2022年7月15日 ディボーション

ヨハネの福音書 10章


 互いに際限なく悪い影響を与え続ける状態に陥っている世の中。悪の連鎖が止まらない。もって行き場のない怒りや憎しみを他者に向けても、怒りや憎しみは消えない。自分の内にたまったものを外に飛び散らすことによって、かえって増幅させ、新たな怒りや憎しみを生む。

 悪に対して悪を返すことは簡単だけど、悪に対して悪を返さない姿勢を保ち続けるのは簡単ではない。でも、悪循環を断ち切る方法はそれしかない。悪に対して悪を返さない姿勢とは、日常生活の中で小さない善を積み重ねてゆく事ではないだろうか。


 ジャン・ジオノが書いた、『木を植えた男』という本がある。かつては森林があり、人が住む集落もあったフランスの南東部。今では荒地になってしまったその場所に、ひとりの男が住んでいた。彼の生活は単純そのものだった。来る日も来る日もひたすら荒地にどんぐりの種をまく生活。芽を出したものが全滅することもあったが、彼は種をまき続けた。やがて、彼が植えた種は木となり、成長して森となった。森のおかげで土の中に水が保持されるようになり、他の植物も育ち始めた。鳥も巣をつくるようになり、小川ができ、人も戻ってきて家を建てて住み始めた。彼が晩年を迎える頃には、かつての荒地はすっかり変貌を遂げ、美しい自然が復活した、という物語。


 人々の心が荒み、毎日のように悲惨な事件が起こる世界。私たちに出来ることは、小さな種をひとつずつ蒔き続けることだと思う。イエスさまがそうであったように。

 良い牧者は、羊たちを命懸けで守る。イエスさまは、私たちのためにいのちを捨ててくださった。しかし、「牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らかしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです。」(12〜13)


 たとえ親子であっても、親友であっても、人は人の心を守れない。神さまと対話することでしか、怒りと憎しみは鎮められない。

 やり場のない憎悪に苦しんでいる人が、神さまのもとに導かれ、守られますように。神さまに愛されることで、癒されますように。そして、怒りと憎しみのエネルギーを人に向けることなく、良いものを生み出したり発展をもたらしたりするエネルギーへと変えられますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書 5章 『主のさばきと憐れみ』 エレミヤ書5章も4章に続いてイスラエルのさばきについて預言している。 さばかれる理由は、公正を行い、真実を求める者がいないということである。でも、神は、一人でも公正を行い、真実を求める者がいたら、エルサレムを赦そう、と言われているのに、彼らは、主は生きておられる、と偽りの誓いをするのである。そして、悔い改めようとしないで、偶像を神としたり、姦淫をする国に、

エレミヤ書 4章 『厳しいながらも恵みの招き』 3章の22節の途中から、4章は始まっているとも言える。エレミヤの悔い改めの祈りだ。とても素直に心の内を吐露した祈りだ。 「今、私たちはあなたのもとに参ります。」(3:22抜粋)のエレミヤの悔い改めを受けて、神さまは語った。(4:1)、 「イスラエルよ、もし帰るのなら、わたしのもとに帰れ。」と。 神さまは、恵みの招きをしても良いと応答してくださったのだ

エレミヤ書3章 「主に立ち返れ」 この3章においては、神とイスラエルとの関係が婚姻関係で表現されている。イスラエルの偶像礼拝は、婚姻関係における姦淫の罪とみなされる。 この霊的姦淫の罪のある社会には、必ず実際の姦淫の罪があり、それに伴う夫婦関係の破綻、家族崩壊が見られる。なぜなら神との関係は、人間関係に直接に影響を与えているからだ。まさに現代社会のあり様である。 エレミヤは南ユダ王国を舞台に活動し