2022年8月4日 ディボーション

エレミヤ書9章


Repent and Turn Away From Sin”

 私たちは最近、イザヤ書を読みましたが、そこでは神がご自分の民にくだす裁きについて警告をしていました。イザヤ書の時代には、まだ平和な時期もありましたが、エルサレムはアッシリヤとバビロニアからほとんど絶え間なく攻撃を受けていました。

 それから約100年後、神は預言者エレミヤを通して、人々に手を差し伸べておられました。エレミヤ9章1節から6節は、イスラエルの継続的な罪の結果として、神が非常に悲しんでおられることを明らかにしています。

 興味深いことに、イスラエルの民は外敵からほとんど絶え間なく攻撃されていたにもかかわらず、互いに罪を犯し続けていました。イスラエル人は他のイスラエル人を欺き続けていたのです(8節)。

 イスラエル人は神の律法を受けた神の特別な民とされながらも、他の神々を追い求め、唯一の真の神とその真理を無視し続けました。神はその民に対して非常に忍耐強い方でした。神は何百年もの間、民が正気に戻るのを辛抱強く待ちました。神は預言者たちを通して、民がその罪から立ち去るよう警告されました。神は何百年もの間、常に民に差し迫った裁きを警告されましたが、民は罪を犯し続けました。 

 エレミヤ書9章の後半には、裁きの最も生々しいイメージが描かれています。「人間の死体は、畑の肥やしのように、刈り入れ人のうしろの、集める者もない束のように落ちる。」(22節,新改訳2017)。神はエルサレムが住民のいない荒れ果てた状態になることを民に警告されました。エレミヤ1章1節から3節は、エレミヤが、エルサレムがついに滅び、捕囚となるまで、神の言葉を預言し続けたことを明らかにしています。しかし、誰も神の警告に耳を傾けなかったのです。神は「...地において、揺るぎない愛と正義と義とを行う」(24節)神ですから、民に対して非常に忍耐強く、何百年にもわたって多くの警告を与え続けられました。

 私たち現代人の多くは、エレミヤの時代のイスラエル人と同じような状況にあり、そのことに気づいていません。自らを「クリスチャン」と呼ぶ多くの人々は、自分の兄弟に対して罪を犯し続けています。私たちの多くは、自分にはまだ時間があり、"作成中の作品 "であるから罪を犯し続けることができると感じています。私たちの多くは、イエスがすでに私たちを赦してくださったので、罪を犯し続けることができると信じています。私たちの多くは、神の赦しだけに焦点を当て、救いを受けた後の私たちの反応がどうあるべきかを無視します。

 私たちの多くは、イエスが再び来られるという事実を無視しています。ある日、イエスは何の前触れもなくやって来ます。誰も予期していない時に、盗人のようにやって来るのです(マタイ24:43、テサロニケ5:2-4、ヨハネの黙示録16:5)。

 しかし、イエスの最初の地上来臨とは異なり、再臨の時には裁きをもたらされます。イエスは火のような目を持ち、血に染まった衣をまとった白馬に乗り、天の全軍を従えて裁きを下すのです(黙示録19:11-21)。

 イスラエルの民のように、私たちも警告を受けているのです。裁きが来るのです。今こそ、私たちの罪と偶像から離れるべき時です。今こそ、イエスを呼び求め、イエスだけを礼拝する時なのです。

 父なる神さま、今日の御言葉を感謝します。真理はあなたから来るものであり、あなただけから来るものであることを、みことばを通して示してくださっていることを感謝します。あなたの「地に恵みと公正と正義」(24節)の道を私たちに明らかにしてくださることを感謝します。あなたが地上に裁きを下すとどうなるかを教えてくださって、ありがとうございます。

 父なる神さま、私たちが罪から立ち直るための時間を、忍耐強く与えてくださることを感謝します。そして、御子イエスを私たちのために十字架で死なせ、私たちの罪の代価を支払わせてくださったことを感謝します。

 しかし、父なる神さま、私たちが救いを受けた後、以前のような生活を続けることは、決してあなたの意図したことではないことを、私たちは知っています。私たちは自分の罪から立ち返らなければなりません。

 しかし、父なる神さま、私たちは一人でこれを行うことができません。私たちは以前のイスラエル人のように、罪を犯し続け、その悪い道から完全に立ち返ることができません。

 父なる神さま、私たちが悪の道から立ち返ることができるようにしてください。父なる神さま、あなたを信じることができるようにしてください。父なる神さま、どうかあなただけを信じることができるようにしてください。父なる神さま、どうかあなただけに頼ることができるように助けてください。父なる神さま、私たちが一人ではできないことをする力を、あなたの霊が与えてくださいますように。父なる神さま、あなたの御心が私たちの人生に成されますように。

 父なる神さま、ありがとうございます。父なる神さま、私たちはあなたを愛しています。In Jesus’ Name, we pray, amen.

