2022年5月25日 ディボーション

イザヤ書25章 

 

「楽しみ、喜ぼう!」

 

 その日、人は言う。「見よ。この方こそ、待ち望んでいた私たちの神。私たちを救ってくださる。この方こそ、私たちが待ち望んでいた主。その御救いを楽しみ喜ぼう。」(9節)

 

 この預言は、まさに「メシヤ預言」で、「その日」とは、メシヤ=救い主が来られる日であり、「この方こそ」とは、まさに救い主イエス・キリストのことである。

 2節から5節には「横暴な者たち」、すなわちユダヤ人の敵である国々が廃墟とされるということが記されている。

 しかし、6節以降では「万民のために」が繰り返され、9節のメシヤ預言に続く。待ち望んでいるメシヤは、ユダヤ人だけのメシヤではなく、万民のメシヤだということが預言されているのだ。

 

 私たちは、人々が待ち望んでいたメシヤが来られた、AD紀元後の時代に生きている。BC(Before Christ)の時代、救い主のいない時代に生きていた人々の心境とはいかなるものだろうか。

 それに対して、救い主イエス・キリストがおられるという今を生きている私たちは、どれだけ恵まれているのだろうか。

 私たちは「その御救いを楽しみ喜ぼう。」という預言が成就した今を生きているのだ。いにしえの人々が待ち望んでいた「その日」を私たちは生きているのだ。ならば、もっと楽しみたい、もっと喜びたい。 

 今私たちが頂いている「救い」ということが、どれだけ素晴らしことなのか、もっともっと実感したい。

 

 しかし10節から12節には、モアブに対する厳しい裁きが宣告されている。ここまでの預言と内容がガラッと変わるので、イザヤ書は難しいと思われてしまう。

 これは、待ち望んでいるメシヤが来られても、「おまえの要塞、そそり立つ城壁」(12)があるので、つまり「高慢」なので、メシヤを受け入れることをしないで、自らに滅び招く人々がいるということを表している。

 それは、イエスが来られた時の、パリサイ人、律法学者たちを指し示しているのだと思われる。

 この要塞、城壁は、防衛のためにある。彼らの高慢さとは、神への恐れに基づいた防衛の壁なのだ。その壁が高慢という名の城壁となり要塞を造り出す。

 私たちの高慢さは、たとえ目の前にあれだけ待ち望んでいたメシヤが立たれても、それに気づかない、むしろ迫害する立場に立ってしまうという悲劇を生みだす。

 私たちは、イエスの救いを楽しみ喜ぶ者か、それともモアブのように城壁と要塞に閉じこもってメシヤを拒絶する者か。

 イエスの十字架の愛は、恐れを締め出す(1ヨハネ4:18)とある。主の十字架を仰ぎ見て、その十字架に現わされた神の愛のゆえに、恐れなく、救い主を受け入れたいと心から願う。

 

 天の父なる神さま

 モアブのように、パリサイ人、律法学者のように、あなたに対して、城壁や要塞を持つことがありませんように。十字架の愛にかけて、ありのままで、何の防衛もなく、主の御前に立つことが出来ますように。

 そして、あなたの救いを喜び、楽しむ者でありますように、どうぞ導いてください。 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。


閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書 5章 ベテスダの池で病人に声をかけられるイエス。「良くなりたいか。」6節 (一部抜粋) イエスさまが、エルサレムに上ってこられた時にベテスダと呼ばれる癒しの池で38年間も病に苦しんできた人を癒やした時の、イエスさまと病んでいる人との会話に考えさせられた。 「イエスは彼が横になっているのを見て、すでに長い間そうしていることを知ると、彼に言われた。「良くなりたいか。」病人は答えた。「主

イザヤ書66章 『終末での出来事』 イザヤ書の最後となったこの66章を読み比べると、聖書全体の締めくくりの66巻目である黙示録の臭いがする。 22節「わたしが造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くのと同じように、ー主のことばー あなたがたの子孫とあなたがたの名もいつまでも続く。」 ここには黙示録と同じように新天新地が示されていますが、ここでの対象は黙示録のように全ての人ではなく、限ら

イザヤ書65章 『わたしはここだ』 「わたしを尋ねなかった者たちに、わたしは尋ね求められ、わたしを探さなかった者たちに、わたしは見出された。わたしの名を呼び求めなかった国民に向かって、『わたしはここだ、わたしはここだ』と言った。」(1) 1節にある「わたしを尋ねなかった者たち」「わたしを探さなかった者たち」と「わたしの名を呼び求めなかった国民」とは、異邦人のことである。イスラエルの民が神に逆らい続