2022年4月4日 ディボーション

雅歌6章


『神が理想とされた夫婦関係』


 ソロモンの妻は、夫であるソロモンとの肉体関係を拒否してしまったことによって、夫婦の間に亀裂を生じさせてしまっていた。

 彼女は、夫を拒否したことを後悔していた。自分に背を向けて去って行った夫を探していると、「園の中で群れを飼うために、ゆりの花を摘むために、自分の庭、香料の花壇へ下っていかれた」(6:2要約)のを見た。これはきっと、大勢の女たちがいるハーレムに行く夫を見つけた、ということだろう。

 

 彼女はたぶん、ソロモンを一人占めしたかったのだろう、と思う。「私は、私の愛する方のもの、私の愛する方は私のもの」とわかってはいても、その方は「ゆりの花の間で群れを飼っている」からである。しかし、ソロモンはその庭で、彼女をほめ、自分には大勢の女性がいるが、愛しているのはあなただけだと語る(6:4〜10)。

 

 旧約時代、二重婚や一夫多妻制は許されていた。しかし、神がそれらを認めたわけでも、命じたわけでもない。現にモーセの律法には、「また王は、自分のために多くの妻を持って、心がそれることがあってはならない。」(申命記17:17)と書いてある。ただ、当時の状況から推測するなら、戦いによって多くの男は死んでしまうことから、女子の数が男子より増えてしまい、仕事を持つことを許されない女を守るには、妻や側女として迎えるしかなかった、という事情があったのかもしれない。

 

 大勢の女を囲う夫と、その妻が歩み寄れたのは、そこに神がおられたからである。解釈困難な雅歌も、神が理想とする男女間、夫婦間を示していると考えるなら、ソロモンとその妻の会話は、良い手本として捉えることができる。

 

 夫は、妻を愛することである。パウロは、エペソ人への手紙で、「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自分を献げられたように、あなたがたも妻を愛しなさい。」と言われた。これは、「キリストと教会」の関係がそのまま、「夫と妻」の関係であるという意味である(エペソ5:23〜33)。

 この世には、妻以外に気を取られるものや、事柄はたくさんある。しかし、妻以外のことに気を取られすぎることで、夫婦関係にズレが生じてはいないだろうか。自分の妻を自分のからだのように愛しているだろうか。

 

 妻は、夫に従うことである。パウロは、「妻たちよ。主に従うように、自分の夫に従いなさい。」「教会がキリストに従うように、妻もすべてにおいて夫に従いなさい。」と言われた(エペソ5:23〜33)。

 妻は、無意識のうちに、夫を支配したいという欲があることを自覚しているだろうか。この無意識的支配欲は、創世記に登場するエバに与えられた呪いのひとつで、女性は皆、彼女より継承しているからである。

 神はエバに「また、あなたは夫を恋い慕うが、彼はあなたを支配することになる。」と言われた(創世記3:16)。この「恋い慕う」とは「支配したいと願う」という意味である。夫の考え方や食事の仕方、話し方に歩き方と、夫のすべてをある意味入念に観察し、気に入らないから変えようとしていないだろうか。自分の夫を敬っているだろうか。

 

 ソロモンはこの上なく妻を愛した。そして妻は、たとえ納得のいく状況ではなくとも、夫であるソロモンに従ったのである。その情景に思いを巡らしていると、その昔、佐藤初女という、日本のマザーテレサとも呼ばれた人の講演会でのことを思い出した。  


 彼女の講演会には、信者でない人たちもたくさん参加する。その会の質疑応答の時間だった。ある女性が「どうしたら幸せになれますか?」と質問された。その質問に対して初女さんは、臆することなく、「赦すこと、そして、受け入れることです。」と即答した。

 

 雅歌は解釈が困難な書である。しかしソロモンとその妻の関係を、愛による「赦し」と「受容」の関係として読むなら、雅歌は、神がソロモンを通して書き残した、賛美の中の賛美である。

                                             

祈り:夫婦関係について深く学ぶ機会を与えてくださり、感謝いたします。キリストの愛による赦しと受容によって、私たち夫婦がさらに一つとなっていくことができますよう、お導きください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

ルカの福音書 24章 『インマヌエル@エマオの道』 ”エマオの道”の、珠玉のエピソードはルカにしかない。私たちキリスト者にとって、エマオの道は、うっとり垂涎の、憧れの旅路である。だってイエスさまが同伴してくださるんだから! 前章でイエスさまは二人の犯罪者とともに十字架にかかられた。犯罪者の一人はイエスさまをののしったけれど、一人はイエスさまを神とあがめ無罪を主張した。その時、イエスさまの言ったみこ

ルカの福音書 23章 群衆がしつこく大声をあげ続けた結果、彼らの主張が通り、イエス様が十字架につけられた。何が何でも力づくで要求を押し通そうとする人間の内に渦巻く闇の力は、とてつもなく強い。何ひとつ罪を犯さなかった者を殺すことさえできるのだから。 群衆の扇動によって十字架につけられたイエス様は、こう言われた。 「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」(

ルカの福音書 22章 「みこころがなりますように」 コロナ禍以前、ある兄弟が教えてくれた。「何でも天のお父さんにお願いして祈ったらいいよ、それがみこころならば、必ず叶えて下さるから。」そうか祈ってお願いしたらいいのか、と思い勝手なお願いばかりの祈りが続いた。そのうち私の人生の中で機転となる一つの願いが叶い、そうかこれが御心だから叶えてくださったのかと気づく。全ては神のご意志ならば成る、ということで