top of page
  • HCCnichigo

2022年6月16日 ディボーション

イザヤ書47章


“God’s Judgement on Babylon“

 

 イザヤ書46章と同様に、イザヤ書47章は、預言者イザヤが生涯を終えた後の時代について預言しています。 

 イザヤは、エルサレムがアッシリアとバビロンの両方から包囲されていた時代に、エルサレムの地から預言しました。やがてエルサレムはバビロンの手によって陥落し、イスラエルの民はその地からバビロンに連れ去られることを預言しました。

 47章は、そのバビロンがやがてペルシャ帝国に滅ぼされることを預言しています。(第二歴代誌36:17-23に、これらの出来事が簡単に記されています)。

 かつて世界の頂点に立った大帝国バビロンは、「...土の上に座れ。」屈辱を受けるようになります(1-3節、2017新改訳)。

 神は、かつてご自分の民を怒ってバビロン人の手に渡したものの、民を捕らえた者たちはその力を乱用し、神の民を虐げたと宣告されました(6節)。バビロン人は自分たちを過信していました(7節)。バビロン帝国は自信過剰になり、自分たちを神と見なすようになりました。

 イザヤ書では、バビロンが自分自身で考えていたことを2回述べています。「私だけは特別だ。私はやもめにはならない。」(8節、10節,)。それに対して、その前の2つの章で神はご自身について次のように語っています。「私は主、ほかにはいない。」(イザヤ45:18)、「私は神である、ほかの者はいない、私のような者はいない。」(イザヤ46:9)。

 バビロンは神ではありません。バビロンは、自分たちに自信を持ち(8節)、知恵と知識に自信を持っていますが(10節)、神は、彼らが自身に対する自信に安心の根拠を置いていることが、彼らの破滅につながると宣言しているのです。

 

 私たちは、イザヤを通して語られたすでに成就した預言からどのように学ぶことができるでしょうか。私たちは、神のことばからそれらの永遠の真理を抽出する必要があります。

 それらの永遠の真理には、次のようなものがあります。1)神は人々が権力を乱用することを望まれない(6節)、2)神に隠されたものはなく、神はやがて真実を明らかにされる(3節)、3)神、そして神のみが我々の贖い主(4節)、4)神は高慢で自信家、快楽を愛する者を嫌う、5)神は自分を神にする者を嫌う(8節)、6)人間の知恵は失敗する(10節)、7)結局は神のみが救い出す(15節)、です。

 つまり、神の意志は、必ず実現するということです。神が宣言されたことは、必ず実現するのです。

 

 バビロニアでは、星や生け贄の動物の腸を研究して、未来を予言しようとして失敗したことが研究者によって明らかにされています。歴史家は、ギリシャ人が使ったホロスコープシステムが、バビロニア人が使ったものと同じシステムで、名前を代えたものであることを明らかにしています。興味深いことに、これは今日、クリスチャンでさえも多くの人々がホロスコープを読んで助言を求めているのと同じものでなのです。

 しかし、私たちはここで止まりません。現代人の多くは、祈りや御言葉を通して神に相談する前に、テクノロジーや人工知能など、いわゆる専門家に信頼を置いています。歴史家がよく歴史を研究するのは、歴史が繰り返されることをよく観察しているからです。

 実際、バビロニア人のように、現代の私たちの多くは、自給自足が可能であるという誤った認識を持って自らを誇りに思っています。しかし、神の言葉を信じる私たちは、私たちが気づいていようといまいと、私たちを支えてくださるのは神であることを知っています。

 神は宇宙とその中のすべてのものを創造されました。ということは、私たちも神によって創られたことになります。さらに、私たちが創造したと思っているものは、神がすでに創造したものを操作しているに過ぎない。私たちが発見した新しいものも、すべて神が創造したものであり、初めからあったものなのです。

 

 父なる神さま、今日のみことばをありがとうございます。あなた、そしてあなただけが神であり、あなたのようなお方はいません。

 あなたは宇宙とその中のすべてを創造されました。あなたは私たちさえも創造されました。

 神さま、あなたが私たちのために存在し、行ってくださるすべてのことを意識し続けることができるように助けてください。私たちはあまりにも頻繁に、自分の力で物事ができると誤って信じていることを告白します。私たちは、自分の力で物事を創造することができると誤って信じています。私たちは、自分の手で作った物や技術に誤って信頼を置いています。

