2022年7月31日 ディボーション

エレミヤ書 5章

 

『主のさばきと憐れみ』


 エレミヤ書5章も4章に続いてイスラエルのさばきについて預言している。

さばかれる理由は、公正を行い、真実を求める者がいないということである。でも、神は、一人でも公正を行い、真実を求める者がいたら、エルサレムを赦そう、と言われているのに、彼らは、主は生きておられる、と偽りの誓いをするのである。そして、悔い改めようとしないで、偶像を神としたり、姦淫をする国に、神は激しい憤りで復讐すると宣言されておられるのだ。それでも、神は、再度、根絶やしにしてはならない、と語られている。


 だが、民は、主を否定するのである。12節、「主は何もしない。わざわいは私たちを襲わない。剣も飢饉も、私たちは見ない。」と。預言者たちは風になり、彼らのうちにみことばはない。彼らはそのようにされればよい。」 実に傲慢な神に逆らうことばでしょうか。このような傲慢きわまることばで反逆されて、神は復讐されないはずがないのである。この民は、目があっても見ることがなく、耳があっても聞くことがない、実に愚かな者である。これは、完全にサタンの餌食となっていたのだろうか、それとも、神の摂理の中にあったのだろうかと思わされるところである。

 それでも、神は、18節(一部抜粋)で、「わたしはあなたがたを滅ぼし尽くすことはない。」と述べられておられるのである。

 

赦そう、根絶やしにしてはならない、滅ぼし尽くすことはない」


 神は、ご自身が選ばれたイスラエルの民から裏切られても、これほどまでに彼らを憐れんでおられたのである。なぜなら、神は、イスラエルの民が悔い改め、神に立ち返ることを強く、強く望まれておられたのだ。そうでなければ、神は、1節(一部抜粋)で、「もしも、だれか公正を行う、真実を求める者を見つけたなら、わたしはエルサレムを赦そう。」とは言われなかっただろう。神の愛の憐れみを感ぜずにはおられない5章のみことばである。


祈り

愛する天の父なる神さま。あなたの御名をほめたたえます。

あなたの憐れみ深い愛を今日のみことばをとおして、触れさせて頂き、心に響かせて頂き心から感謝しています。イエスさまを知らない以前の私も、きっとイスラエルの民の一人で終わったことでしょう。今ある私は、すべてイエスさまの十字架の愛のおかげです。ありがとうございます。

クリスチャンである私達が、公正を行い、真実を求めることができますように日々歩ませて下さい。感謝し、お委ねして、主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自