top of page
  • HCCnichigo

2022年8月7日 ディボーション



主よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、私はさばきについてあなたにお聞きしたいのです。 なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな安らかなのですか。」(1節)


 エレミヤの主に対する祈りは、かなり切羽詰まった言い方だと思わされた。主と論じても、主が正しいのは100% であることを知っているのに、それを覚悟のうえでの主への祈りは、「なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな安らかなのですか。」ということである。エレミヤは祖国のアナトテの人々から命を狙われていることを知って激しく怒っていたのである。復讐せずにはおられなかったのだ。預言者として神の為に忠実に働いているエレミヤを、アナトテの民は彼を敵としてみてさらに殺そうとしているのである。エレミヤは怒って主に懇願するのである。

 3節で、「どうか彼らを、屠られる羊のように引きずり出し、殺戮の日のために取り分けてください。」と、あの涙の預言者、柔和なエレミヤが口にすることとは思われないことをしたのだ。現在の私達でも祖国の民に裏切られたらエレミヤのようになるのではないだろうかと考えさせられるところである。


 主は、煮えたぎっているエレミヤの心を諭すかのごとく、エレミヤの問に答えられるのである。「あなたは徒歩の者と競争して疲れるのに、どうして馬と走り競うことができるだろうか。平穏な地で安心して過ごしているのに、どうしてヨルダンの密林で過ごせるだろうか。」(5節)

 すばらしい言葉の表現である。これから起ころうとするエルサレム炎上の始まりであることをエレミヤに述べたのである。神は、エレミヤの苦しみの訴えはまだ序の口で、ほんの始まりであるために世の中が不公平に見えるだけであろうと言われている。世の中の歴史は悪者に向けられた神の裁きが、エレミヤの想像を絶していたことを証していると語られている。

 神は裁かれないわけではない。17節で、「しかし、彼らが聞かなければ、わたしはその国を根こそぎ滅ぼす。」だが、神は、もし彼らがわたしの民の道をよく学び、わたしの名によって、「主は生きておられる」と誓うなら、彼らはわたしの民のうちに建てられる。」16節(一部抜粋)

 憐れみによって民を自分の土地にかえらせてくださると言われているのである。アーメン 


 イエスさまも又、故郷の民、ユダヤ人に裏切られたのである。しかし、イエスさまは、父なる神に、彼らを殺してくださいとは祈らなかったのだ。そればかりか、十字架のうえで天の父なる神に叫ばれたのは、ルカの福音書23章34節(一部抜粋)で、「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」と祈られたのである。イエスさまは、最後の最後までご自分を裏切ったユダヤ人、そして私達のために父なる神さまに祈り、とりなしてくださったのである。イエスさま、ありがとうございます。


祈り

愛する天の父なる神さま。あなたの御名を心からほめたたえます。

祖国の民から裏切られた時に、果たして彼らのために祈ることができるかどうかわかりませんけれども、「主は生きておられる」というみことばを覚えて歩む者としてください。すべてを委ねて、主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page