かに記述されています。この記述によって、不信仰な民に対する神のさばきの恐ろしさを垣間見ることも出来ますが、逆に、神が愛するご自分の民を知っておられ、またその民を、ことごとくきよくしようとする神の配慮を感じることも出来ます。事実、47節には、「しかし終わりの日に、わたしはモアブを回復させる」、と書いてあります。


 神は、そのきよさのゆえに、罪をそのままにしておくことの出来ないお方でありますが、同時に、ご自分の民を決して見捨てず、必ず、再び、御許に戻される神なのです。

 

 イエス・キリストの十字架以降、信者であるなしに関わらず、この世において、神による直接的な滅びのさばきは無くなっています。ただし、キリスト・イエス再臨の時には、不信仰な民に対する神のさばきが再び始まります。

 

 聖書には、御子を信じる者はさばかれない(ヨハネ3:18)、なぜなら、御子を信じる者はすでにきよいからです(ヨハネ15:3)と書いてあります。このことは、御子を主と信じる者たちすべてに与えられている恵みであります。

 

 しかし、だからといって、罪を犯してもよい、ということではありません。信者であるなら、犯してしまった罪は、必ず示されます。たとえキリスト・イエスの血潮によって、過去、現在、未来におけるすべての罪が赦されているとしても、真の悔い改めを求めないなら、その罪は残り、サタンに居場所を与えてしまうことになります。

 また信者でないなら、犯した罪へのさばき、白い御座のさばきが待っています。それは永遠の滅びへのさばきです。このことは、キリスト・イエスの再臨以降に必ずやって来ることが預言されています。

 

 神は、モアブという、性的に乱れた国民性を持つ民であっても愛し、用いられました。このことから、神はその人が良い人だから救うのでも、愛されるのでもないことが分かります。

 

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ43:4要約)


 神の凄まじいばかりの怒り、そのさばきを学ぶとき、その罪の深さや大きさに関わらず、罪を罪として受け止め、告白することがいかに大切であるかを思わされます。神の目に映る自分を想像するなら、罪の中に生きることなど、最早できないからです。

 

 

祈り:愛する天のおとうさま。あなたの目に映る自分を生きることができますように。罪の中に留まる日など一日としてないよう、たとえどのような罪であっても示し、悔い改めへと導かれますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精

使徒の働き8章 使徒たちはステパノを葬った後も御言葉を伝えるのに専念した。 8章の中で気になったのはサマリアで魔術を行なっていたシモンである。この者は魔術で人々の関心をよび、「この人こそ大能と呼ばれる」と言われた。シモンはペテロとヨハネが人々の上に手を置きイエスの御名によって御霊が与えられたのを見て、その力を金で買おうとした。 この世ではこの行為は日常茶飯事のことのように思える。一個人の利益名声の

使徒の働き7章 『最初の殉教者ステパノのメッセージ』 使徒の働き7章は最も長いもので、イスラエルの歴史と民に対する非難を語っているのである。7章は6章の続きで、人々の偽りの告発の為に最高法院に引いて行かれたステパノの長いメッセージが語られている。 51節から53節の説教は、人々が祖先と同じような間違ったことをしてきたことが語られているのである。 要約すると次のようになる。「うなじを固くして、心と耳