top of page
  • hccnichigo

2022年6月2日  ディボーション

イザヤ書33章


 “The Fear of the Lord is Our Treasure”

「主を畏れることは私たちの宝」 

 

 イザヤ書33章では、まず、イザヤの否定しがたいフラストレーションが読み取れます。預言者イザヤは、大変な激動の時代にその預言を伝えました。

 この時代はイスラエルがアッシリヤとバビロニアからほとんど絶え間ない支配を受けていた時代です。さらに悪いことに、イスラエルは二つの王国に分裂していただけでなく、この二つの王国は非常に不道徳で賢明でない王たちの支配下にあったのです。

 最初の節は、イスラエルが裏切られたことを告げています。イスラエルが誰に裏切られたかははっきりしませんが、いくつかの可能性しかないことは分かっています。それはアッシリア人であったかもしれません。ヒゼキヤ王はアッシリヤの王に身代金を払って攻撃を中止させましたが、無駄だったということが分かっています。また、イスラエルは、エジプトと同盟を結ぼうとしましたが、うまくいきませんでした。イスラエル人が誰に裏切られたかは分かりませんが、一つだけ確かなことは、イスラエルは自分たちの神ではなく、他の国に信頼を置いたということです。

  

 2節には、次のように書かれています。「主よ、あわれんでください。私たちはあなたを待ち望みます。朝ごとに私たちの腕となり、苦難の時の、私たちの救いとなってください。」(2節, 聖書 新改訳2017)。「主はいと高き方で、高い所に住み、シオンを公正と義で満たされる」(5節, 聖書 新改訳2017)。

 これらの箇所から得られる重要なことは、私たちは忍耐強く、神がその時に、その方法で行動されるのを待たなければならないということです。唯一の真の神の息子や娘として、私たちはいかなる人間やその組織にも信頼を置くことはできないのです。

 人間の制度は、その堕落した性質上、すべて不足し、遅かれ早かれ失望するものです。私たちは、堕落の影響を受けているいかなる制度にも信頼を置くことはできません。私たちの唯一の希望は神です。神だけが永遠に真実です。

 明日についての唯一の保証は、神がそこにおられるということです。預言者イザヤが宣言したように。私たちの宝物は主を畏れることです。私たちの主は、知恵と知識の唯一の真実で信頼できる源です。そして最後に、私たちの救いは、主イエス・キリストによってのみ与えられるのです。

 

 父なる神さま、本日の御言葉を感謝します。あなただけが私たちの救いであり、希望です。私たちの本当の宝物は主であることをもう一度教えてくださってありがとうございます。

 主よ、あなたは私たちのすべての源です。私たちが持っているもの全て、私たちの存在さえも、主よ、あなたからのものなのです。私たちが必要とする全てのものは、あなたから与えられます。

 父なる神さま、私たちの信仰の中で欠けている部分が成長するように助けてください。父なる神さま、私たちはしばしば不真実ですが、あなたが真実であることを私たちは知っています。私たちがあなたと永遠に過ごすことができるように、あなたの御子イエスを私たちのために遣わしてくださったことを感謝します。この堕落した世界に和解と癒しをもたらした御子の血潮に感謝します。

 父なる神さま、救いを感謝します。あなたの御霊で私たちを導き、あなたの道を教えてください。その御霊によって私たちの目を、耳を、心を開いてあなたの真理を受け入れることができるようにしてください。

 父なる神さま、ありがとうございます。父なる神さま、私たちはあなたを愛しています。アーメン。

 

In Isaiah 33, we start off the chapter by reading what is undeniable frustration on Isaiah’s part. The prophet Isaiah delivered his oracles in very turbulent times. These were times when Israel was subjected to almost constant from the Assyrians and Babylonians. What makes things worse is that not only was Israel divided into two kingdoms, but these two kingdoms were also under the rule of most very ungodly and unwise kings. What the first verse signals is that Israel was betrayed. We don’t know for sure by whom Israel was betrayed, but we do know that there were only a small number of possibilities. It could have been the Assyrians. We know that King Hezekiah paid the king of Assyria a ransom to break off his attack but to no avail. We also know that Israel attempted to form an alliance with the Egyptians that amounted to nothing. Although we may never know exactly by whom the Israelites were betrayed, one thing is certain: Israel placed their trust in another nation rather than in their own God.

 

Verse 2 goes on to say: “O Lord, be gracious to us; we wait for you. Be our arm every morning, our salvation in the time of trouble” (v. 2, ESV). The first section of Isaiah 33 climaxes in the words: “The Lord is exalted, for he dwells on high; he will fill Zion with justice and righteousness, and he will be the stability of your times, abundance of salvation, wisdom, and knowledge; the fear of the Lord is Zion’s treasure” (v. 5, ESV). Indeed, a key takeaway from these passages is that we must be patient and wait for God to act in His time and in His way. As sons and daughters of the one true God, we cannot place our faith in any humans or their institutions. By their fallen nature, all human institutions will fall short and sooner or later disappoint. We cannot place our faith in any institution that is subject to the Fall. Our only hope is God. Only God is eternally faithful. The only guarantee about tomorrow is that God will be there. As the prophet Isaiah declared: Our treasure is the fear of the Lord. Our Lord is the only true and dependable source of wisdom and knowledge. And lastly, salvation is only through the Lord; our Lord Jesus Christ.

 

Thank You, Father, for today’s Word. You and You alone are our salvation and our hope. Thank You for showing us once again that our true treasure is You, Lord. You are our portion, Lord. Everything that we have, even our very existence is from You, Lord. You are all that we need. Please, Father, help us to grow in the areas of our faith where we lack. Father, although we are often unfaithful, we know that You are faithful. Thank you for sending Your Son Jesus to us so we can now spend all eternity with You. Thank You for the blood of Your son that brought reconciliation and healing in this fallen world. Thank You, Father, for Salvation. Please lead us with Your Spirit and teach us Your ways. Let that same Spirit keep our eyes, ears, and hearts open and receptive to Your truth. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Commenti


bottom of page