2022年6月6日 ディボーション

イザヤ書37章


『神のみわざに委ねよう』

 

「彼らはイザヤに言った。「ヒゼキヤはこう言っておられます。『今日は、苦難と懲らしめと屈辱の日です。子どもが生まれようとしているのに、それを産み出す力がないからです。」(3節)

 

 アッシリアの軍勢は、いよいよ迫り、遂にエルサレムを包囲した。ヒゼキヤは、自分たちの力ではどうすることもできない状況に対して、やっとその重い腰をあげてイザヤに伝令を遣わした。度重なるイザヤの警告に耳を貸さなかったヒゼキヤに対し、イザヤは預言者として主のことばをヒゼキヤに告げる(6:3、21:35)。

 

「子どもが生まれようとしているのに、それを産み出す力がない。」とは、母胎に子を生み出す力がないと、母子ともに死ぬ危険があったことから、危機的な状態にあることを意味するという(牧師の書斎より)。つまり、自分たちの力ではどうすることも出来ない状態、ということである。

 

 私たちも、自分の力ではどうすることも出来ない状態を経験することがある。クリスチャンであろうと、なかろうと、そのような状態に陥った時、誰しもが神に祈りを捧げることしか、出来ないことに気づかされる。

 

 しかし、自分の力ではどうすることも出来ない、のはごく自然なことであるということを覚えたい。なぜなら私たちは、神に造られたもの、だからである。

 

 私たちは自分で生まれてくることも、自分で死ぬこともできない。自分で時間を進めることも、止めることもできない。私たちは、ただ神から与えられたものの中でしか、この地上で生きる術はないのである。然もそれらは、「負いやすく、その荷は軽い」(マタイ11:30要約)のである。

 

 自分の力ではどうすることも出来ない、という事実に直面したなら、神はそれをすでにご存じであること、そして、そのくびきは負いやすく、荷は軽いことを確信し、神の偉大なる力より、自らの力を信じようとした不信仰を悔い改め、主に立ち返ることである。

 

「それゆえ、アッシリアの王について、主はこう言われる。『彼はこの都に侵入しない。また、ここに矢を放たず、これに盾をもって迫らず、塁を築いてこれを攻めることもない。彼は、もと来た道を引き返し、この都には入らない‐主のことば‐。わたしはこの都を守って、これを救う。わたしのために、わたしのしもべダビデのために。』」(33-35節)。


 神の子どもである私たちは、このように神が守っていてくださっていることを覚えて、心に平安をいただこう。

 

祈り:愛する天の父なる神さま。自分のわざではなく、あなたのみわざを信じ、すべてを委ねることができますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書 5章 ベテスダの池で病人に声をかけられるイエス。「良くなりたいか。」6節 (一部抜粋) イエスさまが、エルサレムに上ってこられた時にベテスダと呼ばれる癒しの池で38年間も病に苦しんできた人を癒やした時の、イエスさまと病んでいる人との会話に考えさせられた。 「イエスは彼が横になっているのを見て、すでに長い間そうしていることを知ると、彼に言われた。「良くなりたいか。」病人は答えた。「主

イザヤ書66章 『終末での出来事』 イザヤ書の最後となったこの66章を読み比べると、聖書全体の締めくくりの66巻目である黙示録の臭いがする。 22節「わたしが造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くのと同じように、ー主のことばー あなたがたの子孫とあなたがたの名もいつまでも続く。」 ここには黙示録と同じように新天新地が示されていますが、ここでの対象は黙示録のように全ての人ではなく、限ら

イザヤ書65章 『わたしはここだ』 「わたしを尋ねなかった者たちに、わたしは尋ね求められ、わたしを探さなかった者たちに、わたしは見出された。わたしの名を呼び求めなかった国民に向かって、『わたしはここだ、わたしはここだ』と言った。」(1) 1節にある「わたしを尋ねなかった者たち」「わたしを探さなかった者たち」と「わたしの名を呼び求めなかった国民」とは、異邦人のことである。イスラエルの民が神に逆らい続