2022年6月3日 ディボーション

イザヤ書 34章


 神様は、「主の復讐の日」にエドムを大虐殺する。エドムとは、エサウの子孫の総称。創世記25章で、エサウは迂闊にも、双子の弟ヤコブに長子の権利を売ってしまう。そのことでエサウは弟ヤコブを恨み続け、殺意を抱く。

 エドムのことは、オバデヤ書にも書かれている。

「おまえの兄弟、ヤコブへの暴虐のために、恥がおまえをおおい、おまえは永遠に断たれる。」(オバデヤ10節)

 弟ヤコブの子孫は、神に選ばれた民イスラエルとなり、兄エサウの子孫は、神に背く民エドムとなる。

 神様はエドムを聖絶すると定め、むごい方法で滅ぼす。エドムは廃墟と化した地となり、人が住めなくなって荒れ果てる。


 エドムは、私たちの姿でもある。

 世の中には、乱暴で冷酷、荒々しい振る舞いで人を苦しめる人間がいる。そのような暴虐な人間を恨み、復讐心に燃え、いつまでも敵対しつづける人間がいる。

 どちら側の人間も正しくない。愛のない高慢な生き方は、決して人を幸せにしない。人を裁く者は、神に裁かれる。その存在が成り立たなくなる日がやって来る。

 悪行・悪心の行き着く先は、エドムの地と同じく、破滅である。私たち神の家族は、エドムのようになってはいけない。 

 私たちには、信条や国家、民族や習俗を問わず、あらゆる人々と平和に仲良く暮らせるように努力する責任がある。天の父が、それを切に望んでおられるのだから。

 復讐ではなく、和を結ぶ者であるためには、どうすればいいのだろう。

「主の書物を調べて読め。」(16節抜粋)


 どのように生きればよいかがわからない時、愛せない時、赦せない時、私たちの主に尋ね求めよう。神様は、きっと答えてくださる。

「求めなさい。そうすれば、与えられます。探しなさい。そうすれば見出します。たたきなさい。そうすれば開かれます。」(マタイ7章7節)


 愛する天のお父様。みことばを感謝します。私たちが人生に迷ったとき、復讐の道ではなく、愛をもって隣人を赦し、人を喜ばせる道を選択することができますように。私たち人類が正しい道に向かって歩むことができますように。

 主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書 5章 ベテスダの池で病人に声をかけられるイエス。「良くなりたいか。」6節 (一部抜粋) イエスさまが、エルサレムに上ってこられた時にベテスダと呼ばれる癒しの池で38年間も病に苦しんできた人を癒やした時の、イエスさまと病んでいる人との会話に考えさせられた。 「イエスは彼が横になっているのを見て、すでに長い間そうしていることを知ると、彼に言われた。「良くなりたいか。」病人は答えた。「主

イザヤ書66章 『終末での出来事』 イザヤ書の最後となったこの66章を読み比べると、聖書全体の締めくくりの66巻目である黙示録の臭いがする。 22節「わたしが造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くのと同じように、ー主のことばー あなたがたの子孫とあなたがたの名もいつまでも続く。」 ここには黙示録と同じように新天新地が示されていますが、ここでの対象は黙示録のように全ての人ではなく、限ら

イザヤ書65章 『わたしはここだ』 「わたしを尋ねなかった者たちに、わたしは尋ね求められ、わたしを探さなかった者たちに、わたしは見出された。わたしの名を呼び求めなかった国民に向かって、『わたしはここだ、わたしはここだ』と言った。」(1) 1節にある「わたしを尋ねなかった者たち」「わたしを探さなかった者たち」と「わたしの名を呼び求めなかった国民」とは、異邦人のことである。イスラエルの民が神に逆らい続