top of page
  • hccnichigo

2022年7月29日 ディボーション

エレミヤ書3章 

 

「主に立ち返れ」

 

 この3章においては、神とイスラエルとの関係が婚姻関係で表現されている。イスラエルの偶像礼拝は、婚姻関係における姦淫の罪とみなされる。

 この霊的姦淫の罪のある社会には、必ず実際の姦淫の罪があり、それに伴う夫婦関係の破綻、家族崩壊が見られる。なぜなら神との関係は、人間関係に直接に影響を与えているからだ。まさに現代社会のあり様である。

 

 エレミヤは南ユダ王国を舞台に活動した預言者であったが、南ユダ王国がバビロン帝国によって滅ぼされる前に、先に北イスラエル王国がアッシリア帝国によって滅ぼされている。南ユダ王国の民は、その出来事を見ているのにも関わらず、それでもなお霊的姦淫を犯し続け神に立ち返ることをしなかった。

「あなたは、背信の女イスラエルが行ったことを見たか。――― 背信の女イスラエルが姦通したので、わたしは離縁状を渡して追い出した。しかし、裏切る女、妹のユダが恐れもせず、自分も行って淫行を行ったのをわたしは見た。」(3章6節~8節抜粋)

 

 しかし神は、そのユダの民に対して「背信の子らよ、立ち返れ。」(14)。「背信の子らよ、立ち返れ。わたしがあなたがたの背信を癒そう。」(22)と、神に立ち返ることを求め、呼びかけるのだ。

 神は、何度も何度も裏切られても、その民に対する愛は変わることはない。神は、愛そのものだから。だからこそ、神は痛むのだ。愛する相手が姦淫を犯して離れて行く時、平気でいられるはずはない。その心は痛みにわななくのだ。「それゆえ、わたしのはらわたは、彼のためにわななき、わたしは彼をあわれまずにはいられない。」(31:20抜粋)この「わななき」とは、えぐられる痛みを現わしている。神は、はらわたがえぐられるほどの痛みを感じておられるのだ。

 その痛みの深さが、神の愛の深さだ。そしてその痛みの極致こそ、イエスの十字架の痛みなのだ。神の愛は、どこまでも深く、広く、長く、高い。私は、この神の愛にただただ圧倒される。

 

 そしてこの神のことばに呼応するようにして22節から25節にエレミヤのことばが記されている。「今、私たちはあなたのもとに参ります。あなたこそ、私たちの神、主だからです。」(22抜粋)

 「立ち返れ」という神の呼びかけに対して、「あなたのもとに参ります。」と応える私たちでありたい。

 私たちが立ち返る神は、私たちの「背信を癒そう」と言ってくださるお方なのだ。このお方のもとへ大胆に、立ち返る者でありたい。

 天の父なる神さま。

 あなたのあまりの愛の深さに、ただただ圧倒されます。この愛のゆえに、私たちは、あなたに立ち返る事が出来ることを感謝します。 

 願わくば、私たちが二度と霊的姦淫を犯すことなく、全身全霊であなたを愛する者であり続けることができますように。聖霊が私たちを助け導いてください。 

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page