top of page
  • hccnichigo

2022年6月22日 デイボーション

イザヤ書 53章


十字架の預言


 私の聖書のイザヤ書53章を開いたら、赤い色の鉛筆と黄色のマーカーでびっしりとマークされている。鉛筆でいろいろと書き込まれている。そこは、とても大事な箇所であるということを私自身への学びとしてしるしたのである。できればこの53章は通り越したいところである。イエスさまの十字架のことが赤裸々に述べられていて、とても悲しくなる。でも、私達クリスチャンはどのようなことがあっても、イエスさまの十字架から目をそらしてはいけないのだ。イエスさまが、私たち人類の罪からの救いのために自らを十字架に架かられて死なれた証しだから。そればかりか、イエスさまは、今も父なる神の右の座におられ、私たちのためににとりなしをしてくださっているのである。このことをしっかりと受け止めて、まだイエスさまを知らない多くの人々に語り告げていくことである。


 53章のすべては、イエスさまの福音が書かれている。今回のデイボーションで特に心に響いたのは、4節から6節のみことばであった。

「まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みを担った。それなのに、私たちは思った。神に罰せられ、打たれ、苦しめられたのだと。しかし、彼は私たちの背きのために刺され、私たちの咎のために砕かれたのだ。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、その打ち傷のゆえに、私たちは癒された。私たちはみな、羊のようにさまよい、それぞれ自分勝手な道に向かって行った。しかし、主は私たちすべての者の咎を彼に負わせた。」

 イザヤは、ここで「私たち」ということばを9回も愛唱している。9という数字は完全数である。イザヤは、彼(イエスさま)の死は「私たち」が死に追いやったのだ、ということを強調したかったのだろう。自分自身に語られているようで本当に「ごめんなさい」とひれ伏し、叫びたくなる衝動にかられる。


 だが10節では、父なる神の御心があらわされている。

「しかし、彼を砕いて病を負わせることは主のみこころであった。彼が自分のいのちを代償のささげ物とするなら、末長く子孫を見ることができ、主のみこころは彼によって成し遂げられる。」

 イエスさまがご自分のいのちを代償にささげ物としてくださったので、私たちはこの世に生をうけ、末長く子孫を見ることができるようになったのだ。それは、父なる神さまと子なるイエスさまとのかかわりが愛と信頼で結ばれていなければこのことはできなかっただろう。私たちにもあてはまることではないだろうか。愛と信頼関係がなければ、親子や友情でも壊れていくものである。



祈り

愛する天の父なる神さま。あなたの御名をほめたたえます。

イザヤ書53章は旧約の新約とまでいわれて、そのころからイエスさまのことが語られていたこと、すべてがあなたの御心であったことに感謝します。私たちの罪のためにご自身のひとり子をお与えになったほどに世を愛してくださったことに感謝します。この神の愛を知らない多くの人々に伝えていくことができますように、私達を用いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comentarios


bottom of page