top of page
  • hccnichigo

2022年7月15日 ディボーション

ヨハネの福音書 10章


 互いに際限なく悪い影響を与え続ける状態に陥っている世の中。悪の連鎖が止まらない。もって行き場のない怒りや憎しみを他者に向けても、怒りや憎しみは消えない。自分の内にたまったものを外に飛び散らすことによって、かえって増幅させ、新たな怒りや憎しみを生む。

 悪に対して悪を返すことは簡単だけど、悪に対して悪を返さない姿勢を保ち続けるのは簡単ではない。でも、悪循環を断ち切る方法はそれしかない。悪に対して悪を返さない姿勢とは、日常生活の中で小さない善を積み重ねてゆく事ではないだろうか。


 ジャン・ジオノが書いた、『木を植えた男』という本がある。かつては森林があり、人が住む集落もあったフランスの南東部。今では荒地になってしまったその場所に、ひとりの男が住んでいた。彼の生活は単純そのものだった。来る日も来る日もひたすら荒地にどんぐりの種をまく生活。芽を出したものが全滅することもあったが、彼は種をまき続けた。やがて、彼が植えた種は木となり、成長して森となった。森のおかげで土の中に水が保持されるようになり、他の植物も育ち始めた。鳥も巣をつくるようになり、小川ができ、人も戻ってきて家を建てて住み始めた。彼が晩年を迎える頃には、かつての荒地はすっかり変貌を遂げ、美しい自然が復活した、という物語。


 人々の心が荒み、毎日のように悲惨な事件が起こる世界。私たちに出来ることは、小さな種をひとつずつ蒔き続けることだと思う。イエスさまがそうであったように。

 良い牧者は、羊たちを命懸けで守る。イエスさまは、私たちのためにいのちを捨ててくださった。しかし、「牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らかしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです。」(12〜13)


 たとえ親子であっても、親友であっても、人は人の心を守れない。神さまと対話することでしか、怒りと憎しみは鎮められない。

 やり場のない憎悪に苦しんでいる人が、神さまのもとに導かれ、守られますように。神さまに愛されることで、癒されますように。そして、怒りと憎しみのエネルギーを人に向けることなく、良いものを生み出したり発展をもたらしたりするエネルギーへと変えられますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page