top of page
  • HCCnichigo

2022年4月3日 ディボーション

雅歌5章


 花嫁と花婿の三日目の出来事である。雅歌の5章から自分に示された事は、主が私の心の扉をたたかれておられるのに自分の都合で心の扉を閉ざしてしまう愚かなことが多々にあることだ。「喉元過ぎれば熱さを忘れる。」という、日本のことわざにあるように、自分の信仰生活を改めて見直す機会を指摘される。主が私の心の扉をたたいて下さっておられるのに、この私は、いとも簡単に自分中心になり心の扉を閉ざしてしまうのだ。クリスチャンになって心では解っていることが、時には体が素直に応じない時があるということである。そして、たくさんの試練を体験することになるのだ。でも、神様は私が心の扉を開かなかった為に去って行かれたとしても、私を決して見捨てたりはされない。神様は、私達をもっと神に近づかせる為にご自身を隠される時があるのだということを、ずっと以前に関牧師が語っておられたことが脳裏に蘇ってきた。


 私は眠っていましたが、心は目覚めていました。すると声がしました。私の愛する方が戸をたたいています。「わが妹、わが愛する者よ。私の鳩よ。汚れのないひとよ。戸を開けておくれ。私の頭は露にぬれ、髪の毛も夜のしずくでぬれているので。」 2節 一部抜粋


 花嫁は心は目覚めていても体は眠っていたのだ。すぐには、立ち上がれなかったのだ。雅歌の2章の10節でも花婿は花嫁に呼びかけている。「わが愛する者、私の美しいひとよ。さあ立って、出ておいで。」その時にもすぐには出て行かなかったけれど、後で自分の失敗にきずいて花婿をさがして共に実家で時を過ごすことができた。だが、そういう失敗をしてきたのに、又もや同じ失敗をしてしまうのは私達人間の本来の姿であろう。


「見よ。わたしは戸の外に立ってたたいている。だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしはその人のところに入って彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」黙示録 3章20節


 主が私達の心の扉をたたかれた時に、主を招き入れることができたら私達は共に主の恵みに与らせていただけるのである。主は、私達が心の扉を開けてくれるまで忍耐をもって扉をたたいてくださるのである。私達の心の扉を開いて主を招きいれることができるようになりたいものでありたい。


祈り

愛する天の父なる神様。

あなたの尊い御名をこころから感謝します。今日も御言葉によって自分に語られたことを感謝します。あなたが、私の心の扉をたたかれる音に聞き従って、あなたを、私の心の扉の戸を開けて招くことができますように導いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン


閲覧数:39回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page