2022年8月31日 ディボーション

エレミヤ書36章


『巻物の焼却』


 神のみことばが書き記された巻物を焼却するということは、今の私達にとって、聖書を焼却するということと同じくらいに値するのではないだろうか。とんでもないことである。だが、例え、巻物は焼却されても神のみことばは永遠に残るものである。

アーメン。


 神は、エレミヤにヨシヤの時代から今日までのことをイスラエルとユダとすべての国々について語ったことばをみな、巻物に書き記せと言われた。なぜなら、3節で、「ユダの家は、わたしが彼らに下そうと思っているすべてのわざわいを聞いて、それぞれ悪の道から立ち返るかもしれない。そうすれば、わたしも、彼らの咎と罪を赦すことができる。」と言われておられるのである。何という神の、民を思うご慈悲な気持ちが込められているみことばでしょうか。


 そういう神の愛を無視して、エホヤキムは巻物を暖炉の火に投げ入れて、すべてを焼き尽くしてしまうのである。そればかりか、24節で、「これらすべてのことばを聞いた王も、彼のすべての家来たちも、だれ一人恐れおののくことはなく、衣を引き裂くこともしなかった。」と述べられている。つまり、読まれた巻物が神のみことばであるということを誰も信じていなかったのである。もし王であるエホヤキムが主を心から信じる者であったなら、彼やすべての民が、主を恐れおののき、衣を引き裂いたことでしょう。そして、悔い改めることができたことでしょう。指導者の立場としての責任の重さを示された思いがした。

神は、エレミヤに、再びもう一つの巻物を取り、エホヤキムに厳しいさばきのことばを書き記せといわれるのである。神を畏れずに、悔い改めることを知らない者への最後の審判が下るのである。


 


愛する天の父なる神さま。あなたの愛を心から感謝します。

あなたのみことばは 私の足のともしび 私の道の光です。」詩篇119:105

私達の人生を導く光は聖書のみことばであることを、いつも心の糧として歩ませて下さい。そして、そのみことばを多くの人々に伝えることができますように私を日々導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自