2022年7月14 日   ディボーション

ヨハネの福音書9章


“God Restores Sight”

 

 ヨハネ9章では、イエスが愛された弟子が、生まれつき目の見えない人をイエスが癒した時の様子を描いています。この章では、父なる神に栄光を帰す多くの奇跡の証しがなされています。

 神の御子であるイエスは、生まれつき目の見えない人に視力を与えることが出来るお方です。この人の目が見えないのは、この人の罪(生まれる前)のせいでも、両親の罪のせいでもないことが分かります。

 多くの翻訳では、この人の盲目の理由は神の業を示すためとされていますが、そうすると、まるで神がご自分の栄光を示すために盲人を造られたように聞こえるので、混乱することがあります。

 ある新約聖書の専門家はこのように説明しています。"神はご自分の栄光を示すために盲人にしたのではなく、ご自分の栄光を示すためにイエスを遣わして癒しの業を行わせたのである" 

 この説明は、理にかなっています。このような理由から、私たちの誰もが、自分の好みで「翻訳」の聖書を持ってはいけないのです。実は、このブログを読んでいる皆さんも、私と同じように、聖書の翻訳しか読んでいない人がほとんどなのです。唯一の「真の」聖書は、旧約聖書の預言者や新約聖書の作家が、ヘブライ語、ギリシャ語、アラム語の原語で書いた原本なのです。そのため、聖書、特に難解な箇所をよく理解するためには、複数の翻訳から学ぶ必要があるのです。

 

 盲人の話に戻りますが、彼を知っている人々は、この人が本当に自分たちの知っている元盲人であるとは、簡単には納得しなかったことが早くから分かっています。

 パリサイ人たちは、神からの奇跡に驚くどころか、安息日を破ったとしてイエスを非難しました。パリサイ人は、ついにこの盲人を追い詰め、自分が他のユダヤ人と同じモーセの弟子なのか、それとも自分たち(パリサイ人)が罪人だと考えているイエスの弟子なのか、決めさせようとしたのです。

 驚くべきことに、この男は肉体的に癒されただけでなく、霊的にも癒されたのです。その人はパリサイ人たちに答えました。「これは驚きです。あの方がどこから来られたのか、あなたがたが知らないとは。あの方は私の目を開けてくださったのです。私たちは知っています。神は、罪人たちの言うことはお聞きになりませんが、神を敬い、神のみこころを行う者がいれば、その人の言うことはお聞きくださいます。盲目で生まれた者の目を開けた人がいるなどと、昔から聞いたことがありません。あの方が神から出ておられるのでなかったら、何もできなかったはずです。」(ヨハネの福音書9:30-33抜粋、新改訳2017)。

 35節以降には、イエスは再びこの人を見つけ、「あなたは人の子を信じますか。」と尋ねます(ヨハネ9:35)。男は答えました。「主よ、私が信じることができるように教えてください。その人はどなたですか。」(ヨハネ9:36, 新改訳2017)。

 イエスは答えられました。「あなたはその人を見ています。あなたと話しているのが、その人です。」(ヨハネの福音書 9:37)。 

 すると男は、「主よ、信じます。」(ヨハネ9:38抜粋)と言い、イエスを礼拝しました。この盲人であった男は、イエスが主であり、礼拝に値する方であることをはっきりと理解することができたのです。

 

 私たちの多くは、最初、壊れた人間としてキリストのもとにやってきました。キリストを受け入れた後、私たちは修復され、癒されました。しかし、時が経つにつれて、私たちの多くは傷ついた過去について忘れてしまいます。教会に来た傷ついた人を見ると、その人に対して思いやりのない態度をとり、自分がかつてそうであったことを忘れてしまうのです。

 さらに悪いことに、私たちはその人の壊れた昔のイメージを維持し続け、その人の中にある神の癒しを見ることができないほどに盲目になってしまうことがあります。私たちは皆、壊れた人間であり、神が私たちを癒してくださったのです。

 しかし、私たちはまだ肉の中で生きているので、天国でイエスと対面するまで、このプロセスが完了するのを見ることはできません。しかし、私たちは一瞬一瞬、自分を創られた方の姿にどんどん変えられていくのです。あなたが昨日と今日で同じ人間でないように、あなたの救われた友人たちもまた、昨日と今日で同じ人間ではないのです。

 

 父なる神さま、今日の御言葉をありがとうございます。あなたは偉大な創造主であり、癒し主です。あなた、そしてあなただけが神です。

 私たちを癒してくださってありがとうございます。救いを感謝します。私たちをどんどんあなたの姿に戻してくれてありがとうございます。そして、私たちの霊的な盲目も癒してくださってありがとうございます。父なる神さま、パリサイ人が見るようにではなく、あなたが本当に見るように他の人を見ることができるように助けてください。

 私たちは皆、あなたの恵みによって救われた罪人です。私たちは皆、回復されましたが、聖化の過程には一生を要すると知っています。

 父なる神さま、すべての信者が私たちと同じプロセスを通っていることを理解する共感を与えてください。私たちは皆、回復と癒しが必要な領域を持っていることを告白します。主よ、あなたが私たちを愛してくださるように、私たちも他の人を愛し続けることができるように助けてください。父なる神さま、ありがとうございます。父なる神さま、私たちはあなたを愛しています。In Jesus’ Name we pray, amen!

