2022年8月29日 ディボーション

エレミヤ書34章

  

『清い者とされた喜び』

 

  時は、バビロン軍によってエルサレムが陥落する前の出来事です。主はエレミヤを通して、ゼデキヤ王は必ず捕らえられ、バビロンに行くことになるが、彼が剣によって死ぬことはないと言われます。さらに、彼は平安のうちに死に、民による埋葬も持たれ、皆、彼の死を悼む、と言われました。しかし52章11節には、彼は目をつぶされ、青銅の足かせにつながれ、死ぬ日まで獄屋に入れておかれた、と書いてありますから、主の言われる「平安のうちに死ぬ」ということばの意味の深さを考えさせられます。

 

 エルサレムの危機が迫る中、ゼデキヤ王は、イスラエルの民全体と契約を結び、彼らに奴隷解放宣言をします。この契約は、主の御名による契約となり、主はこのことを喜ばれました。

 しかし、王はこの契約を守らず、解放した奴隷や女奴隷たちを強制的に連れ戻します。これは、主の御名を汚すものとなりました。

 

 王の心変わりは、主のさばきを招きます。剣と疫病と飢饉が宣言され、ユダの首長たち、エルサレムの首長たち、宦官と祭司と民衆すべては、敵の手、いのちを狙う者たちの手に渡す、と言われました。王の心変わりの理由は、バビロン軍が一度引き揚げたことにあるようですが(21)、主は彼らを再びエルサレムに引き返させ、その時に町々は焼かれ、住む者のいない荒れ果てた地となると預言されました。

 

 偶像に助けを求めた結果、この時代に生きた世代は滅びることとなりました。ゼデキア王は、殺されはしませんでしたが、目をつぶされ、足は青銅の足かせにつながれて、死ぬまで獄屋にいたわけですから、ある意味、極刑であったと思われます。神によるこのようなさばきの理由は、神が清いお方であるためです。神の清さは罪を赦すことができません。必ず、さばきが下されたのです。

 

 このことを思うとき、イエス・キリストによる十字架以降の時代が、どれほどの恵みの時代であるかを思い知らされます。イエスこそ主である、と信じる信仰によって救われ、未だ罪深い者であるのに、神の目からは「清い」とされたとは、なんという恵みでしょうか。

  

 クリスチャンはすでに清いのですが、アダムによる原罪のゆえに、神以外のものに心を奪われてしまう時があります。旧約時代なら、即座にさばきが訪れたことでしょう。しかし恵みの時代に生きる者には、さばきではなく、悔い改めが求められています。たとえそれが、どんなに小さな事であっても、気づいたならすぐに、「神さま、ごめんなさい」、と言って告白するなら、神は罪を赦してくださるのです。

 

「もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。」(ヨハネ第一1:9)

 

 救い主がまだ与えられていなかった時代、罪に対するさばきは死でありました。神の清さ、神の御名を汚す者は、肉体的死はもちろん、霊的にも神から断絶され、滅ぶしかありませんでした。しかし、十字架の贖い以降、肉体的死は未だ訪れますが、霊的死に与ることはなくなりました。また、たとえ肉体は滅びようとも、イエス再臨の時には肉体の復活が約束されていて、さらに、神と共に永遠に生きるようになるのです。


 エレミヤの時代に生きた人たちに思いを馳せ、自らの信仰はもちろん、行動においても吟味し、清い神の子として生きるため、悔い改めの道が備えられていることを、心より感謝いたします。


 

祈り:愛する天のお父さま。清い者とされた恵みに感謝いたします。この福音を多くの人、特に家族に、伝えることができますよう、その道を整え、私を用いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自