top of page
  • hccnichigo

2022年6月10日 ディボーション

イザヤ書 41章


 優しい気持ちで過ごせない日がある。前向きになれない時がある。人が発する負のオーラを吸収しすぎて疲れきってしまうことがある。そんな自分に嫌気を起こす。

 心が弱っているとき、あるいは落ち込んだりするとき、海や山に近づきに行く。浜辺に座って潮の香りを吸い込む。空に浮かぶ雲をゆっくり眺める。山歩きしながら風の歌を聴き、鳥の声に耳を澄ませる。そうやって私は、やわらかい心を取り戻す。

 神さまが創造された天と地、そこに生きているものすべて、動いている。

 雲は形を変えながら流れてゆき、虹は色を変えながら消えてゆく。花は咲いたりしなびたりするし、季節は移り変わる。日は昇り、沈み、また昇る。地球は太陽の周りを公転し続けている。片時も止まらずに。


 神さまは動くものを造る。人間は動かない偶像を造る。

 人は、何かを恐れて震える。すがるものを必要とし、安全・安心を手に入れたいと考える。そして、動かない偶像に向かって敬意を表したり祈ったりする。

 当時アッシリアの勢力の支配下で苦しんでいた諸国の民・島々は、金銀で巧みに細工した彫像を造る者を励まし、お互いに助け合うことで団結した。

 しかし、もし偶像が本当の神であるならば、「後に起ころうとする事を告げよ。前の事は何であったのかを告げよ。」(22節抜粋)、と預言者イザヤを通して主は語られる。偶像は、預言できない。人の心を強め、人を助け、人を守ることはできない。

 渇きで干からびた者に水を与え、荒野を豊かな地に変え、後に起ころうとする事を預言できるのは、この世界を創造された神だけなのだ。


 神の手によって造られた人間も、神によって動かされている。

 動くことは変わること。過去の失敗は学びに変えられ、今日のドロドロした感情は祈りによって鎮められる。人は、主によって生かされ、主によって変えられる。

 人は時に、勢いをなくす、疲れる、つまずく、挫折する、力尽きる、年老いる、投げやりになる、恐れる、震える、尻込みする。

 人を傷つけ、それ以上に自分を深く傷つける。でも人は、強くなれる。


「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。」(10節)


 愛する天のお父様。あなたが創造された世界にいる人間が、あなたの手によって造られたものすべてを愛することができますように。あなたを主とする者同士が励ましあうことができますように。私たちの心を強めてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン



閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

ความคิดเห็น


bottom of page