2022年7月17日 デイボーション

ヨハネの福音書12章


「自分に光があるうちに、光の子どもとなれるように、光を信じなさい。」36節


 今年は、6年振りのサンタバーバラ夏季修養会に参加することができた。6年前の5月12日に愛する娘は召された。私にとってその2か月後に開かれる夏季修養会に参加することは、はっきり言って大変な勇気がいる決心だった。娘が召されてからは、毎日が暗闇の中にいて光の子どもとなれずに光を信じたくてもできない日々の戦いだった。毎日が、悲しく、辛く、苦しい暗闇の世界から抜け出せない自分であった。 神さまは、そんな私を押すかのごとくに修養会に参加させてくださったのである。集会の時に賛美をするたびに泣けて、泣けて顔がぐしょぐしょになったことがまるで昨日のように思えた。神さまは、私にこのようなことを通されて光を与えられて、光の子どもとさせてくださり、光を信じることができる者にかえてくださったのである。 主の憐れみによって再び十字架をしっかりと仰ぎ見ることができるようにさせてくださったのである。ただ主に感謝の気持ちでいっぱいであった。

 今年の修養会は、ある意味でもこの私自身にとって大きなチャレンジだった。私自身が6年前の修養会と比べてどれだけ光の子として歩んでこられたかを感じ取るいい機会でもあったのだ。主は、決して約束を破らないお方である。 今年の修養会では、賛美の時に初めから終わりまで、嬉しくて、嬉しくて、感謝の気持ちが一杯で「アーメン!」をなんども体全身で唱えることができたのである。主に感謝の気持ちを体全身で表しても、たりないほど恵まれた修養会だった。



祈り:

 恵み深い天のちちなる神さま、あなたの憐れみに今日も生かされていることを心から感謝します。暗闇の中にいた時もあなたは私を光のことして、光を信じる者として導いてくださったことを感謝します。このような愛を多くの人々に伝えることができるようにどうぞ私を用いて下さい。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:34回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書 5章 『主のさばきと憐れみ』 エレミヤ書5章も4章に続いてイスラエルのさばきについて預言している。 さばかれる理由は、公正を行い、真実を求める者がいないということである。でも、神は、一人でも公正を行い、真実を求める者がいたら、エルサレムを赦そう、と言われているのに、彼らは、主は生きておられる、と偽りの誓いをするのである。そして、悔い改めようとしないで、偶像を神としたり、姦淫をする国に、

エレミヤ書 4章 『厳しいながらも恵みの招き』 3章の22節の途中から、4章は始まっているとも言える。エレミヤの悔い改めの祈りだ。とても素直に心の内を吐露した祈りだ。 「今、私たちはあなたのもとに参ります。」(3:22抜粋)のエレミヤの悔い改めを受けて、神さまは語った。(4:1)、 「イスラエルよ、もし帰るのなら、わたしのもとに帰れ。」と。 神さまは、恵みの招きをしても良いと応答してくださったのだ

エレミヤ書3章 「主に立ち返れ」 この3章においては、神とイスラエルとの関係が婚姻関係で表現されている。イスラエルの偶像礼拝は、婚姻関係における姦淫の罪とみなされる。 この霊的姦淫の罪のある社会には、必ず実際の姦淫の罪があり、それに伴う夫婦関係の破綻、家族崩壊が見られる。なぜなら神との関係は、人間関係に直接に影響を与えているからだ。まさに現代社会のあり様である。 エレミヤは南ユダ王国を舞台に活動し