top of page
  • hccnichigo

2022年5月28日 ディボーション

イザヤ書 28章


「尊い生ける石」


 エフライム(北イスラエル)の悪政がさばかれ、サマリアが陥落する預言。

「わざわいだ。エフライムの酔いどれが誇りとする冠、その麗しい飾りのしぼんでゆく花。」(1節)

 なんて美しく、格調のある文体なのだろう。サマリアは丘の上の町で、塔のある城壁で囲まれていたから、”冠”と形容されていたのだと、鍋谷堯爾先生は注釈してくれる。

 さばきを受ける者、ゆるされる者の明暗も鮮やかに活写されている。ギリシア悲劇もシェークスピアも、絶対にイザヤ書をお手本にしたんじゃないかと思うほどに劇的な臨場感だ。

『ツァウにツァウ、ツァウにツァウ、カウにカウ、あっちにゼエル、こっちにゼエル』(10節)

 日本語聖書にもヘブル語の赤ちゃん言葉を残して、イキイキとした表現が伝わってくる。いや実際、酔っ払いがろれつの回らない口で、イザヤにからんだのかもしれない。

 一転、16節。世の力に頼り、悔い改めをしない民に、神である主は「しるし」を示される。

見よ、わたしはシオンに一つの石を礎として据える。これは試みを経た石、堅く据えられた礎の尊い要石。これに信頼する者は慌てふためくことがない。」

 このみことばは、聖書の中でも相当に重要な「しるし」だ。

 礎=ものごとの土台となる大切な基礎。試みを経た石=神さまがテスト済みの石、岩。尊い要石=永久に盤石な中心となる石、岩。ことばを重ねて確固不動の絶対的な存在を示す石、岩は、来るべきイエス・キリストの姿。イザヤの時代も、今の時代も唯一無二の救い主。

 歴史を見れば、大切な石をイスラエルの民は捨ててしまったけれど、新訳の使徒たちはこの預言の成就を喜びをもって各所で伝えている。私たちの教会の要石もイエスさまだ。

 イエスさまから直々に、岩=ペテロと名付けられたシモンも、ペテロの手紙一2:4〜8で、「イエスさまは尊い生ける石」と表現している。そして「あなた方自身も生ける石として霊の家を築き上げよ」と、一生涯をかけてイエスさまの似姿になるよう促してくれる。

 ただしイエスさまを軽んじたり、みことばに従わなければ、尊い生ける石は「つまずきの石、妨げの岩」になるとも忠告する。

 つくづく思う。神さまの怒りは怖いけれど、イエスさまの十字架の愛は、怒り以上に襟を正してひざまづきたくなる。あがめと畏れに満ちている。すごいなあ。

「信頼する者は慌てふためくことがない。」というみことばを感謝して受け取ります。よそ見をせずにイエスさまに従って歩けますよう、どうか生涯、導いてください。

イエスさまのお名前で祈ります。アーメン



閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comentarios


bottom of page