2022年7月18日 ディボーション

ヨハネの福音書13章


『互いに仕え合う』


「わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、あなたがたに模範を示したのです。」(15)


 過ぎ越しの祭りの前日、最後の晩餐にて、イエスは上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとい、愛する弟子たちの足を洗われた(1-14)。


 この弟子たちの中には、ユダも入っていることに注目したい。イエスはこの時、ユダが裏切り者であることを知っておられた(2-3)。しかしそれとは関係なく、しもべのように仕えることの模範を示されたのである。

 イエスが弟子たちに、このことを通して伝えたかったことは、互いに対して謙遜であること、そして、主がなされることに対して疑問をもたず、従順に従うこと、だったのではないかと思う。

 当時、旅人の足を洗う仕事はしもべの役目であった。どの旅人の足を洗うかといった選択肢がしもべにあったわけではない。しもべは、主人が言われる通りに従い、誰の足でも洗ったのである。だから、足を洗う、という行為からは、仕える姿勢、また、主人の命令に従うという従順さを学ぶことができる。

 しかし、一方的に仕えよと、イエスは命じたわけではない。イエスは、「主であり、師であるこのわたしが、あなたがたの足を洗ったのであれば、あなたがたもまた、互いに足を洗い合わなければなりません。」と言われたのである。

 またイエスは、ルカの福音書でこのように言われた。

「異邦人の王たちは人々を支配し、また人々に対し権威を持つ者は守護者と呼ばれています。しかし、あなたがたは、そうであってはいけません。あなた方の間で一番偉い人は、一番若い者のようになりなさい。上に立つ人は、給仕する者のようになりなさい。」(ルカ22:25-26)

 私たちが仕え合うと、同時に、神に仕えることになる。同じように、私たちが愛し合うと、神を愛することになる。私たちの行為は、すべて神への行為につながることを覚えたい。

 祈り:愛する天のお父さま。仕え合うことの大切さを教えてくださり、ありがとうございます。どうか、みこころにあって、仕え合うこと、愛し合うことを更に、更に、深く知ることができますように、みちびいてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。


閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書 5章 『主のさばきと憐れみ』 エレミヤ書5章も4章に続いてイスラエルのさばきについて預言している。 さばかれる理由は、公正を行い、真実を求める者がいないということである。でも、神は、一人でも公正を行い、真実を求める者がいたら、エルサレムを赦そう、と言われているのに、彼らは、主は生きておられる、と偽りの誓いをするのである。そして、悔い改めようとしないで、偶像を神としたり、姦淫をする国に、

エレミヤ書 4章 『厳しいながらも恵みの招き』 3章の22節の途中から、4章は始まっているとも言える。エレミヤの悔い改めの祈りだ。とても素直に心の内を吐露した祈りだ。 「今、私たちはあなたのもとに参ります。」(3:22抜粋)のエレミヤの悔い改めを受けて、神さまは語った。(4:1)、 「イスラエルよ、もし帰るのなら、わたしのもとに帰れ。」と。 神さまは、恵みの招きをしても良いと応答してくださったのだ

エレミヤ書3章 「主に立ち返れ」 この3章においては、神とイスラエルとの関係が婚姻関係で表現されている。イスラエルの偶像礼拝は、婚姻関係における姦淫の罪とみなされる。 この霊的姦淫の罪のある社会には、必ず実際の姦淫の罪があり、それに伴う夫婦関係の破綻、家族崩壊が見られる。なぜなら神との関係は、人間関係に直接に影響を与えているからだ。まさに現代社会のあり様である。 エレミヤは南ユダ王国を舞台に活動し