2022年8月22日 ディボーション

エレミヤ書27章

  

『主の御声を聞く』

「それらはバビロンに運ばれて、わたしがそれを顧みる日まで、そこにある‐主のことば‐。そしてわたしはそれらを携え上り、この場所に戻す。」(22)

 共同訳聖書では「くびきの預言」という題が付いているこの章は、主がエレミヤを通してイスラエルの民に、バビロンの王のくびきを負い、彼とその民に仕えるようにと預言されました。エレミヤの首に付けられた縄とかせは、視覚に訴えたバビロンへの服従のしるしでした。

 主のみこころは、イスラエルの民がバビロンに仕えて生きることにありました。偶像礼拝に陥り、背信の民となったイスラエルを、再び清い民とするため、神は70年間のバビロン捕囚を用いられたのです。

 そして、世代交代されたイスラエルの民たちを神は顧みて、再びエルサレムに戻すと約束されたのです。


 主の御声を聞くなら祝福が、聞かないなら呪いに与ることは、天地創造の時から変わらない神の教えです。特に、文字による律法が与えられて以降は、民は罪を認識することができるようになっていたのです。


 にもかかわらず、律法を忘れ、御声を聞き分けることができなくなっていたイスラエルの民は、ひたすら滅びの道を選んでしまいます。バビロンに仕えないなら、剣と飢饉と疫病が彼らを襲い、皆殺しになるのだと語られても、彼らは信じず、神が選んだのではない預言者の言葉を信じるのでした。


 聖書は、イスラエルの民の歴史を通して、恵みの時代を生きる私たちに同じ過ちを犯さないよう、何度も何度も、繰り返し繰り返し、滅びではなく、いのちを選びなさいと、語っています。


 日々、聖書のみことばと交わるなら、キリストの御声を聞くことができます。そして神が人類に与えた祝福は、旧約の時代も、新約の時代も変わらないことを覚え、何をするにもまず、この命令に立ち返ることの大切さを学ばせていただきました。

聞け、イスラエルよ。主は私たちの神。主は唯一である。あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。」(申命記6:4-5)


イエスは彼に言われた。『あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、知性を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。』」(マタイ22:37)


 

祈り:主よ、あなたを愛します。世の言葉ではなく、常に御声を聞くことが出来ますよう、聖霊様導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自