2022年5月14日 ディボーション

イザヤ書 14章


 降参、私のイザヤ書黙想は12章で頓挫してしまったかもしれない。

 荘厳なことばに圧倒されながらも、万軍の主をたたえ、イエスさまの出現を待ち望むイザヤの道しるべに信頼を寄せて読み進んできた。

 そして12章の賛美にハレルヤ! ハッピーエンドの預言を喜んだ。


 なのに手のひらを返したかのような13章だった。バビロンの捕囚が隠語みたいなことばで語られている。旧約の時代の歴史的な事象を知っていなければ分からない。因果関係も理解していなければ深く味わうことは到底できない。いや旧約だけでなく、来るべき終末のことも視野に入れた上でのイザヤ書なのだ。

 甘かった。イザヤはここからが長いのだから。

 1〜12章までが入門ダイジェストなら、13章以降はアドバンス。予告なしで突然、上級者編に連れて行かれたみたいだ。ぜんぜん時系列に書いてくれてないし、イザヤの時代なのか黙示録の時代なのか、現実なのか御国なのかさっぱり分からない。


 14章は1節目から難関だ。

「まことに、主はヤコブをあわれみ、再びイスラエルを選んで、彼らを自分の土地に憩わせる。」

 あ〜良かった、やっと憩える。バビロン捕囚から晴れて解放されたのだと思ったら、5節からバビロンの王はコテンパンにやっつけられるという預言が続いて、まるでフェイント、逆戻りしてるみたい。まだイスラエルが回復されたわけじゃなさそうだ。

 神さまの計画を語っているのだろうけれど、壮大過ぎてアウトラインがつかめない。自分のアタマで理解しようとするから限界があるのか。解説書を読む気にもなれないくらい、チンプンカンプンだった。でも、よく分かりませんでした、でディボーションを終わらせてしまうのはまずい。

 だけど、預言より福音の方がいいな、と思ってしまう。

 すみません、今度の学びの時に関先生に教えを乞うてきます。


 神さま、13章14章で激沈してしまいました。この先イザヤ書を読み進められるか自信がありません。もっと正直にいうと、苦手意識を持つと聖書を開くのが億劫になります。

 聖書を自分にたぐり寄せるのではなく、聖書に自分を預けることができるようになればいいのでしょうか。どうやって? 私をあわれんでお助けください。

 イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:47回

最新記事

すべて表示

イザヤ書19章 “Egypt’s Judgement” 預言者イザヤは、裁きの預言と希望の預言と、その両方を語りました。イザヤ書19章の話は、まずエジプト王国に対する裁きの預言から始まります。 イザヤの預言によると、最終的にエジプトを陥落させるのは、何か外国の勢力ではなく、内戦です。エジプト人はエジプト人と戦い、隣人と隣人、都市と都市、王国と王国が戦うことになります(19:2)。この後、飢饉(5節

イザヤ書18章 「霊性の養い」 「ああ、羽コオロギの国よ。この国は、クシュの幾多の川のかなたにあり、」(1節)とあるが、この「羽コオロギの国、クシュ」とは、現在のエチオピアの辺りのことで、「羽コオロギ」とは、今でいうツェツェバエではないかと考えられている。 当時、アッシリヤという大国が現れ、南ユダもクシュも、その威力に恐れ慄ている状況にあった。そこで、クシュは南ユダに一緒にアッシリヤに対抗しようと

イザヤ書17章 「世界に及ぶ神の審判」 イザヤ書17章から19章にかけてはそれぞれの国への審判である。ダマスコからエチオピアそしてエジプトとイスラエルの周りの国々への神の審判、神が主権を持つ、未だ見ぬ「その日」の宣告が語られている。周辺諸国への審判といえばもう一人の預言者を思い出す。イザヤは南王国ユダで活躍したが少し前に北王国へ遣わされた預言者アモスがいる。アモスもまた北王国イスラエルと南ユダ王国