2022年6月19日 ディボーション

イザヤ書 50章


従順な弟子


 50章は、イザヤの神への従順な弟子としての働きが示された。


「神である主は、私に弟子の舌を与え、疲れた者をことばで励ますことを教え、朝ごとに私を呼び覚まし、私の耳を呼び覚まして、私が弟子として聞くようにされる。」4節

「神である主は私の耳を開いてくださった。私は逆らわず、うしろに退きもせず、」5節

「打つ者に背中を任せ、ひげを抜く者に頬を任せ、侮辱されても、唾をかけられても、顔を隠さなかった。」6節


 神である主は、イザヤに弟子の舌を与えられた。舌とは、ことばをあらわす働きである。

 その舌によって、疲れた者をことばで励ますことを教えられた。さらに、神である主は、

イザヤの耳を開いてくださった。耳を開く、とは神のみことばを聞くことである。ローマ人への手紙10章17節に「ですから、信仰は聞くことから始まります。聞くことは、キリストについてのことばを通して実現するのです。」と書かれている。聞くことは大切なことであるが、それ以上に、みことばを通して主と人格的な交わりを持つことはもっと重要である。ここでは、神の御声を聞くだけでなく、たとえ苦難に出会った時でも、主を信頼して、喜んで従って行くことであり、又、あと戻りは許されないということである。

 イザヤがこうまでして大胆に神のしもべとして、民に語ることができたのは、主の助けがあると信頼していたからである。神のしもべとして従順につかえてきたからである。

 従順につかえるということを思った時に、やはりイエスさまのことを忘れてはいけないことだろう。パウロは、ピリピ人への手紙2章6節から11節でイエスさまをほめたたえている。


「キリストは、神の御姿であられるのに、神としてのあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を空しくして、しもべの姿をとり、人間と同じようになられました。人としての姿をもって現れ、自らを低くして、死にまで、それも十字架の死にまで従われました。それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名を与えられました。それは、イエスの名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが膝をかがめ、すべての舌が

「イエス・キリストは主です」と告白して、父なる神に栄光を帰するためです。」



祈り

愛する天の父なる神さま。御名を心からほめたたえます。

私たちを朝ごとに呼び覚まし、あなたのみことばを聞き続けることができますように、そして、苦しみの中にいても他者を励ますことができるように導いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:44回

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書 5章 ベテスダの池で病人に声をかけられるイエス。「良くなりたいか。」6節 (一部抜粋) イエスさまが、エルサレムに上ってこられた時にベテスダと呼ばれる癒しの池で38年間も病に苦しんできた人を癒やした時の、イエスさまと病んでいる人との会話に考えさせられた。 「イエスは彼が横になっているのを見て、すでに長い間そうしていることを知ると、彼に言われた。「良くなりたいか。」病人は答えた。「主

イザヤ書66章 『終末での出来事』 イザヤ書の最後となったこの66章を読み比べると、聖書全体の締めくくりの66巻目である黙示録の臭いがする。 22節「わたしが造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くのと同じように、ー主のことばー あなたがたの子孫とあなたがたの名もいつまでも続く。」 ここには黙示録と同じように新天新地が示されていますが、ここでの対象は黙示録のように全ての人ではなく、限ら

イザヤ書65章 『わたしはここだ』 「わたしを尋ねなかった者たちに、わたしは尋ね求められ、わたしを探さなかった者たちに、わたしは見出された。わたしの名を呼び求めなかった国民に向かって、『わたしはここだ、わたしはここだ』と言った。」(1) 1節にある「わたしを尋ねなかった者たち」「わたしを探さなかった者たち」と「わたしの名を呼び求めなかった国民」とは、異邦人のことである。イスラエルの民が神に逆らい続