top of page
  • hccnichigo

2022年6月26日 デイボーション

イザヤ書 57章


「義人、誠実な人、砕かれた人、へりくだった人は平安を得る。」


「義人は滅びるが、心に留める者はいない。誠実な人は取り去られるが、気づく者はいない。義人は、わざわいを前にして取り去られる。その人は平安に入り、まっすぐに歩む人は、自分の寝床で休むことができる。」1節、2節


 この箇所を読んでいて、現在の私達の周りで起こっていることに気づかされた。

義人や誠実な人は、貧乏くじを引かされていることにたとえられるのではないだろうか。会社でコツコツ働いている誠実な人が、ある時、だれかの陰謀の濡れ衣を着せられて退職させられてしまう。真実を知っている同僚は心に留めようとせずに、又は、気づこうとさえしないのである。これが、現実の世界である。でも、1節と2節では神の慰めが述べられている。たとえ人々が心に留められなくても、人々が気づかなくても、心に留めてくださる方がおられる。それが、神である。義人はわざわいから取り去られて、平安に入るということである。しかし、神は、悪しき者は荒れ狂う海のようで、鎮まることができず、平安がないと言われているのである。


 私達が日々平安に寝床で休むことができるのは、15節のみことばで語られているそのものではないだろうか。

「いと高くあがめられ、永遠の住まいに住み、その名が聖である方が、こう仰せられる。

「わたしは、高く聖なる所に住み、砕かれた人、へりくだった人とともに住む。へりくだった人たちの霊を生かし、砕かれた人たちの心を生かすためである。」」


 神の前にへりくだり、砕かれた人になったら、高く聖なる所に住まわれておられる神が、

へりくだり、砕かれた人とともに住むと言われるのだ。神の前に、私たちがへりくだり、砕かれた心を明け渡すことである。


「神へのいけにえは 砕かれた霊。打たれ 砕かれた心。神よ あなたはそれを蔑まれません。」詩篇51:17



愛する天の父なる神さま。

私達が日々平安に休むことができるように、常に、あなたの前に、へりくだり、砕かれた心を持つことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page