top of page
  • hccnichigo

2022年8月11日 ディボーション

エレミヤ書16章


“Let God be Known”

 エレミヤは、イスラエルがバビロンに滅ぼされるまでの最後の数年間に預言しました。イスラエルの捕囚の時が迫っていました。神はエレミヤに、結婚もせず、子供も作らないようにと指示されました(2節)。エルサレム陥落が迫っているため、その時に生まれた子どもたちは、病気や飢えで死んだり、剣で殺されたりすることになるからです。死体はいたるところに糞のように転がっていて、埋葬する者も弔う者もいなくなる(3〜4節)。その代わりに、死者の死体は地の鳥や獣の餌となる(5節)。

 神は、これらの裁きはすべてイスラエルが神に背を向け、罪を認めず、悔い改めようとしなかった結果であると宣言されます(11節)。具体的には、イスラエルは「忌まわしいものの屍で」で土地を汚し、神から遠ざかったのです(18節)。

 神は、ご自分のシャローム(平和)とヘセド(愛、親切、善意、憐れみ)を民から取り去られました(5節)。しかし、神はエレミヤに、バビロンに連行された民を、エジプトから連れ出したのと同じように、劇的な方法でエルサレムに連れ戻すことも明らかにされました(15節)。

 16章は、ヤハウェが力であり、砦であり、逃れ場であることを宣言する祈りで締めくくられています(19節)。そして、自分のために神々を作り、嘘と価値のないものを後世に伝えてきた先祖の罪を告白しています。そして、最後の節で、「わたしの名が主であることを知る」(21節)ため、という目的を明らかにしています。

 神の民を苦しめることは、神の望んでいることではありません。しかし、神はその性質上、聖なる存在であるため、罪は神と共存することができないのです。イスラエルは、唯一の真の神から遠ざかることによって、自ら裁きを受けました。

 真の神の代わりに、イスラエルは嘘や無価値なものを信じることを選びました。しかし、神は多くの預言者を通して、常に人々に憐れみを示し続けられました。"罪から離れ、わたしのもとに戻ってきなさい"

 しかし、神の民は代々、嘘を信じ、神を無視する道を選びました。傲慢と反抗の中で、神の民の応答は次のようなものでした。「私たちの咎とは何か。私たちの神、主に対して犯したという、私たちの罪とは何か。」(10節)

 今日、神の民の多くは、いや、すべての民が罪を犯し、嘘を信じ、自分の神々を作り続けていると言えます。明日は必ず来ると思って、この世の生活を続けています。多くの人は、高給で良い仕事に就くことを第一の目標として子供を育てています。ある人は、聖書の言葉よりも、銀行口座の数字に信頼を置いています。この選挙の季節に、ある人は政治家の派手な言葉を信じます。私たちの多くは、自分自身の物事に対する欠陥から目をそむけ、自分は罪を犯していないと合理化するのです。イスラエルの民のように、私たちは自分に言い聞かせるのです。「私たちの咎とは何か。私たちの神、主に対して犯したという、私たちの罪とは何か。」(10節)

 しかし、イエスは私たちが受けるべき裁きを受ける代わりに、この地上に来られ、私たちのために裁きを受けてくださったのです。イエスは、私たちが行い、今も行っている罪のために、十字架上で裁かれたのです。

 ですから、私たちはイエスなしで人生を送ることはできません。イエスなしには、私たちは堕落した罪人です。イエスにおいて、私たちは清くされ、神が望まれるような関係を持つことができるようになりました。イエスにおいて、私たちは神のシャロームとヘセドを持つことができるのです。イエスを通して、神を知ることができるようになったのです。