 

 

In John 9, the disciple whom Jesus loved describes the account of Jesus’ healing of a man who was blind from birth. This chapter gives a testimony of many miracles that gives glory to God our Father. Jesus, God incarnate, has the ability to give sight to a man who was blind from birth. We learn that this man’s blindness is not the result of his sin (before birth), nor his parents’ sin. Although most translations state the reason for this man’s blindness was to display the works of God, we know that sickness and death are all a result of the Fall. This can be confusing because it sounds as though God made a blind man in order to show his glory. One New Testament expert explains it this way: “God had not made the man blind in order to show his glory; rather, God has sent Jesus to do works of healing in order to show his glory.” This explanation makes more sense. For this reason, none of us should ever have a favorite “translation” of the Bible. The truth in the matter is that most of you who are reading this blog, like myself, only read translations of the Bible. The only “true” Bible is the original collection of writings that the Old Testament Prophets and New Testament writers wrote in their original Hebrew, Greek, and Aramaic languages. For this reason, we need to study multiple translations in order to get the best understanding of the Bible, especially the hard-to-understand passages.

 

Getting back to the subject of the blind man, we see early on that the people who knew him were not easily convinced that this was indeed the formerly blind man that they knew. The Pharisees could not believe what had happened and instead being amazed by the miracle from God, they accused of Jesus of breaking the Sabbath. The Pharisees finally cornered the formerly blind man and forced him to decide whether he was a disciple of Moses, like all Jews, or a disciple of Jesus whom they (Pharisees) considered to be a sinner. Amazingly, this man’s blindness was not only healed physically, but spiritually also. The man answered the Pharisees: “Why, this is an amazing thing! You do not know where he comes from, and yet he opened my eyes. We know that God does not listen to sinners, but if anyone is a worshiper of God and does his will, God listens to him. Never since the world began has it been heard that anyone opened the eyes of a man born blind. If this man were not from God, he could do nothing” (John 9: 30-33). Jesus finds this man again after verse 35 and asks him, “Do you believe in the Son of Man” (John 9:35). The man answered, “And who is he, sir, that I may believe in him” (John 9: 36)? Jesus answered: “You have seen him, and it is he who is speaking to you” (John 9: 37). The man then said, “Lord, I believe,” (John 9: 38) and he worshipped Jesus. This formerly blind man could now clearly see that Jesus was Lord and worthy of worship.

 

Many of us first came to Christ as broken people. After receiving Christ, we were restored and healed. As time passes, many of us forget about our broken past. When we see broken people come to church, we sometimes harbor unkind thoughts toward that person and forget that we were once like them. What makes things even worse is that we sometimes continue to maintain the broken, former image of that person and be too blind to see God’s healing in them. We were all broken people and God healed us. Because we still live in the flesh, however, we will not see this process complete until we see Jesus face to face in heaven. This does not discount the fact, however, that each and every moment, we are gradually being transformed more and more into the image of He who created us. Just as you are not the same person today as you were yesterday, all of your saved friends are also not the same person today as they were yesterday. 

 

Thank You, Father, for today’s Word. You are the great Creator and Healer. You, and You alone are God. Thank you for healing us. Thank you for salvation. Thank you for restoring us more and more back into the image of You. And thank you for healing our spiritual blindness too. Father, please help us to see others not like Pharisees see them, but how You truly see them. We are all sinners saved by Your grace. Although we were all restored, we know that our process of sanctification will take our entire lifetimes. Father, please give us the empathy to understand that all believers are going through the same process as us. We confess that we all have areas that are in need of restoration and healing. Lord, help us to continue to love others just as you love us. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.

閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書 5章 『主のさばきと憐れみ』 エレミヤ書5章も4章に続いてイスラエルのさばきについて預言している。 さばかれる理由は、公正を行い、真実を求める者がいないということである。でも、神は、一人でも公正を行い、真実を求める者がいたら、エルサレムを赦そう、と言われているのに、彼らは、主は生きておられる、と偽りの誓いをするのである。そして、悔い改めようとしないで、偶像を神としたり、姦淫をする国に、

エレミヤ書 4章 『厳しいながらも恵みの招き』 3章の22節の途中から、4章は始まっているとも言える。エレミヤの悔い改めの祈りだ。とても素直に心の内を吐露した祈りだ。 「今、私たちはあなたのもとに参ります。」(3:22抜粋)のエレミヤの悔い改めを受けて、神さまは語った。(4:1)、 「イスラエルよ、もし帰るのなら、わたしのもとに帰れ。」と。 神さまは、恵みの招きをしても良いと応答してくださったのだ