top of page
  • hccnichigo

2022年6月15 日 ディボーション

イザヤ書46章


“God is God, and there is no other”


 イザヤ書46章は、しばしばイザヤ書45章14節からの続きとして読まれます。イザヤ書45章の後半は、基本的に神の救いの力について語られています。

 ここでも、イザヤがこの預言を伝えた文脈を忘れてはなりません。イザヤはバビロンに滅ぼされる前のエルサレムから預言しています。エルサレムはアッシリアとバビロンの両方から絶えず攻撃を受けていましたが、エルサレムはまだ持ちこたえていました。

 しかし、イザヤ書46章は、バビロンによるエルサレムの征服が終わりを告ようとする中での未来について預言です。神は預言者イザヤを通してこう宣言されました。「わたしは主、ほかにはいない。」(イザヤ45:18、新改訳2017)。

 イザヤ書46章は、偶像崇拝の無益さを指摘することから始まります。バビロンの偽りの神ベルとネボも倒され、その偶像礼拝に使用される像を持ち運ぶことは、彼らが捕囚として連れ去られるとき、偶像礼拝者の重荷になるでしょう(1〜2節)。

 しかし、神は、バビロンの神々のように、持ち運びが必要で、崇拝者に負担をかけるような方ではないと、人々に思い起こさせます。唯一の真の神である主は、ご自分の民を支え、救い出してくださいます(3〜4節)。

 神は再び、ご自分の民に、ご自分のような者は他にはいないことを思い起こさせてくださいます(5節)。

 偶像崇拝者への最後の訴えとして、神は再び彼らに念を押されます。「… わたしが神である。ほかにはいない。わたしのような神はいない。」(9節)。神は初めであり、終わりです(10節)。神はどこにでもおられます。神は万能である。神の意志は、必ず実現する(11節)。イエスは来られる(13節)。

 

 イエス·キリストの弟子として、私たちは皆、偶像崇拝が無益であることを認識しています。神は、御言葉を通して、いかなる偶像も造らず、ひれ伏させず、崇拝しないように命じておられます。

 もちろん、クリスチャンは、いかなる像やそのようなものにもひれ伏してはならないことをよく承知しています。しかし、現代人は、ベルやネボやバアルの像にひざまずく人は見かけなくなりましたが、私たちが注意しなければならないことは何なのでしょうか。

 現代では、「偶像」とは、私たちの生活の中で神の代わりをするものだと解釈されることが多いのです。神の代わりとは、人によっては、高級車、銀行口座、仕事、素敵な家、あるいは特定の人たちかもしれません。

 もし私たちが「誰を一番信頼し、頼りにしているか」と自問したら、どんな答えが返ってくるでしょうか。それは神でしょうか? それとも、1)配偶者、2)両親、3)メンター、4)お金、あるいは5)自分自身でしょうか。

 神は私たちに思い出させてくれるのです。「わたしは神である。ほかにはいない。」(9節)。神は、宇宙を創られ、私たちを創られたのです。また、イザヤ書46章では、私たちを支え、守ってくださるのも神であることを思い起こさせてくれます。

 

 父なる神さま、今日も御言葉をありがとうございます。あなたは神であり、あなたのような方は他にはいません。私たちはあなた以外の誰にも頼ってはいけない、自分自身にも頼ってはいけないということを思い出させてくださることを感謝します。

 私たちはあなたに、そしてあなただけにすべての信頼を置かなければなりません。預言者イザヤを通して、あなたはイスラエルと救い主を約束しました。そして、イスラエルの救い主であるだけでなく、全世界の救い主である御子イエス·キリストを遣わすことによって、その約束を守られました。

 父なる神さま、ありがとうございます。私たちはあなたを愛しています。イエスの御名によって祈ります、アーメン。

 

 

 

Isaiah 46 is often read as a continuation from Isaiah 45:14. The later part of Isaiah 45 essentially talked about God’s ability to save. Again, we must remember the context in which Isaiah delivered this oracle. Isaiah prophesied from Jerusalem before it fell to the Babylonians. Although Jerusalem was under constant attack from both Assyria and Babylon, Jerusalem was still standing. Isaiah 46, however, prophecies about the postexilic future where the rule of Jerusalem’s Babylonian conquerors too will come to an end. God declared through the prophet Isaiah: “… I am the Lord, and there is no other” (Isaiah 45:18). Isaiah 46 starts off by pointing out the futility of idol worship. Babylon’s false gods, Bel and Nebo, will also be brought down. The idols that carry their images too will be a burden to their worshippers as they are carried off into captivity (v.1-2). God reminds His people, however, He is not like the Babylonian gods that need to be carried around and burden its worshippers. God, the only true God,  sustains His people and rescues them (v. 3-4). Again, God reminds His people that there is no other like Him (v. 5). As a final appeal to idol worshippers, God again reminds them again: “I am God, and there is no other; I am God, and there is none like me” (v.9). He is the beginning and the end (v.10). God is everywhere. God is all-powerful. God’s will, will be done (v.11). Jesus is coming (v.13). 

 

As disciples of Jesus Christ, we are all aware of the futility of idol worship. God commands us throughout His Word to not create, bow down to, or worship any idols. Obviously, Christians are well aware that they must not bow down to any statue or things like it. However, although modern people no longer see people bowing down to statues images of Bel, Nebo, or Baal, are there things out there that we need to be careful about? In modern times, we often interpret “idols” to be things in our lives that take the place of God. Are there things in our lives that take the place of God? To some people, it may be a fancy car, bank account, job, nice house, or certain people. If we ask ourselves the question “Who do we trust and depend on the most,” what will be our answer? Is it God? Or will it be other things such as 1) our spouse 2) Parents, 3) Mentors, 4) Money, or perhaps 5) ourselves. God reminds us: “I am God, and there is no other” (v.9). He created the universe and He created us. He also reminds us in Isaiah 46 that it is also He that sustains and protects us.

 

Thank You, Father, for Your Word today. Father, You are God, and there is no One else like You. Thank you for reminding us that we must not rely on anyone but You; not even ourselves. We must place all of our faith in You, and You alone. Through the prophet Isaiah, You promised Israel and Savior. You kept your promise by sending Your Son Jesus Christ, who was not only Israel’s Savior, but the Savior of all the world. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Kommentarer


bottom of page