 父なる神さま、私たちはあなたなしでは何もできません。父なる神さま、あなたなしには、私たちは何もできないのです。この真理を常に意識する謙虚な心を与えてください。

 また、私たちはかつて霊的に死んでいましたが、イエスの血によって、あなたは私たちを生き返らせてくださいました。

 父なる神さま、私たちの救いをありがとうございます。私たちはあなたを愛しています、父なる神さま。 

 

 

Similar to Isaiah 46, Isaiah 47 prophesies about a time that is beyond the prophet Isaiah’s lifetime. Isaiah prophesied from Jerusalem in the days when it was under siege from both Assyria and Babylon. Eventually, Jerusalem fell to Babylon and the Israelites were taken away from their land to Babylon. Isaiah 47 prophesies about Babylon’s fall to the Persian Empire. (2 Chronicles 36:17-23 gives a brief account of these events). Babylon, the great empire that once stood at the top of the world, will be brought down to “… sit in the dust” and humiliated (v.1-3). God declared that although He was once angry with His people and delivered them into the hands of the Babylonians, the captors of His people abused their power and were exceedingly hard on them (v.6). The Babylonians became overconfident in themselves (v.7) The Babylonian empire became so confident that they viewed themselves as god. Isaiah mentions 2 times of what Babylon thought to herself: “I am, and there is no one besides me” (v.8, 10). Let’s remember, God said something similar about Himself in the two previous chapters: “… I am the Lord, and there is no other” (Isaiah 45:18), “I am God, and there is no other; I am God, and there is none like me” (Isaiah 46:9). However, Babylon is not a god. Although Babylon remains confident in itself (V.8) and confident in its wisdom and knowledge (v.10), God declares that their objects of their security will be their downfall. 

 

Isaiah delivered an oracle that occurred after his lifetime but before ours. How can we learn from a prophecy that was not originally intended for us and was already fulfilled? We need to extract those eternal truths from God’s Word. Some of those timeless truths are: 1) God does not want people to abuse their power (v.6), 2) Nothing is hidden from God and He will eventually reveal the truth (v.3), 3) God, and He alone is our redeemer (v.4), 4) God detests the proud, self-confident, and lover of pleasures, 5) God detest those who make themselves god (v.8), 6) Man’s wisdom will fail (v.10), and 7) In the end, only God saves (v.15). In other words, God’s will, will be done. When God makes a declaration, it will happen.

 

Researchers have found that the Babylonians tried and failed to predict the future by studying the stars and the intestines of sacrificed animals. Historians reveal that the horoscope system used by the Greeks is the same system that the Babylonians used with substituted names. Interestingly this is the same horoscopes that many people, even Christians, seek advice from today by reading their horoscopes. But we do not stop here. Many people today place their faith in technology, artificial intelligence, and other so-called experts before consulting God through prayer or His Word. Historians often study history because they often observe that history repeats itself. Indeed, like the Babylonians, many of us today pride ourselves in our falsely perceived ability to be self-sustained. Those of us who trust is God’s Word, however, know that it is God who sustains us whether we realize it or not. God created the universe and everything inside it. Obviously, this means that God also created us. Furthermore, everything that we think we create is only a manipulation of what God already created. Everything new that we discover was also their from the beginning because God created it.

 

Thank You, Father, for today’s Word. You, and You alone are God, and there is no One like You. You created the universe and everything in it. You even created us. Please, God, help us to maintain an awareness of all that You are and do for us. We confess that way too often, we falsely believe that we can do things on our own. We falsely believe that we can create things on our own. We wrongfully place our faith in objects and technologies that are the works of our own hands. We can do nothing without You, Father. We are nothing without You, Father. Please give us a humble heart to be constantly aware of this truth. We were also once dead. Through the blood of Jesus, You brought us back to life. Thank You, Father, for our salvation. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.


閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page