top of page
  • hccnichigo

2022年8月8日 ディボーション

エレミヤ書13章

 

『みことばを伝える』

 

「耳を傾けて聞け。高ぶるな。主が語られたからだ。」(15)

 

 唯一の神から離れ、心頑なになって罪を重ねる民の姿に、神は深く悲しまれました。自分の愛する人たちを、そのさばきから守ろうと、エレミヤは主のことばを叫び続けました。

 

「耳を傾けて聞け。高ぶるな。主が語られたからだ。あなたがたの神、主に、栄光を帰せよ。まだ主が闇を送らないうちに、まだあなたがたの足が夕暮れの山でつまづかないうちに。あなたがたが光を待ち望んでも、主はそれを死の陰に変え、暗黒とされる。」(15-16)

 

 ほかの神々に従って歩み、それらに仕え、それらを拝む民に対して、神がエレミヤを通して語られたことばです。偶像礼拝に深く関わっていた民の心は頑なで、神の声など聞こえなくなっていました。その頑なさは、彼らの高ぶり、プライドのゆえでした。

 

 イスラエルの民はバアル礼拝に心奪われ、バアルの預言者や祭司のことばを信じていました。しかし、すべてを治めておられるのは、唯一の神であられます。その神に反抗するなら、暗黒が送られるのです。光のない世界に入って行くのです。だから夕暮れのうちに、主に立ち返りなさい、とエレミヤは語ります。

 

「もし、あなたがたがこれに聞かなければ、私は隠れたところであなたがたの高ぶりのために嘆き、涙にくれ、私の目には涙があふれる。主の群れが捕らわれて行くからだ。」(17)

 

 滅びの道を歩み続ける同胞たちの姿を見てエレミヤは、このことばに聞かないなら、神も涙される、と伝えたかったのかもしれません。偉大なる神を悲しませてもいいのか、と訴えたかったのかもしれません。

 

 バアルとは、最高位の神だったそうです。この神は、農産物の収穫など、多産を可能にする多産の神でした。子どもを授ける神としても有名で、礼拝そのものは官能主義、神殿では儀式的な売春行為も行われていました。また、バアルの神をなだめるための、人間(長子)の犠牲を要求しました。バアルの祭司たちは、バアルに訴えるために、騒々しい自由奔放な儀式、たとえば、声をあげたり、恍惚として叫んだり、自分の体を傷つけたり、という儀式を行っていたようです。

(https://www.gotquestions.org/Japanese/Japanese-who-baal.html)

 

 内容を知ると、なぜそのような神をイスラエルの民が信じたのか、と思いますが、国をあげて礼拝していたのです。そこに疑う余地などなかったと思われます。私自身クリスチャンになる前は、八百万の神を信じて、神社仏閣に願い事をし、そこに安心を得ていました。日本という国がそういう国だからです。

 

 エレミヤは神のことばを預かり、私たちには福音が預けられました。預けられた目的は同じです。それを伝える、という使命です。このことについて、パウロは次のように教えています。

 

「私が植えて、アポロが水を注ぎました。しかし、成長させたのは神です。ですから、大切なのは、植える者でも水を注ぐ者でもなく、成長させてくださる神です。植える者と水を注ぐ者は一つとなって働き、それぞれ自分の労苦に応じて自分の報酬を受けるのです。私たちは神のために働く同労者であり、あなたがたは神の畑、神の建物です。」(1コリント3:6-9)

 

 エレミヤの声に民は耳を傾けませんでした。しかし、伝え続けたことばは民の心の中に、種となって植えられました。伝えても伝えても、伝わらないかも知れません。それでも恐れず、伝えていくことの大切さを、エレミヤから学びたいと思います。

 

 祈り: 愛する天のお父さま。あなたの大切なみことばを預かっている者として、その使命を果たすことが出来ますよう、導いてください。拒否されるのでは、と恐れる心を強めてください。どうか、あなたが伝えたいことばを、私が伝えることが出来るように、助けてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Yorumlar


bottom of page