2022年7月7日  ディボーション

ヨハネの福音書 2章

God the Father Revealing Himself Through Jesus

 ヨハネの福音書は、他の3つの福音書とは異なります。最初の3つの福音書、マタイ、マルコ、ルカを読んだ人は皆、細部が少し異なるだけで、多くの内容が重なっていることに気がついたかもしれません。

 マタイは、主に自分が目撃した出来事を記録して福音書を書きました。マルコは、自身が目撃したのではなく、使徒ペテロが体験した出来事を主に記録しました。ルカは、福音書そのものからもわかるように目撃者の証言を集めたものです。

 これら最初の3つの福音書は、一緒に見ることを意図していたため、共観福音書と呼ばれています。私たちは、最初の3つの福音書を同時に勉強することで、その出来事や教えをよりよく理解することができるのです。

 しかし、ヨハネによる福音書は、他の福音書にはないオリジナルの内容が90%ほど含まれています。また、ヨハネの福音書の配列も独特で、年代を主軸とした配列ではなく、トピックを主軸とした配列であると考えられています。従って、ある出来事がヨハネの福音書の早い時期に現れても、必ずしもその出来事がイエスの3年間の宣教の始まりに起こったとは限らないということを念頭に置いておくとよいでしょう。

 ヨハネによる福音書2章は、イエスが本拠地としていたカペナウム地方に近いカナという街の結婚式で起こった出来事から始まっています。

 イエスは、この無名の人々の結婚式に弟子たちと母親と一緒に出席していました。この物語はわかりやすく書かれていますが、いくつかの点を指摘しておかなければなりません。

 第一は、イエスが母マリアを 「女 」と呼んでいるのは、イエスの時代の言語と文化を知らない多くの人々には驚きかもしれません。はっきり言って、イエスは母親に対して失礼なことをしたわけではありません。コイネーと呼ばれる当時のギリシャ語で「gunei」(女)とは、女性に対して使う正式な呼び方です。これは、イエスがサマリアの女、姦淫で捕らえられた女、十字架につけられた母マリア、マグダラのマリアに対して使われたのと同じ言葉なのです。

 しかし、ここではっきりしていることは、この時点ではイエスの役割は「マリアの子」ではなく、「メシアであるイエス」であったということです。また、イエスが水をぶどう酒に変えたこの出来事は、イエスが初めて公に示した奇跡であることは、ほとんどの学者が認めるところです。

 もう一つのポイントは、イエスは単に水からぶどう酒を造ったのではないということです。イエスは、120ガロン以上の非常に質の高いぶどう酒を造られ、酔っぱらいの人々でさえもそれに気づくことができたのです。

 第二の出来事は、イエスが神殿を清められたことです。先に述べたように、ヨハネは福音書を時系列ではなく、テーマ別に構成しています。共観福音書では、イエスが神殿を清められたのは宣教の始めではなく、終わりに近い時期であると書かれているからです。

 常識的に考えて、もしイエスが最初の奇跡を起こした後すぐに神殿を清められたのなら、四つの福音書のすべてがパリサイ人がイエスを殺そうとした記録で埋め尽くされるはずです。確かにパリサイ人たちはイエスを殺そうとし、最終的には成功しましたが、それはイエスの宣教3年目の最後の年の後半になってからのことでした。

 ヨハネが強調したかったのは、イエスの父の家(詩篇69:9)に対する熱意でしょう。ヨハネは、イエスがご自分の行動を通して、ご自分が神の子であることを明らかにされたことを読者に示したかったのです。

 前章でヨハネは、イエスが宇宙を創造される前からすでに神と一緒におられたことを明らかにしました。イエスは神と共におられ、イエスは神であったのです(ヨハネ1:1-2)。イエスは神の子であるだけでなく、イエスは神なのです。

 ヨハネ1章は、イエスがどのように天地創造に関わり、バプテスマのヨハネによってご自分の到来を告げられ、弟子たちを見出されたかを明らかにしています。

 ヨハネ2章では、イエスが誰であるかをさらに明らかにするために、イエスのしるしを明らかにしています。水をぶどう酒に変えられたことは、自然に対するイエスの主権を明らかにしました。イエスの父の家に対する熱意は、イエスの神の子としてのアイデンティティを明らかにしました。

 ヨハネの福音書が続くにつれて、トピック別にイエスについてもっともっと明らかにされていきます。ヨハネ1章18節が明らかにしているように、私たちはイエスを通して天の父についてもっともっと学ぶことになります。

 父なる神さま、今日のみことばをありがとうございます。あなたの周りには謎が満ちていますが、あなたはイエス・キリストを通してご自分を知られるようになりました。前章で、あなたは御子イエスが被造物の一部ではなく、神であることを明らかにされました。

 さらに、イエスを通してご自身を明らかにするために、イエスは水を120ガロンの最高級のワインに変えるなど、多くのしるしと不思議を私たちに示されました。

 また、神殿の清めにおいては、あなたとイエスとの関係を明らかにされました。あなたは自分の目の前に罪があることに耐えることができないということを、イエスは神殿を清めることでそれを証明されました。

 父なる神さま、あなたのことを私たちに知ってほしいと願うほど、私たちを愛してくださっていることを感謝します。そして、父なる神さま、あなたを明らかにするだけでなく、私たちがあなたと永遠に過ごすことができますように。

 私たちのすべての罪を清めるために、イエスさまが十字架で死んでくださったほどに、私たちを愛してくださることを感謝します。ありがとうございます、お父さま。私たちはあなたを愛しています、お父さま。In Jesus’ Name we pray, amen.

