top of page
  • hccnichigo

2022年5月12日 ディボーション

イザヤ書12章


Tell the World that Salvation Comes From Jesus


 イザヤは、裁きと希望について多くの預言をしています。イザヤが預言した時代、神はイザヤを通して、イスラエルが不忠実で邪悪な存在になったことを明らかにされました。その大きな罪のために、神は彼らに裁きをもたらされました。

 しかし、イザヤは将来の希望についても預言しています。イスラエルが切り倒され、荒れ果てた後、その切り株から再び希望が芽生える(イザヤ6:13)のです。さらに、「...処女は身ごもって男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ。」(イザヤ7:14)、つまり「神われらと共にいる」ということです。

 アッシリアが北イスラエル王国を滅しますが(イザヤ書8章)、その子孫に救い主が生まれ、その方は「主権は、その肩にあり、その名は、不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君と呼ばれる。」(イザヤ書9章8節)のです。

 神は真実ですから、イスラエルを滅ぼしたアッシリアにも裁きを下されます(イザヤ10:1-19)。そして、イスラエルの残りの者は帰ってきます。その残りの者の中から「エッサイ(ダビデ王の父)の根から、希望が生まれる」のです。イザヤ書12章は、神がこの希望を実現されるその日に起こることを宣言しています。


 その日私たちは、主の怒りが私たちから去ったので、主に感謝するようになるのです。神は、私たちを罪のために裁かれましたが、同時に救いの道も用意されました。堕落した人間は、神と自分との関係を正すことができないので、神は御子イエス・キリストの十字架の死によって、ご自身と人間との和解を成立させたのです。

 イエスがこの地上を歩く700年以上前に、イザヤはイエスの到来をイスラエル全土に預言しています。このイザヤ書12章に預言されている、神がご自分をこの世と和解させる栄光の日、栄光の瞬間は、2000年以上前の金曜日に、イエスが十字架上で最後の息を引き取られた時に成就したのです。

 私たち信じる者は皆、イエスと共に十字架上で罪が死に、神と和解したのです。3日目にイエスが死からよみがえられたとき、私たちも生かされたのです。

 2節に宣言されている通りです。「見よ、神は私の救い。私は信じ、恐れない。主は私の力、私のほめ歌、私のために救いとなられた。」(イザヤ12:2)。

 まさに、神ご自身が私たちの救いとなられたのです。そして、私たちが今、イエスの生ける水を飲むことができるのは、大きな喜びなのです。

 私たちが主に感謝を捧げるとき、イザヤが「その日には......そのみわざを、もろもろの民の中に知らせよ。御名があがめられていることを語り告げよ。」(イザヤ12:4)と宣言したように、大宣教命令を遂行することも私たちの義務であることを忘れてはいけません。私たちはイエスのことを世界に伝えなければなりません。私たちは主に向かって賛美を歌い、全世界に向けて主を知らせなければならないのです。(イザヤ12:5)。神が私たちと共にいてくださるので、私たちは喜び歌います。


 父なる神さま、今日の御言葉を感謝します。私たちが信仰を深めていくことができるように助けてくださって、ありがとうございます。イザヤ書の学びの中で、あなたはイエスさまの事が作り話ではないことの証拠を示してくださいました。イエスさまがこの地上を歩く700年前に預言者イザヤがイエスさまの来臨について何度も預言していたことを教えてくださいました。

 主よ、私たちがまだ罪人であったにもかかわらず、あなたは事前に来て、私たちに救いを与えてくださいました。私たちが罪の中にいる間、あなたは死に至るまでへりくだってくださいました。主の主、王の王、私たち全ての創造主、宇宙の創造主であるあなたは、あの十字架で死ぬことによって、ご自身と私たちを和解させてくださいました。

 父なる神さま、私たちのために御子イエス・キリストを死なせるほどに、私たちを愛してくださっていることを感謝します。

 父なる神さま、どうか私たちをあなたの霊で満たしてください、そうすれば私たちもあなたが私たちを赦してくださったのと同じように兄弟姉妹を赦すことができるようになります。

 私たちは、あなたの体が互いに平和であることがあなたの御心であることを知っています。あなたが私たちを愛されたように、私たちも兄弟姉妹を愛せるように力を与えてください。あなたの御心が天で行われるように、この地上でも行われるようにしてください。父なる神さま、ありがとうございます。父なる神さま、私たちはあなたを愛しています。In Jesus Name we pray, amen.


Isaiah prophesied a lot on judgement and hope. In the days that Isaiah prophesied, God revealed through Isaiah that Israel became unfaithful and wicked. Because of their great sin, God was bringing judgement to them. However, Isaiah also prophesied on a future hope. After Israel is cut down and made desolate, hope will again sprout from its stump (Isaiah 6:13). Furthermore, “… the virgin shall conceive and bear a son, and shall call his name Immanuel” (Isaiah 7:14), or “God with us.” Although the Assyrians will crush Israel (Isaiah 8), a Child will be born to them, “and the government shall be upon His shoulder, and His name shall be called Wonderful Counselor, Mighty God, Everlasting Father, Prince of Peace” (Isaiah 9:8). God is faithful. Because He is faithful, He will bring judgement to the Assyrians who crushed Israel (Isiah 10: 1-19). The remnant of Israel will return. Out of that remnant, out of the “root of Jesse [King David’s Father], will come hope. Isaiah 12 declares that will happen on that day that God fulfills this hope.


On that day, we will give thanks to the Lord because he turned his anger away from us. Although God judged us for our trespasses, He also provided a way for salvation. Because fallen man cannot do anything to make himself right with God, God reconciled himself to man through the death of His son Jesus Christ on the cross. Over 700 years before Jesus walked the earth, Isaiah prophesied His future coming to all of Israel. That glorious day, that glorious moment when God reconciled Himself to the world that is prophesied in this 12th chapter of Isaiah happened on a Friday over 2000 years ago when Jesus took His final breath on the cross. For all of us who believe, our sin died on the Cross with Jesus and we were reconciled with God. On the third day, when Jesus rose from the dead, we were made alive too. As verse two proclaims: “Behold, God is my salvation; I will trust, and will not be afraid; for the Lord God is my strength and my song, and He has become my salvation” (Isaiah 12:2). Indeed, God Himself became our salvation. And it is with great joy that we can now drink from the wells of Jesus’ living water. As we give thanks to our Lord, we must remember that it is also our duty to carry out the Great Commission as Isaiah declares “in that day … make known His deeds among the peoples, proclaim that His Name is exalted” (Isaiah 12:4). We must tell the world about Jesus. We must sing praised to the Lord and let the whole world know about Him (Isaiah 12:5). We sing for joy because God is with us.


Thank You, Father, for Your word today. Thank you helping us to grow with our faith. In studying Isaiah, You showed us proof that Jesus was no made up story. You showed us that Your prophet Isaiah prophesied many times about Jesus’ coming 700 years before He walked this earth. Although we were still sinners Lord, you came and offered salvation to us in advance. While we remain in sin, You humbled yourself to the point of death. You, Lord, the Lord of Lord, King of Kings, Creator of all of us and the Creator of the universe, reconciled Yourself with us by dying on that Cross. Thank You Father for loving us so much that You sent Your Son Jesus Christ to die for us. Please, Father, fill us with Your Spirit so we too can forgive our brothers and sisters in the same way that You forgave us. We know that it is Your will for Your body to be in peace with each other. Give us strength to love our brothers and sisters as You loved us. Let Your will be done here on earth as it is in heaven. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page