2022年5月11日 ディボーション

イザヤ書11章


「この旗のもとに」

 

 1節「エッサイの根から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。」

 10節「その日になると、エッサイの根はもろもろの民の旗として立ち、国々は彼を求め、彼のとどまるところは栄光に輝く。」

 

 この「新芽」とは、イエス・キリストのことを指し示している。これは旧約聖書にある「メシヤ預言」と呼ばれるものの一つだ。エッサイとは、ダビデの父にあたる。つまりメシヤ(救い主)とは、ダビデの血筋から誕生するという預言である。

 そして、その通りにイエスは、ダビデの家系、エッサイの根から誕生したのである。(マタイ1:6、16参照)

 

 この「旗」という言葉が心にとまった。12節にも「主は、国々のために旗を掲げ、イスラエルの散らされた者たちを取り集め、ユダの追い散らされた者を、地の四隅から集められる。」と記されている。

「この旗のもとに」イスラエルの民は再び集められる。今現在もイスラエルの民は、世界の四方に散らされている。この12節は、終末において、その散らされた民が再び集められるという預言であり、これはいまだ成就していない。

 散らされた民は、旗がなければどこに集まっていいのか分からない。一つの旗が高く掲げられて初めて集合場所が分かる。この旗とは、まさに「エッサイの根はもろもろの民の旗として立ち、国々は彼を求め、彼のとどまるところは栄光に輝く。」とあるように、イエス・キリストの事である。

 

「旗」とは、集合場所を示すことと、さらに自分たちが属する所を明確にする役割がある。戦の時には、双方が旗を掲げて敵か味方かが分かるようにする。イエス・キリストという旗を掲げるということは、私たちがこのお方の陣営に属する者たち、神の民であり、神が味方であることを明らかにすることになる。

 

 さらに「旗」とは、自分たちの信条やアイデンティティなどを明確にする役割がある。例えばウクライナの国旗は、上の青は「空」、下の黄色は「小麦」を現わしているそうだ。イエス・キリストという旗を掲げるということは、私たちが、イエス・キリストを「我が主、わが神」として信じていることを明らかにすることになる。

 

 私たち異邦人クリスチャンにとっても、高く掲げるべき「旗」は、イスラエルの民を集める「旗」と同じ「旗」である。

 私たち異邦人クリスチャンとイスラエルの民は、「この旗のもとに」集められ、一つの民となるのだ。

 

 この旗は、比喩としてイエス・キリストのことを表しているが、もし実際の「旗」を教会に掲げるとしたら、どんなデザインがいいだろうか。みんなで考えてみたら実に楽しそうだ。

閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

イザヤ書19章 “Egypt’s Judgement” 預言者イザヤは、裁きの預言と希望の預言と、その両方を語りました。イザヤ書19章の話は、まずエジプト王国に対する裁きの預言から始まります。 イザヤの預言によると、最終的にエジプトを陥落させるのは、何か外国の勢力ではなく、内戦です。エジプト人はエジプト人と戦い、隣人と隣人、都市と都市、王国と王国が戦うことになります(19:2)。この後、飢饉(5節

イザヤ書18章 「霊性の養い」 「ああ、羽コオロギの国よ。この国は、クシュの幾多の川のかなたにあり、」(1節)とあるが、この「羽コオロギの国、クシュ」とは、現在のエチオピアの辺りのことで、「羽コオロギ」とは、今でいうツェツェバエではないかと考えられている。 当時、アッシリヤという大国が現れ、南ユダもクシュも、その威力に恐れ慄ている状況にあった。そこで、クシュは南ユダに一緒にアッシリヤに対抗しようと

イザヤ書17章 「世界に及ぶ神の審判」 イザヤ書17章から19章にかけてはそれぞれの国への審判である。ダマスコからエチオピアそしてエジプトとイスラエルの周りの国々への神の審判、神が主権を持つ、未だ見ぬ「その日」の宣告が語られている。周辺諸国への審判といえばもう一人の預言者を思い出す。イザヤは南王国ユダで活躍したが少し前に北王国へ遣わされた預言者アモスがいる。アモスもまた北王国イスラエルと南ユダ王国