top of page
  • hccnichigo

2022年8月20日 ディボーション

エレミヤ書25章


『十字架にコミットメント』


 とうとう堪忍袋の緒が切れた。エレミヤは二十三年間、神さまから聞いたことばを絶えず、しきりに語りかけてきた(3節)。しかしユダの諸国民は聞かなかった。従わなかった。早くから主の預言者を遣わしてきたのに、それも聞かず、耳を傾けもしなかった。悔い改めのチャンスはなん度もあったのだ。それなのに神さまにコミットメントしなかった。ついに、神さまの怒りのさばきが下されようとしている。

「この憤りのぶどう酒の杯をわたしの手から取り、わたしがあなたを遣わすすべての国々に、これを飲ませよ。彼らは飲んで、ふらつき、狂ったようになる。わたしが彼らの間に送る剣のゆえである。」(15〜16節抜粋)

 とは、神さまが定めたそれぞれの人の運命のことだ。すぐに思い出すのは、イエスさまのゼツセマネの祈り。

「アバ、父よ、あなたは何でもおできになります。どうか、この杯をわたしから取り去ってください。しかし、わたしの望むことではなく、あなたがお望みになることが行われますように。」(マルコ14:36)

 イエスさまはいついかなる時も父なる神さまにコミットしていた。ダビデも主にコミットし、「主は私の羊飼い。私は乏しいことがありません。私の敵をよそに あなたは私の前に食卓を整え頭に香油を注いでくださいます。私の杯はあふれています。」(詩篇23:5)

 と、恵みの杯にコミットした。。

 私はイエスさまの十字架にコミットしているだろうか。恵みを受け取るために、捨てるべきものを手放しているだろうか。否。ユダの諸国民と同じ、人間の言葉や肉の欲求に感化されている。気持ちはもっとコミットしたいのに、行いが伴わず、恥ずかしいです。

 神さま、自分の十字架を思う時、中途半端なコミットを思い知らされます。今日は恵みを受け取る厳しさを思いました。

「だれでもわたしに従って来たければ、自分を捨て、自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい。」(マルコ8:34)

 神さま、少しでもそうできるようにしてください。

 イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page