top of page
  • hccnichigo

2022年8月5日 ディボーション

エレミヤ書10章         

 

 10章の前半は、偶像の神々の虚しさと、天地を造られた真の神が対比されている。

 「それは、きゅうり畑のかかしのようで、ものも言えず、歩けないので、運んでやらなければならない。そんなものを恐れるな。害になることも益になることもしないからだ。(5節)

8、9節には、その偶像がどんなに名匠の作であり、高価な素材を使っていても、「間抜けであり、愚かなこと。」(8節抜粋)とされている。

 それにしても「きゅうり畑のかかし」とは…、ちょっと笑ってしまった。

 さらに、「あなたがたは、彼らにこう言え、『天と地を造らなかった神々は、地からも、この天の下からも滅び失せる。』と。」(11節)と言われる。

 

 最近さかんに報道されている「統一教会」の問題は深刻だ。これを契機に政治家との結びつきが一掃され、組織が弱体化されることを願う。この団体は、宗教を隠れ蓑にしたマインドコントロールによる詐欺集団だ。

 この団体は、聖書を使う。しかし、本当の教典は『原理講論』というもので、聖書はカモフラージュのために使っている。当然聖書の解釈もメチャクチャだ。

 その『原理講論』では、次のように教えられるそうだ。「統一教会では、人間の堕落によって原理原則の中に閉じ込められた可哀想な神様を、人間が100%の努力をすることによって解放してさしあげ、その悲しみを癒やしてあげなければならない。」

 これが偽りの神々の言うことだ。人間が神を救わなければならいと教える。そのために人間は努力をしなければならない。

 それに対して、真の神は「主は、御力をもって地を造り、知恵をもって世界を堅く据え、英知をもって天を張られた。」(12節)と語られる。

 天地を造られた神は、人間を救う神である。天地を造らなかった神々は、人間が救って差し上げなければならない神々である。

 

 私たちは、案山子のような偶像の神々ではなく、天地を造られた真の神を神として信じているのだ。このお方に、これからも従っていきたい。

 

 天の父なる神さま。私たちの神は、天地を造られたお方です。そして私たちを救ってくださるお方です。これからもあなたに従っていけるように、偶像の偽りの神々に心が向くことがないように守ってください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page