top of page
  • hccnichigo

2022年7月11日 ディボーション

ヨハネの福音書6章 『主が導かれる目的地』 「それで彼らは、イエスを喜んで舟に迎えた。すると、舟はすぐに目的地に着いた」(21)   弟子たちは、夕方になって舟に乗り込むと、湖畔を下ってカペナウムへと向かった。強風が吹く中、向こう岸へたどり着こうと漕ぎ出す弟子たちのところに、イエスは、湖の上を歩いて舟に近づいて来られた。それを見て恐れた弟子たちにイエスは、「わたしだ。恐れることはない」と言われた(16-20)。  湖の上を歩く奇跡は、マタイ14:22-34、マルコ6:45-51にも記述がある。興味深いのは、それぞれの舟が向かった先である。マタイは「向こう岸」とだけ書いてあり、マルコは「ベツサイダ」、ヨハネは「カぺナウム」とある。  しかし、着いた所は「ゲネサレの地」、つまり、予定していた目的地には着いていないことになる。それでも、マタイ、マルコ、ヨハネは、舟は「目的地」に着いた、と書いてある。  これは、自分たちが向かった地へは行けなかったが、主が向かわれた「向こう岸」が彼らの目的地となった、ということなのだろうと思った。   嵐の吹き荒れる湖で、舟は流されるままに漂い、ましてや人間の力で方向を変えることなど不可能な状況であった。しかし、そこにイエスが湖の上を歩いて近づいて来られた。それを見た弟子たちは恐れたが、イエスだと分かると恐れは喜びに変えられ、風も凪になり、舟はすぐに目的地に着いたのである。

 日常のいろいろなことに、心揺るがされ、自分で何とか希望する方向へ行こうと、一生懸命に舟を漕いでも、着く先は、主が示される「向こう岸」であり、それが主の与える目的地であると知るなら、主に舵を握っていただき、ただ主を信じて嵐に身を任せることも、主のみこころにかなう信仰なのではないかと思う。  強風に見舞われて、行く先が見えなくなっても、主が共にいてくださると信じるなら、必ず、目的地に着く。主を喜んでお迎えするなら、すぐに着くことを覚えたい。   祈り:愛する天のお父さま。どんな時も、あなたが共にいてくださり、私に代わって舟を漕いでくださることを、ありがとうございます。主の御手にあって、私の心がいつもおだやかでいることが出来ますよう、助けてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Comments


bottom of page