2022年5月13日 ディボーション

イザヤ書 13章


 日本の小学生たちが、我が家にホームステイしていた時のこと。有名私立校に通っているA君が、公立校に通っているB君に向かって言った。

「お前さぁ、なんでそんなに食べ方が汚いの?やっぱ、公立に通ってる奴らってクズだよねぇ、行儀悪いし頭悪いだけで、良いところなんてひとつもないもんなぁ、ホント、社会の迷惑なんだよねぇ」

 私自身、公立小学校に通った人間なので、自分も一緒に責められているような気分になったけれど、何も言わず黙っていた。何も言えなかった。

 確かにA君の発言には耳を疑った。だけど、A君を責めることはできないとも思った。自分にも、人を見下したり偉そうに振る舞う性質があるからだ。

  

 人間は、一番になりたがる。地位や名声を欲しがる。あるいは、他人の権威を笠に着て、事あるごとに権力者の名前を出し、自分が権力者であるかのような態度に出る。

 私には2人の弟がいて、ひとりは京大医学部卒業後、医者になり(が、42歳で自殺した)、もうひとりは貿易会社を経営して大成功をおさめている。

 私の父は昔から、聞かれてもいないのに息子の学歴や職業を自慢げに話した。まるでそれが自分の栄光であるかのように。

 親戚一同、見栄の張り合いをしているエリート意識の高い集団の中で、これといって誇れるものが何もなかった私は、彼らが集まる席でいつも肩身の狭い思いをした。

 だから、有名私立校に通うA君のように、自分よりも劣っている(ように見える)人物を見下し、そうすることで劣等感を優越感に変え、鬱憤を晴らしていた。

 

 多かれ少なかれ人間は誰しも、高慢で尊大な心を持っている。それは今に始まったことではない。何千年も昔、バベルの塔を建てようとした高慢な人々がいた。

 彼らは言った。「さあ、われわれは自分たちのために、町と、頂が天に届く塔を建てて、名をあげよう。われわれが地の全面に散らされるといけないから。」(創世記11章4節)

 神への反逆が、塔を建てる目的になっている。

 地の全面に散らされてたまるものか、自分たちの力で塔を建て、俺たちの名誉を勝ち取ろうぜ!神なんてクソくらえだ!みたいなノリだったのだろうか。 

 しかし神様は、思い上がって高ぶる彼らの話ことばを、通じないように混乱させ、地の全面に散らしてしまったので、彼らはその町(バベル)に塔を建てるのをやめた。

 その町の名前”バベル”が、”バビロン”の言葉の由来となっているようだ。


 この13章でイザヤは、当時まだ小さな町でしかなかったバビロンが、将来やってくる「主の日」に、神の裁きを受けて滅ぶことになるぞ、と預言している。

 神様はなぜ、バビロンを滅ぼすのか、11節にその理由が書いてある。

「わたしは、世界をその悪のゆえに罰し、悪しき者をその咎のゆえに罰する。不遜な者の誇りをくじき、横暴な者の高ぶりを低くする。」


 神様が裁く対象は、自分を偉い人間と考えて相手を見下した態度をとる者や、権力や力をもって自分勝手な振る舞いをする者。つまり、神に逆らう者。

 神に選ばれた都と民を虐げたバビロンは、神に逆らう者としての象徴なのだ。

 聖書の最後のチャプター黙示録18章では、バビロンが倒れたことが記されている。イザヤの預言通りだ。

 神に逆らって高ぶる者は罪人であり、必ず滅ぼされる日が来る。

 

 愛する天のお父様。数値や文字や記号のようなデータや外側だけで人の価値を判断してしまいがちな私がいます。この社会で、いつも自分を低くし、謙遜に生きることは難しいです。でも、あなたは、きっと、私を清めてくださる方だと信じて祈ります。主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

イザヤ16章 『神は愛 』 「それゆえ、わたしのはらわたはモアブのために、わたしの内臓はキル・ヘレスのために、竪琴のようにわななく。」(11節) 神は、いよいよモアブの国に対し、さばきを下される。そしてそのことは、三年のうちに起きると告げられた。しかし神は、決してそれを喜んでおられるわけではない。 それどころか神は、身も心も張り裂けんばかりに、悲しんでおられる。 イエス・キリストを知らないで、この

イザヤ書 15章 イザヤ書15章は、16章とともにモアブに対するさばきを宣告している。モアブはバビロンと違い、イスラエルにとって身内的な存在であることが聖書の解説で述べられている。モアブは、死海の東側に位置する。モアブはへブル語でメーアーブ「父によって」を意味している。モアブ人の起源は、ロトの娘たちが父ロトによって産んだ子に由来する。(創世記19章) その頃からすでに近親相姦という罪をおかしていた

イザヤ書 14章 降参、私のイザヤ書黙想は12章で頓挫してしまったかもしれない。 荘厳なことばに圧倒されながらも、万軍の主をたたえ、イエスさまの出現を待ち望むイザヤの道しるべに信頼を寄せて読み進んできた。 そして12章の賛美にハレルヤ! ハッピーエンドの預言を喜んだ。 なのに手のひらを返したかのような13章だった。バビロンの捕囚が隠語みたいなことばで語られている。旧約の時代の歴史的な事象を知ってい