The Gospel of John is not like the other 3 Gospels. All who have read the first 3 Gospels, Mark, Matthew, and Luke, may have recognized that a lot of overlapping content with only slight changes in the details. Matthew wrote his Gospel mostly by recording the events that he personally witnessed. Mark, although not believed to be an eyewitness himself, recorded mostly the events that were experienced by the Apostle Peter. As the Gospel itself reveals, Luke was mostly a collection of eye-witness testimonies that the doctor Luke collected. These first 3 Gospels are known as the Synoptic Gospels because they were meant to be looked at together. We have a better understanding of the events and teachings of the first three gospels when studying them together. The Gospel of John, however, contains around 90% original material that is not found in the other gospels. John’s arrangement of his gospel is also unique as it is believed that he did not arrange his gospel using chronology as the dominant factor, but topic. Therefore, it is best to keep in mind that although an event may show up early on in John’s gospel, it does not necessarily mean that the event took place at the beginning of Jesus’ 3-year ministry.

John 2 begins by narrating what took place at a wedding in Cana, which was close to Capernaum which Jesus used as a home base. Jesus was attending this wedding of unnamed people with his disciples and mother. Although this account is narrated in a way that is easy to understand, a few points need to be made. The first is that many people unfamiliar with Jesus’ language and culture may be astounded when he called His mother Mary “Woman.” To be clear, Jesus was not being rude to His mother. “Woman,” “gunei” in koine Greek, was a formal way to address women. This is the same word that Jesus used to address the woman in Samaria, the woman who was caught in adultery, his mother Mary at the crucifixion, and Mary Magdalene. What is clear, however, is that Jesus’ role was not “Son of Mary,” but “Jesus the Messiah” at this point. Most scholars will also agree that this event in which Jesus turned water into wine was his first public display of a miracle. The other point that needs to be made is that Jesus did not simply make wine out of water. Jesus made over 120 gallons of very high-quality wine that even drunk people could notice.

The second event mentioned is Jesus’ cleansing of the temple. As mentioned earlier, John arranged his gospel by theme, not chronology. We know this because the Synoptic gospels mention that Jesus cleansed the temple closer to the end of His ministry, not the beginning. Common sense will dictate that if Jesus did indeed cleanse the temple soon after performing His first miracle, all four gospels would be full of accounts of Pharisees trying to kill Him. Although Pharisees did try to kill Him, and ultimately succeed, this did not happen until the later part of His third and final year of ministry. What John may have wanted to emphasize was Jesus’ zeal for His Father’s house (Psalm 69:9). John may have wanted to show his readers that Jesus, through His own actions, revealed that He was the Son of God.

In the previous chapter, John revealed that Jesus was already with God before He created the universe. Jesus was with God and Jesus was God (John 1:1-2). Jesus is not only the Son of God, but Jesus is God. John 1 reveals how Jesus was involved in Creation, had His coming announced by John the Baptist, and found His disciples. John 2 reveals the signs of Jesus to further reveal who He was. Turning water into wine revealed his sovereignty over nature. Jesus’ zeal for His Father’s house revealed His identity as the Son of God. As the Gospel of John continues, more and more will be revealed about Jesus by topic. As John 1:18 reveals, we will learn more and more about our Father in heaven through Jesus.

Thank you, Father, for today’s Word. Although mystery surrounds You, You made Yourself known through Jesus Christ. In the previous chapter, You revealed that Your Son Jesus is not part of creation; He is God. To further reveal Yourself through Jesus, You also showed us many signs and wonders such as Jesus turning water into 120 gallons of the finest wine. You also revealed your relationship with Jesus in the cleansing of the temple. You cannot bear to have sin in your sight and Jesus proved this at the temple cleansing. Thank you, Father, for loving us so much that You want us to know about You. And Father, thank you for loving us so much that you sent Jesus to not only reveal You, but also die for all of our sins so we can spend all eternity with You. Thank you, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.


閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書 5章 『主のさばきと憐れみ』 エレミヤ書5章も4章に続いてイスラエルのさばきについて預言している。 さばかれる理由は、公正を行い、真実を求める者がいないということである。でも、神は、一人でも公正を行い、真実を求める者がいたら、エルサレムを赦そう、と言われているのに、彼らは、主は生きておられる、と偽りの誓いをするのである。そして、悔い改めようとしないで、偶像を神としたり、姦淫をする国に、

エレミヤ書 4章 『厳しいながらも恵みの招き』 3章の22節の途中から、4章は始まっているとも言える。エレミヤの悔い改めの祈りだ。とて