2022年6月26日 デイボーション

イザヤ書 57章


「義人、誠実な人、砕かれた人、へりくだった人は平安を得る。」


「義人は滅びるが、心に留める者はいない。誠実な人は取り去られるが、気づく者はいない。義人は、わざわいを前にして取り去られる。その人は平安に入り、まっすぐに歩む人は、自分の寝床で休むことができる。」1節、2節


 この箇所を読んでいて、現在の私達の周りで起こっていることに気づかされた。

義人や誠実な人は、貧乏くじを引かされていることにたとえられるのではないだろうか。会社でコツコツ働いている誠実な人が、ある時、だれかの陰謀の濡れ衣を着せられて退職させられてしまう。真実を知っている同僚は心に留めようとせずに、又は、気づこうとさえしないのである。これが、現実の世界である。でも、1節と2節では神の慰めが述べられている。たとえ人々が心に留められなくても、人々が気づかなくても、心に留めてくださる方がおられる。それが、神である。義人はわざわいから取り去られて、平安に入るということである。しかし、神は、悪しき者は荒れ狂う海のようで、鎮まることができず、平安がないと言われているのである。


 私達が日々平安に寝床で休むことができるのは、15節のみことばで語られているそのものではないだろうか。

「いと高くあがめられ、永遠の住まいに住み、その名が聖である方が、こう仰せられる。

「わたしは、高く聖なる所に住み、砕かれた人、へりくだった人とともに住む。へりくだった人たちの霊を生かし、砕かれた人たちの心を生かすためである。」」


 神の前にへりくだり、砕かれた人になったら、高く聖なる所に住まわれておられる神が、

へりくだり、砕かれた人とともに住むと言われるのだ。神の前に、私たちがへりくだり、砕かれた心を明け渡すことである。


「神へのいけにえは 砕かれた霊。打たれ 砕かれた心。神よ あなたはそれを蔑まれません。」詩篇51:17



愛する天の父なる神さま。

私達が日々平安に休むことができるように、常に、あなたの前に、へりくだり、砕かれた心を持つことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書 5章 ベテスダの池で病人に声をかけられるイエス。「良くなりたいか。」6節 (一部抜粋) イエスさまが、エルサレムに上ってこられた時にベテスダと呼ばれる癒しの池で38年間も病に苦しんできた人を癒やした時の、イエスさまと病んでいる人との会話に考えさせられた。 「イエスは彼が横になっているのを見て、すでに長い間そうしていることを知ると、彼に言われた。「良くなりたいか。」病人は答えた。「主

イザヤ書66章 『終末での出来事』 イザヤ書の最後となったこの66章を読み比べると、聖書全体の締めくくりの66巻目である黙示録の臭いがする。 22節「わたしが造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くのと同じように、ー主のことばー あなたがたの子孫とあなたがたの名もいつまでも続く。」 ここには黙示録と同じように新天新地が示されていますが、ここでの対象は黙示録のように全ての人ではなく、限ら

イザヤ書65章 『わたしはここだ』 「わたしを尋ねなかった者たちに、わたしは尋ね求められ、わたしを探さなかった者たちに、わたしは見出された。わたしの名を呼び求めなかった国民に向かって、『わたしはここだ、わたしはここだ』と言った。」(1) 1節にある「わたしを尋ねなかった者たち」「わたしを探さなかった者たち」と「わたしの名を呼び求めなかった国民」とは、異邦人のことである。イスラエルの民が神に逆らい続