2022年7月20日 デイボーション

ヨハネの福音書15章



わたしの愛にとどまりなさい。」9節一部抜粋


 ぎっしり詰まっているイエスさまの教えの「愛」についてヨハネが書き残しておきたい気持ちがまるで伝わってくるようだ。ヨハネの福音書は何度読んでも心に響くものである。


 15章も弟子たちに対するイエスの教えが続く。ぶどうの木にとどまるたとえをとおしてイエスさまの戒めが書かれている。イエスさまは、ご自分をぶどうの木、枝を弟子たち、父なる神を農夫にたとえておられる。ぶどうの枝が豊かに実を結ぶために、枝は幹にとどまっていなければならない。私たちの信仰そのものの実態である。しっかりと主にとどまっていくことによって、主の戒めを、互い守りに愛し合うようになっていくのである。


 私は、この主の戒めを守り続けているだろうかと思った時に、答えは、「NO」である。人間関係ほどむつかしいものはない。クリスチャンであろうとなかろうと。人間関係がすべてうまくいっている順風満帆の時は、自分は主の戒めを守っていると自己満足をするのである。しかし、その逆の時はどうなのか。果たして偽善者ぶって互いに愛しあっているというのだろうか、と思わされるところである。でもそんな時でも、主を愛している確信があるなら、又、主にとどまることができるのである。そして、お互いが悔い改めて赦し合える特権をあたえてくださるのである。神に選ばれたユダヤ人は、神を憎み、愛することができないなら火に投げ込まれるということを教えておられるのである。神の選民であろうと、クリスチャンであろうとなかろうと、神を憎むなら火に投げ込まれるという結末になるということである。


 主の愛にとどまっていくなら主を愛し、喜んで主の戒めを守ることができるということである。それが「互いに愛し合うこと」である。アーメン



祈り

愛する天の父なる神さま。御名をほめたたえます。

あなたの戒めを守れない時も多々にある自分です。お赦しください。その時には又、しっかりとあなたの幹につなっがていくことができますように導いてください。あなたの愛の中に日々しっかりと、とどまっていくことができますようにたすけてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書 5章 『主のさばきと憐れみ』 エレミヤ書5章も4章に続いてイスラエルのさばきについて預言している。 さばかれる理由は、公正を行い、真実を求める者がいないということである。でも、神は、一人でも公正を行い、真実を求める者がいたら、エルサレムを赦そう、と言われているのに、彼らは、主は生きておられる、と偽りの誓いをするのである。そして、悔い改めようとしないで、偶像を神としたり、姦淫をする国に、

エレミヤ書 4章 『厳しいながらも恵みの招き』 3章の22節の途中から、4章は始まっているとも言える。エレミヤの悔い改めの祈りだ。とても素直に心の内を吐露した祈りだ。 「今、私たちはあなたのもとに参ります。」(3:22抜粋)のエレミヤの悔い改めを受けて、神さまは語った。(4:1)、 「イスラエルよ、もし帰るのなら、わたしのもとに帰れ。」と。 神さまは、恵みの招きをしても良いと応答してくださったのだ

エレミヤ書3章 「主に立ち返れ」 この3章においては、神とイスラエルとの関係が婚姻関係で表現されている。イスラエルの偶像礼拝は、婚姻関係における姦淫の罪とみなされる。 この霊的姦淫の罪のある社会には、必ず実際の姦淫の罪があり、それに伴う夫婦関係の破綻、家族崩壊が見られる。なぜなら神との関係は、人間関係に直接に影響を与えているからだ。まさに現代社会のあり様である。 エレミヤは南ユダ王国を舞台に活動し