2022年8月20日 ディボーション

エレミヤ書25章


『十字架にコミットメント』


 とうとう堪忍袋の緒が切れた。エレミヤは二十三年間、神さまから聞いたことばを絶えず、しきりに語りかけてきた(3節)。しかしユダの諸国民は聞かなかった。従わなかった。早くから主の預言者を遣わしてきたのに、それも聞かず、耳を傾けもしなかった。悔い改めのチャンスはなん度もあったのだ。それなのに神さまにコミットメントしなかった。ついに、神さまの怒りのさばきが下されようとしている。

「この憤りのぶどう酒の杯をわたしの手から取り、わたしがあなたを遣わすすべての国々に、これを飲ませよ。彼らは飲んで、ふらつき、狂ったようになる。わたしが彼らの間に送る剣のゆえである。」(15〜16節抜粋)

 とは、神さまが定めたそれぞれの人の運命のことだ。すぐに思い出すのは、イエスさまのゼツセマネの祈り。

「アバ、父よ、あなたは何でもおできになります。どうか、この杯をわたしから取り去ってください。しかし、わたしの望むことではなく、あなたがお望みになることが行われますように。」(マルコ14:36)

 イエスさまはいついかなる時も父なる神さまにコミットしていた。ダビデも主にコミットし、「主は私の羊飼い。私は乏しいことがありません。私の敵をよそに あなたは私の前に食卓を整え頭に香油を注いでくださいます。私の杯はあふれています。」(詩篇23:5)

 と、恵みの杯にコミットした。。

 私はイエスさまの十字架にコミットしているだろうか。恵みを受け取るために、捨てるべきものを手放しているだろうか。否。ユダの諸国民と同じ、人間の言葉や肉の欲求に感化されている。気持ちはもっとコミットしたいのに、行いが伴わず、恥ずかしいです。

 神さま、自分の十字架を思う時、中途半端なコミットを思い知らされます。今日は恵みを受け取る厳しさを思いました。

「だれでもわたしに従って来たければ、自分を捨て、自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい。」(マルコ8:34)

 神さま、少しでもそうできるようにしてください。

 イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:57回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自