2022年5月2日 ディボーション

イザヤ書 2章


『終末に備える』

 

「その日には、人間の高ぶりはかがめられ、人々の思い上がりは低くされ、主おひとりだけが高く上げられる。

偽りの神々はことごとく消え失せる。

主が立ち上がり、地を脅かすとき、人々は主の恐るべき御顔を、その威光の輝きを避けて、岩の洞穴や土の穴に入る。

その日、人は、自分が拝むために造った銀の偽りの神々と金の偽りの神々を、もぐらや、こうもりに投げやる。

主が立ち上がり、地を脅かすとき、人々は、主の恐るべき御顔を、その威光の輝きを避けて、岩の割れ目や、巌の裂け目に入る。

人間に頼るな。鼻で息をする者に。そんな者に、何の値打ちがあるのか。」 (17〜22節)

 

 私たちクリスチャンは、神の子とされ、イエスが再臨される日には、イエスが王として支配する千年王国に住むようになる。イエスと共に暮らすのである。

 私たちは、イエスを主と信じるその信仰のゆえに、義とされた。それゆえ、主が来られる時、その御顔、そしてその威光を避けることも、また岩の洞穴や土の穴、巌の割れ目や裂け目に隠れる必要もない。

 

 終末に関する聖書箇所を読むとき、私は神の子とされた特権を、独り占めしていないだろうか、福音を知る者として、聖書のみことばを神のことばであると信じる者として、もっと大胆に語っていかなくてはいけないのではないだろうか、と思わされる。

 

 まだ信者ではない家族や友人のことを思うたび、福音を伝えなければ、と焦る。しかし、人が救われるためには神さまの方法に委ねるしかない。私の自分勝手な思いで伝えても、空回りするか、逆に傷付けてしまうかもしれない。

 

 聖書のみことばを学べば学ぶほどに、信者ではない家族との価値観の違いに葛藤を覚える。私の家族は、父方の家族が信仰していた宗教を守っている。父が亡くなった後、母は父が残した祭壇を大切に守っている。姉も妹も、父が信仰していた宗教を引き継いでいる。そのような状況で、イエスこそが唯一の主であることを、どうすれば伝えることができるのか。

 

 焦る気持ちばかりが先行するが、人は神の方法によってのみ救われる。今、私ができることは、まだ信者ではない家族のために祈り、そして、必ず福音が伝えられるよう、家族を導いてください、と祈るだけである。

 

祈り: 愛する天の父よ。御名を賛美します。どうか、家族に福音を伝えることができますよう、導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

イザヤ書19章 “Egypt’s Judgement” 預言者イザヤは、裁きの預言と希望の預言と、その両方を語りました。イザヤ書19章の話は、まずエジプト王国に対する裁きの預言から始まります。 イザヤの預言によると、最終的にエジプトを陥落させるのは、何か外国の勢力ではなく、内戦です。エジプト人はエジプト人と戦い、隣人と隣人、都市と都市、王国と王国が戦うことになります(19:2)。この後、飢饉(5節

イザヤ書18章 「霊性の養い」 「ああ、羽コオロギの国よ。この国は、クシュの幾多の川のかなたにあり、」(1節)とあるが、この「羽コオロギの国、クシュ」とは、現在のエチオピアの辺りのことで、「羽コオロギ」とは、今でいうツェツェバエではないかと考えられている。 当時、アッシリヤという大国が現れ、南ユダもクシュも、その威力に恐れ慄ている状況にあった。そこで、クシュは南ユダに一緒にアッシリヤに対抗しようと

イザヤ書17章 「世界に及ぶ神の審判」 イザヤ書17章から19章にかけてはそれぞれの国への審判である。ダマスコからエチオピアそしてエジプトとイスラエルの周りの国々への神の審判、神が主権を持つ、未だ見ぬ「その日」の宣告が語られている。周辺諸国への審判といえばもう一人の預言者を思い出す。イザヤは南王国ユダで活躍したが少し前に北王国へ遣わされた預言者アモスがいる。アモスもまた北王国イスラエルと南ユダ王国