top of page
  • hccnichigo

2022年8月28日 ディボーション

エレミヤ書33章


『理解を越えた大いなること』


 イスラエルの民は、主によって、彼ら自らがおかした罪によってバビロンへ捕囚となった。その苦しみを通して、主への従順さを学ぶことができたのである。神は、彼らの従順さをみとられて予想もしない恵みを与えることを告げられるのである。それは、3節の御言葉である。


わたしを呼べ。そうすれば、わたしはあなたに答え、あなたが知らない理解を越えた大いなることを、あなたに告げよう。」(3節)


 過去のおかした偶像の神に頼らずに、このわたしに呼びかければ、わたしはあなたに答え、人智をはるかに上回ることを告げられると言われるのである。何という主の恵みでしょうか。


 私達も苦難の時には「主よ」と呼びかけることは多々にあることである。主の試みにあい、その試練に耐え忍ぶならば、豊かな成長となり信仰が強められるのである。その時は、「なぜ」と神に反抗的になるけど、後になれば必ず示されるのである。イスラエルの民もきっとつぶやき、思ったことでしょう。だが、彼らはバビロン捕囚によって自分達の罪を示されて従順になったのである。それゆえに、神からの恵みが与えられたのである。


最後まで耐え忍ぶ人は救われます。」マルコの福音書13章13節(一部抜粋)


 私達も常に真の神を呼び、人智では計り知れない大いなることを神から告げられるようになりたいものでありたいと願う。



祈り:

愛する天の父なる神さま。今日の御言葉を心から感謝します。

あなたは、今日も明日も常に私達のことを見守っておられることを心から感謝します。それを覚えて、私達も常にあなたに呼びかけることができますように助けてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comentarios


bottom of page