2022年8月21日 デイボーション

エレミヤ書26章


「死をも恐れずに、主のことばを大胆に語るエレミヤ」


 エレミヤは、主が語れと命じたことばを大胆に一言も省くことなく語った。主のことばとは4節から6節で語られている。つまり、「もし、あなたがたがわたしに聞き従わず、わたしの律法に歩まず、わたしのしもべである預言者たちのことばに聞き従わないならこの宮をシロのようになる。」ということばをエレミヤが語った。


 そのことばを聞いた祭司と預言者と民全体は怒ってエレミヤを捕らえて殺そうとしたのである。だが、エレミヤはそれでも語り続けるのである。「悔い改めて、主の御声に聞き従いなさい。そうすれば、主も、語られたわざわいを思い直される。」さらに、15節で、「もしあなたがたが私を殺すなら、あなたがた自身が咎なき者の血の責任を、自分たちと、この都と、その住民に及ぼすのだということを、はっきり知っておきなさい。なぜなら、本当に主が私をあなたがたのもとに送り、これらすべてのことばをあなたがたに耳に語らせたのですから。」と大胆に語るのである。 


 勇気ある何人かの長老たちは、かつての預言者ミカが語ったことを例えて、エレミヤを守る発言をしたのである。そして、主の御名の預言者だったウリヤのことを語るのである。彼も、エレミヤと同じように預言をした為に命を狙われてエジプトへ逃亡したが、追っ手に捕えられて殺されたのである。


 この二人の預言者の対照的な違いが示された。死をも恐れずに大胆に主の御言葉を語り続けるエレミヤ。エレミヤは、主に全き信頼があった為に死を恐れずに語れたのだ。そして、主は、助け人を与えてくださったのである。一方のウリヤは、主を求めず、死を恐れて逃亡してしまったのである。その為に追っ手によって殺されてしまったのである。預言者でも主に全き信頼を委ねていかなければ、たとえどこへ逃げて行っても平安になれないということがではないだろうか。


祈り

愛する天の父なる神さま。今日の御言葉をありがとうございます。二人の預言者を通して、自分の信仰が、主に全き信頼を委ねているかと問われるところでした。信仰を見失ったときには、どうぞあなたの前に悔い改めて真の道へ歩むことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:43回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自