2022年8月27日 ディボーション

エレミヤ書32章


『とこしえの契約』


 今日は亡夫の誕生日だ。私は夫が亡くなってから洗礼を受けた。夫は無宗教者で、私がカソリックの学校を出たことに対しても興味を示すことはなかった。

 なので洗礼を受けた後、夫の遺灰のそばに十字架を置くことをためらった。私が洗礼を受けたことを喜んでくれるかどうか、自信がなかったからだ。十字架を押し付けないでくれと、言われるかもしれないとも思った。

 でも3年か4年前から、私は夫の遺灰の前で神さまを語るようになった。理由は簡単だった。最も愛する夫に、最も愛する神さまを語らずにはいられなくなったから。


 きのうエレミヤの31章に最高に感動して、夫への今年の誕生日プレゼントは31章だと決めた。遺灰の前で31章を朗読して、前夜祭を祝った。旧約の奥深い魅力を、少し理解できたような気がした。

 31:20から、神さまは、はらわたをわななかせるほどに、悶え苦しまれる。イスラエルに対してさばきと刑罰をくだして見捨てようとするが、イスラエルを愛する心も捨てられないからだ。神さまの愛は無条件、無償の愛だから、どんなに背かれても愛する心を断ち切れないのだ。そうしてついに、新しい、とこしえの契約の預言を授けてくださる。

 エレミヤは神さまの新しい、とこしえの契約の預言を受け取り伝える。

「ここで、私は目覚めて、見回した。私の眠りは心地よかった。」(31:26)

 と、エレミヤはうっとりと預言を述懐する。さらに預言はラッパのように高らかに響き渡る。「見よ、その時代が来る。見よ、その時代が来る。」と!

 あ〜、もうこれで絶頂、エレミヤ書はこれでおしまいでいいというほどに素晴らしい章だ。


 なので32章にはなかなか気持ちが切り替わらなかった。けれど冒頭、エレミヤが監禁されていると知って驚いた。監禁されて不自由な身であるのに、神さまはエレミヤに、故郷の畑を買っておきなさいと命じる。どうしたものかいぶかっていると、監禁されている監視の庭に、エレミヤの親戚が訪ねてきて、畑の所有権や証書など、とんとん拍子に購入話が進んだ。

「私は、これが主のことばであると知った。」(32:8抜粋)

 エレミヤほどの大預言者は、いつも正々堂々と預言を受け取っているものだと思っていたけれど、そうでもなさそうなことを発見した。

 31章では、起き抜けの寝ぼけ眼でに預言を受け取った。この32章では、御ことばは聞いたけれど、囚われの身で、どうしたものかと困っていると、親戚が訪ねてきてはじめて、預言だと確信することができた。神まさが二度示してくださって受け取れた、と告白している。とっても人間的な、人柄さえも感じさせてくれる、神さまとの応答だった。

 また不動産という、全財産をつぎ込むような買い物も神さまの命令に従った。最も大切な権利証を手離し、土の器に入れて保存しておく、そのエレミヤの更なる従順さにも心打たれた。神さまの支配に対する信頼なしには従えない行動だ。


「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに真実の愛を尽くし続けた。」(31:3)

 神さま、神まさの愛を心から感謝します。御名をあがめます。神さま、神まさのとこしえの計画を垣間見せてくださってありがとうございます。イエスさまの新約の時代に生かされていることを感謝します。エレミヤの率直さと従順さを今日もまた学びました。

 私も素直に神さまに従えますよう、イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:52回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自