top of page
  • hccnichigo

2022年5月20日 ディボーション

イザヤ書 20章


 決してさびれないもの、絶対に奪われないもの、永遠に滅びないもの。

 それは人間の目には見えない。人は、見えないものに対して怖いという気持ちを抱く。だから、見えないものではなく見えるもの(人間が作り出した物や価値観)に頼ることで、不安や恐怖から逃れようとする。しかし、目に見えるものはあてにならない。いつか消えてしまう。それらを信じて誇りにしていた者は、希望を失う。

 

 この20章には、イザヤが裸になり、裸足になって3年間も歩いたことが記されている。主が、そうすることを命じた。なぜだろう。

 すでに北王国を滅ぼしたアッシリア帝国は、エジプトに進軍する途中でアシュドデ(地中海に面した町)に来て戦い、この町を占領した。

 南王国の人々は、自分たちも強国アッシリアに滅ぼされるのではないかと恐れた。だから、勢いよく栄えていたエジプト(クシュ人によって統治されていた)と手を組み、防御体制をとろうという意見が強まっていた。

 しかし主は、イザヤを通して、エジプトの将来の姿を人々に見せつけた。エジプトもクシュも、頼りにはならないぞ、守ってはくれないぞ、お前たちは何もかも失い、裸にされて、このイザヤのように恥ずかしい姿にさらされるぞと。


「人々は、クシュを頼みとし、エジプトを誇りとしていたゆえに、打ちのめされ、また恥を見る。」(5節)


「クシュ」「エジプト」という言葉を、たとえば、「お金」「権力」という言葉に置き換えて読んでみる。「人々は、お金を頼みとし、権力を誇りとしていたゆえに、打ちのめされ、また恥を見る。」

 今この世界で生きている人々の多くが、たぶんほとんどの人間が、目に見えるものだけをあてにし、得意気になって生きている。けれども、人間や、人間が作り出したものは、最終的には何の力も持たない。何の役にも立たない。人が頼り、誇りとし、望みをかけていた「われわれの拠り所がこの始末だ。」(6節抜粋)


 私たちの暮らしの中で、これまで自分たちが信じてきたものはいったい何だったのか、と思うことが繰り返し起こる。安全だ、安心だ、と信じて疑わなかったものが、なんの前兆もなく、ある日突然崩れてしまうことがある。


 少し話がずれてしまうけれど、1970年代、井上陽水さん作詞作曲「夢の中へ」がヒットした。バブル絶頂期にはアイドル歌手がカバーし、”探しものは何ですか〜見つけにくいものですか〜” とリズミカルに踊りながら歌った。

 その歌の中に、こんな歌詞がある。


”休む事も許されず 笑う事は止められて はいつくばって はいつくばって いったい何を探しているのか” 

”探すのをやめた時 見つかる事もよくある話で”


 若い頃は何も感じなかったこの歌詞が、年齢を重ねた今の自分の心に刺さる。何かを探し求めて一生懸命に生きてきた人間が、ある時ふと、探すのをやめた時、本当に価値あるものを見つける。私は見つけた。


”まだまだ探す気ですか〜 それより僕と踊りませんか〜”


 無駄な抵抗はやめて、それより神様と踊りませんか。

 私たちの教会には心強いリーダー、元ダンサーの牧師もいますしね。うふふ。


 愛する天のお父様。イザヤが裸になってまで伝えたかったメッセージを受け取りました。私たちは、あなたの存在に心から感謝します。神様、ありがとう!

 主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comentários


bottom of page