2022年7月27日 ディボーション

エレミヤ書 1章


『恐れるエレミヤにご自分のことばと励ましをあたえられる神』


 今日からエレミヤ書がスタートする。エレミヤは、心が繊細な涙もろい人といわれたのでそこから涙の預言者と言われたそうだ。イザヤは、北王国がアッシリア帝国に滅ぼされた頃に活躍していたが、エレミヤは、南王国がバビロニヤ帝国に滅ぼされる前後に働いたと言われている。


主のことばがエレミヤにあった時の、主とエレミヤの応答である。エレミヤを預言者として定められたが、エレミヤは自分は若年者で語りかたも分からないと拒否しようとする。でも、神は、エレミヤを生まれる前から預言者として定めておられたのである。そして、彼を勇気づけられて、ご自分の御手を伸ばし、エレミヤの口に触れられて、ご自分のことばを彼の口にあたえられたのである。

 そこを読んでいて、出エジプト記の神とモーセの語りが浮かんできた。モーセも神の命令でファラオの前で杖をつかっていろんな奇跡を起こして対抗せよと命令されたけれど、モーセは、自分は口が重く、舌が重いと拒むのである。主は、その時モーセの口には触れられなかったけど、みことばでかれを諭したのである。

人に口をつけたのはだれか。だれが口をきけなくし耳をふさぎ、目を開け、また閉ざすのか。それは、わたし、主ではないか。」出エジプト記 4:11

今、行け。わたしがあなたの口とともにあって、あなたが語るべきことを教える。」4:12

 と語ってくださっておられるのに、モーセはしつこく、「どうかほかの人を遣わしてください。」と拒むのである。もしこのことが自分に起こっていたら、恐れが先にきて、神の語りを二の次にして拒むことだろう。だが、神は、私たちの心の中身をよくご存知である。神は、エレミヤにご自分のことばをあたえられて、モーセも兄の助け人があたえられたのである。神の命令は、神のみこころであるのでそれを優先にして委ねて、従っていけば、必ず道を開いてくださるのである。


 主のことばが7回も述べられている。エレミヤが目にしているもの、アーモンドの枝と煮え立った釜をとおしてこれから起ころうとしていることを語られている。アーモンドの枝というのはヘブル語で、「見張る」ということを意味している。神は、イスラエルの民を見張っていて北からバビロニヤ帝国を送って、イスラエルの民が偶像を崇拝している悪のために彼らをさばかれるという預言をされているのである。この預言を王や指導者に語れと命じられているのである。預言者というのは神が命じられたことを、たとえそれが人智をはるかに超えたことであっても語らなければならないのである。神から命令されたエレミヤがどういうふうにして神のことばを宣べ伝えていったのか、やはりこのような過酷なことを伝える時に涙を流して語らずにはおられなかったのだろうと思わされた。



祈り

愛する天の父よ。

今日のみことばを感謝します。あなたのみこころが何であるのかを、知ることができますように導いてください。すべてをお委ねして、主イエス・キリストの御名によってお祈りします。

アーメン



閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自