2022年5月5日 ディボーション

イザヤ書5章


「主から目を離さない」

 

「イザヤ書は、紀元前8世紀、ウジヤ王、ヨタム王、アハズ王、ヒゼキヤ王の時代に、エルサレムで預言者として活躍し、多くの著述を残しています。イザヤ書5章は、アッシリア帝国の襲撃を受けている最中の、やや平和な休息中の出来事である。ここでイザヤは、この平和な時代のイスラエルの霊的状態を、ぶどう畑を使って表現しています。イスラエルは神に背を向け、立派な葡萄を実らせるどころか、野葡萄ばかりを実らせている(4節)。そして、イザヤは、イスラエルがその邪悪な道によって、滅びを目前にしていることを警告しています。イスラエルは神から離れ、豊かな畑や家など物質的な豊かさを得て、自分たちの生活に満足しています(8節)。主が自分たちにしてくださったことを無視し、イスラエルは朝早くから強い酒を飲み、一日中音楽を奏でていました(11~12節)。しかし、神様は彼らの恐ろしい行いを災いと言われました。  

 

 以下、彼らの恐ろしい行いを紹介します。1) 神のわざを無視する、2) 神を知らない、3) 謙虚さに欠ける、4) 嘘と偽り、5) 悪を善と呼ぶ、6) 闇を光と呼ぶ、7) 自分の目で見て賢いと言う。自分の目には賢明に映ること、8) 葡萄酒を飲んで英雄となり、9)賄賂を受け取って悪を行う。イザヤは、神が、彼らよりはるかに強く、速く、装備の整った敵に彼らを陥れることによって、彼らすべてに裁きを下すと宣言している。今、彼らが経験している繁栄は、空っぽの家、飢饉、破壊、道に並べられた糞のような死体、暗闇、苦痛に変わるのです。  

 

 この何世紀も前のイザヤ書の神託を、クリスチャンはどのように適用すればよいのだろうか。  私たちの多くも、自分の人生に満足している。世界の多くのクリスチャンとは異なり、米国をはじめとする先進国のクリスチャンは繁栄を享受しています。家の大きさや持っていないものに不平を言ううちに、私たちは、神がいつも私たちのために備え、今もなお与え続けておられる祝福を見失ってしまうのです。私たちは自分の生活に満足しているので、多くの人が神の御ことばを読むのをやめてしまいます。神の御言葉を読まなくなると、私たちの多くは、悪魔が世の中の多くのメディアを通じて説く偽りを信じ始めるようになります。やがて、神を知らなくなった私たちは、悪を善と呼び、自分の目で見て賢明であると信じるようになります。 

 

 もちろん、悪魔に対抗する唯一の方法は、神に従い、従順であることです。しかし、私たちの多くは、神に従いたいと主張しながらも、その方法を知りません。私たちの多くは、唯一の真理である神の真理を知りません。私たちの多くは、この世に関わりすぎて、私たちの真の市民権が天にあることを忘れています。どうすれば元に戻ることができるのでしょうか。私たちは、天におられる父と一緒に時間を過ごす必要があります。私たちは、天の御父の御言葉を読み、黙想することによって、天の御父と一緒に時間を過ごします。私たちは、御ことばに従うことによって、父に応答します。誰が御言葉に従っているかは、彼らが主における自分の喜びを他の人々と分かち合い、世に伝えていることで本当に分かります。 

 

 父なる神様、今日も御言葉をありがとうございます。イザヤ書の御言葉を通して、私たちが決してあなたを見失ってはならないことを教えてくださって、ありがとうございます。私たちは主であるあなただけを礼拝しなければなりません。また、主であるあなただけに従わなければなりません。主よ、あなたが私たちに与え続けてくださるすべての祝福に感謝します。この人生をありがとうございます。私の家族に感謝します。私たちに与えてくださるすべてのものに感謝します。安全な家、快適な衣服、そして私たちに与えてくれた肉体を養う食物をありがとうございます。御言葉に感謝します。御子イエス様によって、私たちは永遠の命を得ました。これからも私たち一人一人と共にあり、理解と従順の心を与えてください。私たちの目があなただけに向けられるように助けてください。私たちの人生にあなたの御心が成されますように。あなたの真実が私たちの心に響きますように。あなたの御心が天で行われるように、この地でも行われるように。ありがとうございます 神父様 父なる神さま、あなたを愛しています。In Jesus’ Name we pray, amen.

閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

イザヤ書19章 “Egypt’s Judgement” 預言者イザヤは、裁きの預言と希望の預言と、その両方を語りました。イザヤ書19章の話は、まずエジプト王国に対する裁きの預言から始まります。 イザヤの預言によると、最終的にエジプトを陥落させるのは、何か外国の勢力ではなく、内戦です。エジプト人はエジプト人と戦い、隣人と隣人、都市と都市、王国と王国が戦うことになります(19:2)。この後、飢饉(5節

イザヤ書18章 「霊性の養い」 「ああ、羽コオロギの国よ。この国は、クシュの幾多の川のかなたにあり、」(1節)とあるが、この「羽コオロギの国、クシュ」とは、現在のエチオピアの辺りのことで、「羽コオロギ」とは、今でいうツェツェバエではないかと考えられている。 当時、アッシリヤという大国が現れ、南ユダもクシュも、その威力に恐れ慄ている状況にあった。そこで、クシュは南ユダに一緒にアッシリヤに対抗しようと

イザヤ書17章 「世界に及ぶ神の審判」 イザヤ書17章から19章にかけてはそれぞれの国への審判である。ダマスコからエチオピアそしてエジプトとイスラエルの周りの国々への神の審判、神が主権を持つ、未だ見ぬ「その日」の宣告が語られている。周辺諸国への審判といえばもう一人の預言者を思い出す。イザヤは南王国ユダで活躍したが少し前に北王国へ遣わされた預言者アモスがいる。アモスもまた北王国イスラエルと南ユダ王国