top of page
  • hccnichigo

2022年7月17日 デイボーション

ヨハネの福音書12章


「自分に光があるうちに、光の子どもとなれるように、光を信じなさい。」36節


 今年は、6年振りのサンタバーバラ夏季修養会に参加することができた。6年前の5月12日に愛する娘は召された。私にとってその2か月後に開かれる夏季修養会に参加することは、はっきり言って大変な勇気がいる決心だった。娘が召されてからは、毎日が暗闇の中にいて光の子どもとなれずに光を信じたくてもできない日々の戦いだった。毎日が、悲しく、辛く、苦しい暗闇の世界から抜け出せない自分であった。 神さまは、そんな私を押すかのごとくに修養会に参加させてくださったのである。集会の時に賛美をするたびに泣けて、泣けて顔がぐしょぐしょになったことがまるで昨日のように思えた。神さまは、私にこのようなことを通されて光を与えられて、光の子どもとさせてくださり、光を信じることができる者にかえてくださったのである。 主の憐れみによって再び十字架をしっかりと仰ぎ見ることができるようにさせてくださったのである。ただ主に感謝の気持ちでいっぱいであった。

 今年の修養会は、ある意味でもこの私自身にとって大きなチャレンジだった。私自身が6年前の修養会と比べてどれだけ光の子として歩んでこられたかを感じ取るいい機会でもあったのだ。主は、決して約束を破らないお方である。 今年の修養会では、賛美の時に初めから終わりまで、嬉しくて、嬉しくて、感謝の気持ちが一杯で「アーメン!」をなんども体全身で唱えることができたのである。主に感謝の気持ちを体全身で表しても、たりないほど恵まれた修養会だった。



祈り:

 恵み深い天のちちなる神さま、あなたの憐れみに今日も生かされていることを心から感謝します。暗闇の中にいた時もあなたは私を光のことして、光を信じる者として導いてくださったことを感謝します。このような愛を多くの人々に伝えることができるようにどうぞ私を用いて下さい。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:34回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Commentaires


bottom of page