2022年7月31日 ディボーション

エレミヤ書 5章

 

『主のさばきと憐れみ』


 エレミヤ書5章も4章に続いてイスラエルのさばきについて預言している。

さばかれる理由は、公正を行い、真実を求める者がいないということである。でも、神は、一人でも公正を行い、真実を求める者がいたら、エルサレムを赦そう、と言われているのに、彼らは、主は生きておられる、と偽りの誓いをするのである。そして、悔い改めようとしないで、偶像を神としたり、姦淫をする国に、神は激しい憤りで復讐すると宣言されておられるのだ。それでも、神は、再度、根絶やしにしてはならない、と語られている。


 だが、民は、主を否定するのである。12節、「主は何もしない。わざわいは私たちを襲わない。剣も飢饉も、私たちは見ない。」と。預言者たちは風になり、彼らのうちにみことばはない。彼らはそのようにされればよい。」 実に傲慢な神に逆らうことばでしょうか。このような傲慢きわまることばで反逆されて、神は復讐されないはずがないのである。この民は、目があっても見ることがなく、耳があっても聞くことがない、実に愚かな者である。これは、完全にサタンの餌食となっていたのだろうか、それとも、神の摂理の中にあったのだろうかと思わされるところである。

 それでも、神は、18節(一部抜粋)で、「わたしはあなたがたを滅ぼし尽くすことはない。」と述べられておられるのである。

 

赦そう、根絶やしにしてはならない、滅ぼし尽くすことはない」


 神は、ご自身が選ばれたイスラエルの民から裏切られても、これほどまでに彼らを憐れんでおられたのである。なぜなら、神は、イスラエルの民が悔い改め、神に立ち返ることを強く、強く望まれておられたのだ。そうでなければ、神は、1節(一部抜粋)で、「もしも、だれか公正を行う、真実を求める者を見つけたなら、わたしはエルサレムを赦そう。」とは言われなかっただろう。神の愛の憐れみを感ぜずにはおられない5章のみことばである。


祈り

愛する天の父なる神さま。あなたの御名をほめたたえます。

あなたの憐れみ深い愛を今日のみことばをとおして、触れさせて頂き、心に響かせて頂き心から感謝しています。イエスさまを知らない以前の私も、きっとイスラエルの民の一人で終わったことでしょう。今ある私は、すべてイエスさまの十字架の愛のおかげです。ありがとうございます。

クリスチャンである私達が、公正を行い、真実を求めることができますように日々歩ませて下さい。感謝し、お委ねして、主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

「主よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、私はさばきについてあなたにお聞きしたいのです。 なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな安らかなのですか。」(1節) エレミヤの主に対する祈りは、かなり切羽詰まった言い方だと思わされた。主と論じても、主が正しいのは100% であることを知っているのに、それを覚悟のうえでの主への祈りは、「なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな

エレミヤ書11章 『なんだっけ? 契約と預言』 「この契約のことばを聞け。これをユダの人とエルサレムの住民に語れ。」(2節) 冒頭のこの、主のことばを聞いて2つのことを思った。 ①神さまの契約ってなんだっけ? 「わたしの声に聞き従い、すべてわたしがあなたがたに命じるように、それを行え。そうすれば、あなたがたはわたしの民となり、わたしはあなたがたの神となる」(4節) これが神さまの契約だ。ただし契約

エレミヤ書10章 10章の前半は、偶像の神々の虚しさと、天地を造られた真の神が対比されている。 「それは、きゅうり畑のかかしのようで、ものも言えず、歩けないので、運んでやらなければならない。そんなものを恐れるな。害になることも益になることもしないからだ。(5節) 8、9節には、その偶像がどんなに名匠の作であり、高価な素材を使っていても、「間抜けであり、愚かなこと。」(8節抜粋)とされている。 それ