top of page
  • HCCnichigo

2022年6月17日 ディボーション

イザヤ書 48章


 神の民であるヤコブの子孫は、エジプトに来て群れ広がり非常に強くなった。それを恐れたエジプト人は、彼らに過酷な労働を課した。苦しむ民をエジプトから逃れさせたのは、「わたしは、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出したあなたの神、主である。」(出エジプト20:2)

 それにもかかわらず彼らは、エジプトを出て荒野にいるあいだ不平不満を言い、金の子牛を造って伏し拝んだ。

 信じて辛抱強く待つことができず、主を裏切り、自分勝手に計画を練って物事を進めようとした彼らは、後に、その頑なさゆえに捕囚の身となり、バビロンに強制移住させられてしまう。

 しかし主は、背き続ける彼らを絶ち滅ぼさなかった。なぜだろう。

「わたしのため、わたしのために、わたしはこれを行う。どうしてわたしの名が汚されてよかろうか。わたしの栄光を、ほかの者に与えはしない。」(11節)

 神の民ユダヤ人を絶滅させない理由は、神ご自身の名のため、神ご自身の栄誉のためだと言われる。

 そして神は、ペルシャの王キュロスを用いてユダヤ人を解放する。

「バビロンから出よ。カルデアから逃れよ。」(20節抜粋)

 ところが、神さまとの関係を修復させるためにバビロンから出てエルサレムに帰還した者はわずかだった。大多数は現状の安定した生活に満足し、変化を恐れ、そこに留まった。ここにも、神の命令に耳を傾けず、自分中心に歩もうとする人間の頑なさが垣間見られる。


 神さまが造られた世界に人間の罪が入ったことで、本来の天地創造の目的から外れてしまった。しかし神さまは、再び新しい天と地を造る計画を立てておられる。その世界とは、「神は人々とともに住み、人々は神の民となる。神ご自身が彼らの神として、ともにおられる。神は彼らの目から涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、悲しみも、叫び声も、苦しみもない。」(黙示録21:3抜粋)

 

 神ご自身の栄誉のために計画を成就させると言っておられるが、それは、人間にとっての幸福、平安、永遠の命が約束されているプランでもある。

「わたしはあなたの神、主である。わたしはあなたに益になることを教え、あなたの歩むべき道にあなたを導く。」(17節抜粋)

 私たちには、神によって再び造られる新しい世界へと通じる道が用意されている。その道を歩むべき私たちに「これを聞け」「わたしに聞け」「みな集まって聞け」「わたしに近づいて、これを聞け」、と繰り返し告げてくださる神さま。

 信仰は聞くことから始まる。

 しかし人間は、自分が望んでいる答えが返ってくれば素直に聞き、自分が望んでいる答えが返ってこなければ聞かない。自分が必要なときは受け入れ、必要でないときは退ける。自分中心主義で真実と正義をもたない口先だけの信仰は、人を堕落させ、不自由にし、正しい道から外れさせてしまう。

 そうならないために、神である主のことばを素直に聞く者でありたい。


 愛する天のお父様。あなたが語られたことが必ず成就すると信じる私たちが、頑なになることなく、どんな時でもあなたのことばに聞き従う者でいられますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:39回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page