We recently read the book of Isaiah, where God warned His people of His coming judgment. From Isaiah’s days, although there were still periods of peace, Jerusalem was still under almost constant attack from the Assyrians and Babylonians. About 100 years later, God was still reaching out to His people through His prophet Jeremiah. Jeremiah 9:1-6 reveals God’s extreme sorrow as the result of Israel’s ongoing sin. Interestingly, although the Israelites were under almost constant attack from outside forces, they continued to sin against each other. Although the Israelites were under almost constant attack from outside forces, Israelites continue to deceive other Israelites (v.8). Although the Israelites were considered God’s special people who received God’s law, they continued to pursue other gods and ignore the one true God and His truths. God was very patient with His people. God patiently waited for His people to come to their senses for hundreds of years. Through His prophets, God warned His people to turn away from their sin. God constantly warned His people of imminent judgment for hundreds of years, but the people continued to sin. The later parts of Jeremiah 9 reveal some of the most graphic images of judgment yet: “The dead bodies of men shall fall like dung upon the open field, like sheaves after the reaper, and none shall gather them” (v.22). God warned His people that Jerusalem will be laid to waste with no inhabitants. Jeremiah 1:1-3 reveals that Jeremiah continued to prophesy God’s word until Jerusalem finally fell and was taken into captivity. Nobody listened to God’s warning. Because God is a God “… who practices steadfast love, justice, and righteousness in the earth” (v. 24), He was very patient with His people and gave they many warnings for hundreds of years.

Many of us today are in the same situation as the Israelites of Jeremiah’s day and do not realize it. Many people who call themselves “Christians” continue to sin against their own brother. Many of us feel that we can continue to sin because we still have time and are “works in progress.” Many of us believe that we can continue to sin because Jesus has already forgiven us. Many of us choose to focus only on God’s forgiveness but ignore what our response after receiving salvation should be. Many of us ignore the fact that Jesus will come again. One day, Jesus will come without warning. Jesus will come like a thief when nobody expects (Matthew 24:43, Thessalonians 5:2-4, Revelation16:5). Unlike Jesus’s first visit to earth, however, He will bring judgment on His Second Coming. Jesus will come on a white horse with eyes like fire and a robe dipped in blood with all of heaven’s armies to bring judgment (Revelation 19:11-21). Like the Israelites, we too have been warned. Judgment is coming. Now is the time to turn away from our sin and idols. Now is the time to call on Jesus and worship Him, and Him alone.

Thank You, Father, for today’s Word. Thank You for showing us through Your Word that truth comes from You, and You alone. Thank You for revealing to us Your ways of “steadfast love, justice, and righteousness in the earth” (v.24). Thank You for showing us what happens when You do bring judgment on the earth. Thank You Father for being patient with us as You give us time to turn from our sins. And thank You, Father, for sending Your Son Jesus to die on the Cross for us and pay the price of our sins. But Father, we know that it was never Your intention to have us continue in our old ways after receiving salvation. We must turn from our sins. But Father, we cannot do this alone. Like the Israelites before us, we continue to sin and fail to completely turn from our evil ways. Father, please help us turn from our evil ways. Father, please help us to believe only in You. Father, please help us to trust only You. Father, please help us to rely only on You. Father, let Your Spirit give us the strength to do what we cannot do alone. Father, let Your will be done in our lives. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name, we pray, amen.


閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

「主よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、私はさばきについてあなたにお聞きしたいのです。 なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな安らかなのですか。」(1節) エレミヤの主に対する祈りは、かなり切羽詰まった言い方だと思わされた。主と論じても、主が正しいのは100% であることを知っているのに、それを覚悟のうえでの主への祈りは、「なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな

エレミヤ書11章 『なんだっけ? 契約と預言』 「この契約のことばを聞け。これをユダの人とエルサレムの住民に語れ。」(2節) 冒頭のこの、主のことばを聞いて2つのことを思った。 ①神さまの契約ってなんだっけ? 「わたしの声に聞き従い、すべてわたしがあなたがたに命じるように、それを行え。そうすれば、あなたがたはわたしの民となり、わたしはあなたがたの神となる」(4節) これが神さまの契約だ。ただし契約