2022年5月9日 ディボーション

イザヤ9章


『みことばは光』

「しかし、苦しみのあったところに闇がなくなる。先にはゼブルンの地とナフタリの地は辱めを受けたが、後には海沿いの道、ヨルダンの川向こう、異邦の民のガリラヤは栄誉を受ける。闇の中を歩んでいた民は、大きな光を見る。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が輝く。」(1−2)

 力強いみことばに感動を覚える。預言者とは、神から預けられたことばを語る人たちのことである。だからこそ、彼らのことばには力強さがあり、不安や恐れなどといった不確かさは微塵もない。

 時に、私たちも神からみことばを預かることがある。信仰生活の長短に関わらず、神は人を通して、必要なみことばを伝えようとされる。

 私はごく最近、その体験をした。私はあることに対して、非常に強い不安に襲われてしまって、不安は不信仰のあらわれであると分かっていながらも、どうしてもその不安の中から抜け出せないでいた。不安で仕方がないから、自信のないことばかりを口にする私に、いつもは穏やかな主人が「信仰に固く立て!」と強く言い放った。

 私は主人の言葉に、目が開かれた思いであったが、弱い私はそれでも不安から抜け出すことはできなかった。


 それでも主人を通して語られたみことばは、私の心の奥深くに根付いていて、毎日の聖書朗読や日曜の礼拝メッセージなどを通して、繰り返し、繰り返し、与えられ続け、私を励まし続けた。


 そしてある朝、詩篇37篇4節の聖句が私の身に起こり、不安は見事に解消されたのである。

 私の信仰は、まだまだ不安や恐れといった負の感情に左右されてしまう弱い信仰である。しかし、そのような信仰であったとしても、神は見放さず、捨て置かないで、励まし続けてくださる。私の信仰の的が、きちんと元に戻るまで、何百回でも何千回でも、みことばを与え続けてくださる。

「あなたのみことばは 私の足のともしび 私の道の光です。」

(詩篇119篇105節)

祈り:愛する天の父よ。あなたのみことばは、私を導く光です。みことばに固く立つ信仰によって、世の誘惑に勝利していくことができますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

イザヤ16章 『神は愛 』 「それゆえ、わたしのはらわたはモアブのために、わたしの内臓はキル・ヘレスのために、竪琴のようにわななく。」(11節) 神は、いよいよモアブの国に対し、さばきを下される。そしてそのことは、三年のうちに起きると告げられた。しかし神は、決してそれを喜んでおられるわけではない。 それどころか神は、身も心も張り裂けんばかりに、悲しんでおられる。 イエス・キリストを知らないで、この

イザヤ書 15章 イザヤ書15章は、16章とともにモアブに対するさばきを宣告している。モアブはバビロンと違い、イスラエルにとって身内的な存在であることが聖書の解説で述べられている。モアブは、死海の東側に位置する。モアブはへブル語でメーアーブ「父によって」を意味している。モアブ人の起源は、ロトの娘たちが父ロトによって産んだ子に由来する。(創世記19章) その頃からすでに近親相姦という罪をおかしていた

イザヤ書 14章 降参、私のイザヤ書黙想は12章で頓挫してしまったかもしれない。 荘厳なことばに圧倒されながらも、万軍の主をたたえ、イエスさまの出現を待ち望むイザヤの道しるべに信頼を寄せて読み進んできた。 そして12章の賛美にハレルヤ! ハッピーエンドの預言を喜んだ。 なのに手のひらを返したかのような13章だった。バビロンの捕囚が隠語みたいなことばで語られている。旧約の時代の歴史的な事象を知ってい