2022年4月3日 ディボーション

雅歌5章


 花嫁と花婿の三日目の出来事である。雅歌の5章から自分に示された事は、主が私の心の扉をたたかれておられるのに自分の都合で心の扉を閉ざしてしまう愚かなことが多々にあることだ。「喉元過ぎれば熱さを忘れる。」という、日本のことわざにあるように、自分の信仰生活を改めて見直す機会を指摘される。主が私の心の扉をたたいて下さっておられるのに、この私は、いとも簡単に自分中心になり心の扉を閉ざしてしまうのだ。クリスチャンになって心では解っていることが、時には体が素直に応じない時があるということである。そして、たくさんの試練を体験することになるのだ。でも、神様は私が心の扉を開かなかった為に去って行かれたとしても、私を決して見捨てたりはされない。神様は、私達をもっと神に近づかせる為にご自身を隠される時があるのだということを、ずっと以前に関牧師が語っておられたことが脳裏に蘇ってきた。


 私は眠っていましたが、心は目覚めていました。すると声がしました。私の愛する方が戸をたたいています。「わが妹、わが愛する者よ。私の鳩よ。汚れのないひとよ。戸を開けておくれ。私の頭は露にぬれ、髪の毛も夜のしずくでぬれているので。」 2節 一部抜粋


 花嫁は心は目覚めていても体は眠っていたのだ。すぐには、立ち上がれなかったのだ。雅歌の2章の10節でも花婿は花嫁に呼びかけている。「わが愛する者、私の美しいひとよ。さあ立って、出ておいで。」その時にもすぐには出て行かなかったけれど、後で自分の失敗にきずいて花婿をさがして共に実家で時を過ごすことができた。だが、そういう失敗をしてきたのに、又もや同じ失敗をしてしまうのは私達人間の本来の姿であろう。


「見よ。わたしは戸の外に立ってたたいている。だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしはその人のところに入って彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」黙示録 3章20節


 主が私達の心の扉をたたかれた時に、主を招き入れることができたら私達は共に主の恵みに与らせていただけるのである。主は、私達が心の扉を開けてくれるまで忍耐をもって扉をたたいてくださるのである。私達の心の扉を開いて主を招きいれることができるようになりたいものでありたい。


祈り

愛する天の父なる神様。

あなたの尊い御名をこころから感謝します。今日も御言葉によって自分に語られたことを感謝します。あなたが、私の心の扉をたたかれる音に聞き従って、あなたを、私の心の扉の戸を開けて招くことができますように導いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン


閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

ルカの福音書 24章 『インマヌエル@エマオの道』 ”エマオの道”の、珠玉のエピソードはルカにしかない。私たちキリスト者にとって、エマオの道は、うっとり垂涎の、憧れの旅路である。だってイエスさまが同伴してくださるんだから! 前章でイエスさまは二人の犯罪者とともに十字架にかかられた。犯罪者の一人はイエスさまをののしったけれど、一人はイエスさまを神とあがめ無罪を主張した。その時、イエスさまの言ったみこ

ルカの福音書 23章 群衆がしつこく大声をあげ続けた結果、彼らの主張が通り、イエス様が十字架につけられた。何が何でも力づくで要求を押し通そうとする人間の内に渦巻く闇の力は、とてつもなく強い。何ひとつ罪を犯さなかった者を殺すことさえできるのだから。 群衆の扇動によって十字架につけられたイエス様は、こう言われた。 「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」(

ルカの福音書 22章 「みこころがなりますように」 コロナ禍以前、ある兄弟が教えてくれた。「何でも天のお父さんにお願いして祈ったらいいよ、それがみこころならば、必ず叶えて下さるから。」そうか祈ってお願いしたらいいのか、と思い勝手なお願いばかりの祈りが続いた。そのうち私の人生の中で機転となる一つの願いが叶い、そうかこれが御心だから叶えてくださったのかと気づく。全ては神のご意志ならば成る、ということで