top of page
  • hccnichigo

2022年8月21日 デイボーション

エレミヤ書26章


「死をも恐れずに、主のことばを大胆に語るエレミヤ」


 エレミヤは、主が語れと命じたことばを大胆に一言も省くことなく語った。主のことばとは4節から6節で語られている。つまり、「もし、あなたがたがわたしに聞き従わず、わたしの律法に歩まず、わたしのしもべである預言者たちのことばに聞き従わないならこの宮をシロのようになる。」ということばをエレミヤが語った。


 そのことばを聞いた祭司と預言者と民全体は怒ってエレミヤを捕らえて殺そうとしたのである。だが、エレミヤはそれでも語り続けるのである。「悔い改めて、主の御声に聞き従いなさい。そうすれば、主も、語られたわざわいを思い直される。」さらに、15節で、「もしあなたがたが私を殺すなら、あなたがた自身が咎なき者の血の責任を、自分たちと、この都と、その住民に及ぼすのだということを、はっきり知っておきなさい。なぜなら、本当に主が私をあなたがたのもとに送り、これらすべてのことばをあなたがたに耳に語らせたのですから。」と大胆に語るのである。 


 勇気ある何人かの長老たちは、かつての預言者ミカが語ったことを例えて、エレミヤを守る発言をしたのである。そして、主の御名の預言者だったウリヤのことを語るのである。彼も、エレミヤと同じように預言をした為に命を狙われてエジプトへ逃亡したが、追っ手に捕えられて殺されたのである。


 この二人の預言者の対照的な違いが示された。死をも恐れずに大胆に主の御言葉を語り続けるエレミヤ。エレミヤは、主に全き信頼があった為に死を恐れずに語れたのだ。そして、主は、助け人を与えてくださったのである。一方のウリヤは、主を求めず、死を恐れて逃亡してしまったのである。その為に追っ手によって殺されてしまったのである。預言者でも主に全き信頼を委ねていかなければ、たとえどこへ逃げて行っても平安になれないということがではないだろうか。


祈り

愛する天の父なる神さま。今日の御言葉をありがとうございます。二人の預言者を通して、自分の信仰が、主に全き信頼を委ねているかと問われるところでした。信仰を見失ったときには、どうぞあなたの前に悔い改めて真の道へ歩むことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Bình luận


bottom of page