2022年6月5日 ディボーション

イザヤ書 36章


 アッシリアがユダに侵入した時のことが述べられている。

 アッシリアの王センナケリブが将軍ラブ ・シャケをエルサレムに遣わして、エルサレムの3人の高官達(宮廷長官のエルヤキム、書記官のシェブナ、史官のヨアフ)に対する勧告が物々しく語られているのである。3つのことが告げられている。

  1. エジプトに頼っても裏切られるだけだ。

  2. おまえたちの神に頼っても、われらの一人の総督さえも撃退できないだろう。主が私に「この国に攻め上って、これを滅ぼせ」と言われたのだ。

  3. ヒゼキヤ王を信じるな。彼は、主が救い出してくださると言っているが、今までアッシリア王の手から民を救い出した神などどこにもいない。降伏すれば安全な国に連れて行って、平和に暮らせるようにしてやる。

 ラブ ・シャケという将軍の舌は、完全にサタンの虜になっていたのだろう。これも神の摂理の中にあったのだろうかと思わされた。

 1番目の、エジプトに頼るということは、他国に頼ることほど危険なものはないということである。それは、確かに一理あると思う。

 だが、2番目は、主への信頼を崩すために勝手に主の御名を用いるという策略である。


「あなたは、あなたの神、主の名をみだりに口にしてはならない。主は、主の名をみだりに口にする者を罰せずにはおかない。」出エジプト記 20:7


 自分の都合で主の名をみだりに口にするということは、決して、やってはいけないことである。主のさばきが必ず待っているから。私達にも主の教訓として大いに注意すべきことである。

 そして、3番目は、自国の王に対して不信感をもたせ、自分達がお前たちを幸せにできるんだということを思わせているのである。

 3人の高官達は大変な侮辱を虐げられたと思う。でも、彼らは、じっと耐えてことばをかえさなかった。なぜならヒゼキヤ王の命令で、「彼に答えるな。」と言われていたからだった。この三人の高官達は実によく耐え抜いてきたと思う。彼らの行動から、よきしもべは、よきリーダーによって成り立っていくものであるということが示された。私達クリスチャンのリーダーは、最も信頼できるただ一人のお方、イエス様である。この方の教えに従っていくことこそ、私達が神の子として練られた品性に変えられていくことにつながっていくことである。


祈り

愛する天の父なる神さま。

あなただけがただ一人の神です。自分の都合であなたの御名をみだりに口にすることがないように導いてください。今日もあなたのみ教えに目を留めさせてくださってありがとうございます。「私の目を開いてください。私が目を留めるようにしてください。あなたのみおしえのうちにある奇しいことに。」詩篇 119:18

感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン


閲覧数:26回

最新記事

すべて表示

イザヤ書66章 『終末での出来事』 イザヤ書の最後となったこの66章を読み比べると、聖書全体の締めくくりの66巻目である黙示録の臭いがする。 22節「わたしが造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くのと同じように、ー主のことばー あなたがたの子孫とあなたがたの名もいつまでも続く。」 ここには黙示録と同じように新天新地が示されていますが、ここでの対象は黙示録のように全ての人ではなく、限ら

イザヤ書65章 『わたしはここだ』 「わたしを尋ねなかった者たちに、わたしは尋ね求められ、わたしを探さなかった者たちに、わたしは見出された。わたしの名を呼び求めなかった国民に向かって、『わたしはここだ、わたしはここだ』と言った。」(1) 1節にある「わたしを尋ねなかった者たち」「わたしを探さなかった者たち」と「わたしの名を呼び求めなかった国民」とは、異邦人のことである。イスラエルの民が神に逆らい続

イザヤ書63章 『待ち望め主を!』 あと少しで、難解だったイザヤ書通読が終わる。ちんぷんかんぷんで、解説書を読んでも旧約の歴史を我が事のように思えなくて投げ出したくなった。イエスさま預言だけ、拾い読みしているフシもあった。 でも後半になって、警告や裁きや滅亡の預言だけでなく、その後の希望や慰めが語られ始めると、みことばを自分ごととして受け取れるようになった。現金なものである。 そして気がついた。イ