top of page
  • HCCnichigo

2022年6月6日 ディボーション

イザヤ書37章


『神のみわざに委ねよう』

 

「彼らはイザヤに言った。「ヒゼキヤはこう言っておられます。『今日は、苦難と懲らしめと屈辱の日です。子どもが生まれようとしているのに、それを産み出す力がないからです。」(3節)

 

 アッシリアの軍勢は、いよいよ迫り、遂にエルサレムを包囲した。ヒゼキヤは、自分たちの力ではどうすることもできない状況に対して、やっとその重い腰をあげてイザヤに伝令を遣わした。度重なるイザヤの警告に耳を貸さなかったヒゼキヤに対し、イザヤは預言者として主のことばをヒゼキヤに告げる(6:3、21:35)。

 

「子どもが生まれようとしているのに、それを産み出す力がない。」とは、母胎に子を生み出す力がないと、母子ともに死ぬ危険があったことから、危機的な状態にあることを意味するという(牧師の書斎より)。つまり、自分たちの力ではどうすることも出来ない状態、ということである。

 

 私たちも、自分の力ではどうすることも出来ない状態を経験することがある。クリスチャンであろうと、なかろうと、そのような状態に陥った時、誰しもが神に祈りを捧げることしか、出来ないことに気づかされる。

 

 しかし、自分の力ではどうすることも出来ない、のはごく自然なことであるということを覚えたい。なぜなら私たちは、神に造られたもの、だからである。

 

 私たちは自分で生まれてくることも、自分で死ぬこともできない。自分で時間を進めることも、止めることもできない。私たちは、ただ神から与えられたものの中でしか、この地上で生きる術はないのである。然もそれらは、「負いやすく、その荷は軽い」(マタイ11:30要約)のである。

 

 自分の力ではどうすることも出来ない、という事実に直面したなら、神はそれをすでにご存じであること、そして、そのくびきは負いやすく、荷は軽いことを確信し、神の偉大なる力より、自らの力を信じようとした不信仰を悔い改め、主に立ち返ることである。

 

「それゆえ、アッシリアの王について、主はこう言われる。『彼はこの都に侵入しない。また、ここに矢を放たず、これに盾をもって迫らず、塁を築いてこれを攻めることもない。彼は、もと来た道を引き返し、この都には入らない‐主のことば‐。わたしはこの都を守って、これを救う。わたしのために、わたしのしもべダビデのために。』」(33-35節)。


 神の子どもである私たちは、このように神が守っていてくださっていることを覚えて、心に平安をいただこう。

 

祈り:愛する天の父なる神さま。自分のわざではなく、あなたのみわざを信じ、すべてを委ねることができますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page