top of page
  • hccnichigo

2022年8月22日 ディボーション

エレミヤ書27章

  

『主の御声を聞く』

「それらはバビロンに運ばれて、わたしがそれを顧みる日まで、そこにある‐主のことば‐。そしてわたしはそれらを携え上り、この場所に戻す。」(22)

 共同訳聖書では「くびきの預言」という題が付いているこの章は、主がエレミヤを通してイスラエルの民に、バビロンの王のくびきを負い、彼とその民に仕えるようにと預言されました。エレミヤの首に付けられた縄とかせは、視覚に訴えたバビロンへの服従のしるしでした。

 主のみこころは、イスラエルの民がバビロンに仕えて生きることにありました。偶像礼拝に陥り、背信の民となったイスラエルを、再び清い民とするため、神は70年間のバビロン捕囚を用いられたのです。

 そして、世代交代されたイスラエルの民たちを神は顧みて、再びエルサレムに戻すと約束されたのです。


 主の御声を聞くなら祝福が、聞かないなら呪いに与ることは、天地創造の時から変わらない神の教えです。特に、文字による律法が与えられて以降は、民は罪を認識することができるようになっていたのです。


 にもかかわらず、律法を忘れ、御声を聞き分けることができなくなっていたイスラエルの民は、ひたすら滅びの道を選んでしまいます。バビロンに仕えないなら、剣と飢饉と疫病が彼らを襲い、皆殺しになるのだと語られても、彼らは信じず、神が選んだのではない預言者の言葉を信じるのでした。


 聖書は、イスラエルの民の歴史を通して、恵みの時代を生きる私たちに同じ過ちを犯さないよう、何度も何度も、繰り返し繰り返し、滅びではなく、いのちを選びなさいと、語っています。


 日々、聖書のみことばと交わるなら、キリストの御声を聞くことができます。そして神が人類に与えた祝福は、旧約の時代も、新約の時代も変わらないことを覚え、何をするにもまず、この命令に立ち返ることの大切さを学ばせていただきました。

聞け、イスラエルよ。主は私たちの神。主は唯一である。あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。」(申命記6:4-5)


イエスは彼に言われた。『あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、知性を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。』」(マタイ22:37)


 

祈り:主よ、あなたを愛します。世の言葉ではなく、常に御声を聞くことが出来ますよう、聖霊様導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

コメント


bottom of page