2022年6月20日 ディボーション 

イザヤ書51章


『あなたは私の民だ』

 

「わたしはあなたの神、主。海をかき立て、波をとどろかせる。その名は万軍の主。わたしのことばをあなたの口に置き、この手の陰にあなたをかばい、天を置き、地の基を定め、『あなたはわたしの民だ』とシオンに言う。」(15‐16節)

 

 私たちを守り、愛してくださる神、という存在を信じないなら、誰が守り、愛してくださると信じるのか。

 

 クリスチャンになる以前の私は、人の言葉を信じていた。親や姉妹、友人や会社の同僚など、仲が良ければ良いほどに、その関係が近ければ近いほどに、互いに傷つけ合う機会は増え、距離を置いた関係へと変化するが、時がすべてを解決するよ、とか、何とかなるよ、という言葉を信じていた。

 

 また私は、目に見える物だけ信じていた。見えない不確かなものより、見えるもの、特にお金に対する執着心はかなりあった。お金は私に安心を与えてくれたし、お金は私を裏切らない、と信じていた。

 

 そして、私は自分自身を信じていた。自分以外で信じ、頼れる者はいないと確信していた。どんな状況にあっても、まるで暗示をかけるように、ひたすら自分を信じた。

 

 しかし、それらが私を愛したり、守ったりはしてはくれないことも、心のどこかでは気付いていた。だから、絶望しないために、お酒を飲んだり、友人たちとふざけ合って、自分をごまかしながら生きていた。

 

 昔教会で、マスクを外そう、という学びに参加したことがある。人はだれしも知らず知らずのうちに仮面をかぶり、本当の自分をその仮面の下に隠して生きているという。確かに、イエスというお方に出会うまでの私は、仮面を付けて生きていた。いや、たぶん、今でも、状況によっては仮面を付けていることがある。

 

 この仮面は、いわゆる建前と本音を分けるという日本人特有の性格が、私の中にも深く根付いているということである。どれだけ神のみことばを学ぼうとも、拭いきることのできない性格である。

 この性格は、日本人を表す最も顕著な性格であるらしい。英語に訳してもそのまま「Honne to Tatemae」と表現され、日本人は感情と行動が一致しない人種であることを世界の人たちは知っている。だから日本人と交渉する際は、まず建前から入って、その後徐々に妥協点を埋めていくといった方法がとられるという。

 

 しかし、すべてを創造された全知全能なる神はご存じである。仮面の下にいる本当の自分を神は知ってくださり、そして愛してくださっている。そして「あなたはわたしの民だ」と宣言し、今日も励ましてくださる。

 

「義を知る者たちよ、わたしに聞け。心にわたしのおしえを持つ民よ、人のそしりを恐れるな。彼らの、ののしりにくじけるな。」(7節)

 

「わたし、わたしこそ、あなたがたを慰める者。あなたは何者なのか。死ななければならない人間や、草にも等しい人の子を恐れるとは。」(12節)

 

祈り:愛する天のお父さま。御名をあがめます。あなたのみことばに感謝いたします。この世と調子を合わせて生きていこうと、知らず知らずの間に仮面を付けている自分がいます。どうか、あなたのみことばによって目覚め、あなただけを恐れて生きていくことができますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

イザヤ書66章 『終末での出来事』 イザヤ書の最後となったこの66章を読み比べると、聖書全体の締めくくりの66巻目である黙示録の臭いがする。 22節「わたしが造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くのと同じように、ー主のことばー あなたがたの子孫とあなたがたの名もいつまでも続く。」 ここには黙示録と同じように新天新地が示されていますが、ここでの対象は黙示録のように全ての人ではなく、限ら

イザヤ書65章 『わたしはここだ』 「わたしを尋ねなかった者たちに、わたしは尋ね求められ、わたしを探さなかった者たちに、わたしは見出された。わたしの名を呼び求めなかった国民に向かって、『わたしはここだ、わたしはここだ』と言った。」(1) 1節にある「わたしを尋ねなかった者たち」「わたしを探さなかった者たち」と「わたしの名を呼び求めなかった国民」とは、異邦人のことである。イスラエルの民が神に逆らい続

イザヤ書63章 『待ち望め主を!』 あと少しで、難解だったイザヤ書通読が終わる。ちんぷんかんぷんで、解説書を読んでも旧約の歴史を我が事のように思えなくて投げ出したくなった。イエスさま預言だけ、拾い読みしているフシもあった。 でも後半になって、警告や裁きや滅亡の預言だけでなく、その後の希望や慰めが語られ始めると、みことばを自分ごととして受け取れるようになった。現金なものである。 そして気がついた。イ