2022年8月6日 ディボーション

エレミヤ書11章


『なんだっけ? 契約と預言』


「この契約のことばを聞け。これをユダの人とエルサレムの住民に語れ。」(2節)

 冒頭のこの、主のことばを聞いて2つのことを思った。


①神さまの契約ってなんだっけ?

「わたしの声に聞き従い、すべてわたしがあなたがたに命じるように、それを行え。そうすれば、あなたがたはわたしの民となり、わたしはあなたがたの神となる」(4節)

 これが神さまの契約だ。ただし契約にも種類があり、イエスさま預言などの特定の契約の内容もあれば、この4節みたいに「わたしの民となれば、あなたの神となる」という、聖書全体の、神さまとの関係の根本、本質の契約もある。

 そして契約は、その時代、その人、創世記から新約の時代、私たちが今生きるその時々で、常に更新されている。神さまも聖書も生きて有機体として存在しているからだ。

「神学はソリッドなものではなく、ダイナミックに変わるもの」、修養会で受け取った、これからの私のテーマだ。


②神さまの預言ってなんだっけ?

 契約は今もアップデイトされ続けている。だから、旧約のみことばも私たちに適用できる。

みことばが普遍だからだ。だから預言は未来予測ではない。神さまは未来を変えることもできるお方だから、予測する意味はない。

 神さまのみことばを預かり伝えることが預言。「アーメン。主よ。」(5節)、エレミアは従順にアーメンと同意したから、神さまは預言を続けてくださった。

 出エジプトの時代から「わたしの声を聞け」と、しばしば戒めてきた神さま。なのに聞こうとせず、「頑なで悪い心のまま」に歩んだ。

 神さまは、「頑なな心」をものすごく嫌われる。そういう者には災いの預言が伝えられることさえある。

「あなたは、この民のために祈ってはならない。彼らのために叫んだり、祈りをささげてはならない。彼らがわざわいにあって、わたしを呼び求めても、わたしは聞かないからだ。」(14節)

 エレミアのとりなしの祈りさえも禁じるほど呪う神さま。預言は実にさまざまだ。本質的な預言もあれば、災い、呪い、励まし、叱責、警告の預言もある。


 なぜ預言をするのか? すべて、悔い改める機会を与えるためだ。神さまに従い、ゆだねるのだ。そうすれば決して悪いようにはしない。災いの中で、呪いの中でそれでも神さまにゆだねるのは辛く厳しい。それでもなお、それでもなお、みことばの愛と励ましを信じて従える者でありたい。

「そうすれば、わたしはあなたがたの神となる」と契約してくださっているのだから。正しいさばきができるのは神さまだけなのだから。契約は絶対、契約における神さまの正義の発動を感謝して待ちます。イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:55回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自