top of page
  • HCCnichigo

2022年7月20日 デイボーション

ヨハネの福音書15章



わたしの愛にとどまりなさい。」9節一部抜粋


 ぎっしり詰まっているイエスさまの教えの「愛」についてヨハネが書き残しておきたい気持ちがまるで伝わってくるようだ。ヨハネの福音書は何度読んでも心に響くものである。


 15章も弟子たちに対するイエスの教えが続く。ぶどうの木にとどまるたとえをとおしてイエスさまの戒めが書かれている。イエスさまは、ご自分をぶどうの木、枝を弟子たち、父なる神を農夫にたとえておられる。ぶどうの枝が豊かに実を結ぶために、枝は幹にとどまっていなければならない。私たちの信仰そのものの実態である。しっかりと主にとどまっていくことによって、主の戒めを、互い守りに愛し合うようになっていくのである。


 私は、この主の戒めを守り続けているだろうかと思った時に、答えは、「NO」である。人間関係ほどむつかしいものはない。クリスチャンであろうとなかろうと。人間関係がすべてうまくいっている順風満帆の時は、自分は主の戒めを守っていると自己満足をするのである。しかし、その逆の時はどうなのか。果たして偽善者ぶって互いに愛しあっているというのだろうか、と思わされるところである。でもそんな時でも、主を愛している確信があるなら、又、主にとどまることができるのである。そして、お互いが悔い改めて赦し合える特権をあたえてくださるのである。神に選ばれたユダヤ人は、神を憎み、愛することができないなら火に投げ込まれるということを教えておられるのである。神の選民であろうと、クリスチャンであろうとなかろうと、神を憎むなら火に投げ込まれるという結末になるということである。


 主の愛にとどまっていくなら主を愛し、喜んで主の戒めを守ることができるということである。それが「互いに愛し合うこと」である。アーメン



祈り

愛する天の父なる神さま。御名をほめたたえます。

あなたの戒めを守れない時も多々にある自分です。お赦しください。その時には又、しっかりとあなたの幹につなっがていくことができますように導いてください。あなたの愛の中に日々しっかりと、とどまっていくことができますようにたすけてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page