 父なる神さま、今日の御言葉を感謝します。 父なる神さま、あなたは私たちの力、私たちの砦、私たちの逃れ場です。

 あなた、あなただけが聖なる方です。私たちはあなたに自分の罪を告白します。また、自分の罪を悔い改めます。

 しかし父なる神さま、私たちはこのことを一人で行うことができないことを知っています。父なる神さま、聖霊が私たちを支配するようにしてください。父なる神さま、私たちの中にいるあなたの御霊が、この地上であなたの御心を行うことができるように、私たちに従順の霊を与えてくれますように。

 父なる神さま、あなたとキリストにある兄弟姉妹をただ愛することができるように助けてください。もっともっと多くの人があなたを知ることができるように、私たちの生活の中であなたの御心が成されますように。

 父なる神さま、ありがとうございます。父なる神さま、私たちはあなたを愛しています。In Jesus’ Name we pray, amen.

Jeremiah prophesied in the final years leading up to Israel’s exile to Babylon. The time for Israel’s exile was coming close. God instructed Jeremiah to neither marry of have children (v.2). Because of the imminent fall of Jerusalem, children who were born from that point forward would die of diseases, famine, or be slain by the sword. Bodies would lie everywhere as dung and there would be nobody left to give them a proper burial nor morn for them (v.3-4). Instead, the bodies of the dead will become food for the birds and beasts of the earth (v.5). God declares that these judgements are all a result of Israel turning away from God, refusal to acknowledge their sin, and refusal to repent (v.11). Specifically, Israel turned away from god by polluting the land with “the carcasses of their detestable idols” and “abominations” (v.18). God has taken away His Shalom [peace], and Hessed [love, kindness, goodness, mercy] from His people (v.5). However, God also revealed to Jeremiah that His people are taken away to exile in Babylon, he will bring them back to Jerusalem in the same dramatic fashion that he brought His people out of Egypt (v.15). Jeremiah concludes with a prayer declaring that Yahweh is his strength, stronghold, and refuge (v.19). He then confesses the sins of his ancestors who have passed on lies and worthless things to their future generations by making gods for themselves. God reveals his purpose for all of this in the final verse, which is, to make Himself be known” (v.21).

It is not God’s desire to make His people suffer. However, because God is Holy by His very nature, sin cannot co-exist with God. Israel brought judgement upon itself by turning away from the One true God. In the place of God, Israel chose to believe in lies and other worthless things. Through His many prophets, God continued to show mercy by reaching out to His people with a constant theme: “Turn away from your sin and come back to Me.” Generation after generation, what God’s people chose to do instead was to believe in lies and ignore God. In arrogance and outright defiance, God’s people’s response to God was: “What is our iniquity? What is the sin that we have committed against the Lord of God” (v10).

Today, many of God’s people, I would argue all, continue to sin, believe in lies, and make their own gods. We go on living our earthly lives thinking that tomorrow will always come. Many of us raise our children with the primary goal of getting a good high-paying job. Some of us place our faith in the numbers of our bank account over the words in the Bible. In this election season, some of us place our faith in the fancy words of our politicians. Many of us simply turn to our own flawed understanding of things and rationalize that we are not sinning. Like the Israelites, we think to ourselves: “What is our iniquity? What is the sin that we have committed against the Lord of God” (v10). Instead of suffering the judgement that we deserve, however, Jesus came to earth and took on the judgement meant for us. Jesus was condemned on the cross for the sin that we did and continue to do. This is why we cannot live our lives without Jesus. Without Him, we are fallen sinners. In Jesus, we are made clean and are able to have a relation with God like He desires. In Jesus, we have God’s Shalom and Hessed. Through Jesus, God is made known.

Thank You, Father, for today’s Word. Father, You are our strength, our stronghold, and our refuge. You, and You alone, are holy. We confess our sins to You. We also repent of our sins. But Father, we know that we cannot do this alone. Father, let our Holy Spirit rule it us. Father, let Your Spirit in us give us a Spirit of obedience so we can do you will here on earth. Father, help us to only love you, our neighbors, and our fellow brothers and sisters in Christ. Father, please let Your will be done in our lives so more and more people may come to know You. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.


閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page