top of page
  • hccnichigo

2022年5月9日 ディボーション

イザヤ9章


『みことばは光』

「しかし、苦しみのあったところに闇がなくなる。先にはゼブルンの地とナフタリの地は辱めを受けたが、後には海沿いの道、ヨルダンの川向こう、異邦の民のガリラヤは栄誉を受ける。闇の中を歩んでいた民は、大きな光を見る。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が輝く。」(1−2)

 力強いみことばに感動を覚える。預言者とは、神から預けられたことばを語る人たちのことである。だからこそ、彼らのことばには力強さがあり、不安や恐れなどといった不確かさは微塵もない。

 時に、私たちも神からみことばを預かることがある。信仰生活の長短に関わらず、神は人を通して、必要なみことばを伝えようとされる。

 私はごく最近、その体験をした。私はあることに対して、非常に強い不安に襲われてしまって、不安は不信仰のあらわれであると分かっていながらも、どうしてもその不安の中から抜け出せないでいた。不安で仕方がないから、自信のないことばかりを口にする私に、いつもは穏やかな主人が「信仰に固く立て!」と強く言い放った。

 私は主人の言葉に、目が開かれた思いであったが、弱い私はそれでも不安から抜け出すことはできなかった。


 それでも主人を通して語られたみことばは、私の心の奥深くに根付いていて、毎日の聖書朗読や日曜の礼拝メッセージなどを通して、繰り返し、繰り返し、与えられ続け、私を励まし続けた。


 そしてある朝、詩篇37篇4節の聖句が私の身に起こり、不安は見事に解消されたのである。

 私の信仰は、まだまだ不安や恐れといった負の感情に左右されてしまう弱い信仰である。しかし、そのような信仰であったとしても、神は見放さず、捨て置かないで、励まし続けてくださる。私の信仰の的が、きちんと元に戻るまで、何百回でも何千回でも、みことばを与え続けてくださる。

「あなたのみことばは 私の足のともしび 私の道の光です。」

(詩篇119篇105節)

祈り:愛する天の父よ。あなたのみことばは、私を導く光です。みことばに固く立つ信仰によって、世の誘惑に勝利していくことができますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page