2022年8月5日 ディボーション

エレミヤ書10章         

 

 10章の前半は、偶像の神々の虚しさと、天地を造られた真の神が対比されている。

 「それは、きゅうり畑のかかしのようで、ものも言えず、歩けないので、運んでやらなければならない。そんなものを恐れるな。害になることも益になることもしないからだ。(5節)

8、9節には、その偶像がどんなに名匠の作であり、高価な素材を使っていても、「間抜けであり、愚かなこと。」(8節抜粋)とされている。

 それにしても「きゅうり畑のかかし」とは…、ちょっと笑ってしまった。

 さらに、「あなたがたは、彼らにこう言え、『天と地を造らなかった神々は、地からも、この天の下からも滅び失せる。』と。」(11節)と言われる。

 

 最近さかんに報道されている「統一教会」の問題は深刻だ。これを契機に政治家との結びつきが一掃され、組織が弱体化されることを願う。この団体は、宗教を隠れ蓑にしたマインドコントロールによる詐欺集団だ。

 この団体は、聖書を使う。しかし、本当の教典は『原理講論』というもので、聖書はカモフラージュのために使っている。当然聖書の解釈もメチャクチャだ。

 その『原理講論』では、次のように教えられるそうだ。「統一教会では、人間の堕落によって原理原則の中に閉じ込められた可哀想な神様を、人間が100%の努力をすることによって解放してさしあげ、その悲しみを癒やしてあげなければならない。」

 これが偽りの神々の言うことだ。人間が神を救わなければならいと教える。そのために人間は努力をしなければならない。

 それに対して、真の神は「主は、御力をもって地を造り、知恵をもって世界を堅く据え、英知をもって天を張られた。」(12節)と語られる。

 天地を造られた神は、人間を救う神である。天地を造らなかった神々は、人間が救って差し上げなければならない神々である。

 

 私たちは、案山子のような偶像の神々ではなく、天地を造られた真の神を神として信じているのだ。このお方に、これからも従っていきたい。

 

 天の父なる神さま。私たちの神は、天地を造られたお方です。そして私たちを救ってくださるお方です。これからもあなたに従っていけるように、偶像の偽りの神々に心が向くことがないように守ってください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

「主よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、私はさばきについてあなたにお聞きしたいのです。 なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな安らかなのですか。」(1節) エレミヤの主に対する祈りは、かなり切羽詰まった言い方だと思わされた。主と論じても、主が正しいのは100% であることを知っているのに、それを覚悟のうえでの主への祈りは、「なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな

エレミヤ書11章 『なんだっけ? 契約と預言』 「この契約のことばを聞け。これをユダの人とエルサレムの住民に語れ。」(2節) 冒頭のこの、主のことばを聞いて2つのことを思った。 ①神さまの契約ってなんだっけ? 「わたしの声に聞き従い、すべてわたしがあなたがたに命じるように、それを行え。そうすれば、あなたがたはわたしの民となり、わたしはあなたがたの神となる」(4節) これが神さまの契約だ。ただし契約

エレミヤ書 10章 エレミヤは、紀元前627年(ヨシア王の治世第13年)から約40年間、ユダヤ王国の滅亡、神との新しい契約と救済の預言をし、国民の悔い改めを説いた預言者で、三大預言者(イザヤ、エレミヤ、エゼキエル)の一人です。 預言者エレミヤは、「主よ、私は知っています、人の道は自身によるのでなく、歩む人が、その歩みを自分で決めることのできないことを。」(23節)。と語っています。 イスラエルが霊