top of page
  • HCCnichigo

2022年4月27日 ディボーション

ルカによる福音書21章 


レプタ二枚


『テルマエ・ロマエ』と言うローマの温泉文化を紹介した漫画がある。その中で主人公のルシウスが現代の日本にタイムスリップして、大量のローマ銀貨(デナリウス)と日本の紙幣一枚と小銭を交換するシーンがある。どう考えても割の合わない両替だが、主人公は温泉街で買い物をしたくて日本人観光客と銀を交換する。形や素材は違っても通貨は私たちの生活に欠かせないものになっている。しかしそれが生活の中心になってはいけない。私たちは何に重きを置くべきかを2節の献金に関するシーンから学ぶことができる。


 1〜4節には金持ちとやもめが献金(神様への捧げ物)をする場面が描かれている。どう言う姿勢で捧げたのかが大切と主が示された。


『さてイエスは目を上げて、金持ちたちが、奉献箱に彼らのささげ物を投げ入れるのを見ておられた。また、一人の窮しているやもめが、レプタ二つを投げ入れるのを見られた。そこで彼は言われた、「まことに、私はあなた方に言う。この貧しいやもめは彼らのうちの誰よりも多く投げ入れたのだ。」彼らは皆、有り余っている中からささげ物を投げ入れたが、彼女は欠乏している中から、自分の持っている生活費の全部を投げ入れたからである。』(1〜4節 回復訳)


 口語訳聖書では、『金持ちは投げ入れた』そして『やもめは入れた。』と訳されいている。そして金持ちの献金額は書かれていないが、やもめの場合、『生活費の全部を投げ入れた』とある。彼女の信仰には脱帽するしかない。あなたはどっち? 金持ちのように感謝の心もなく、神様から受け取った贈り物を無碍に扱っていないか? 神様の物をお返しするのに出し惜しみしていないか? やもめのようにしているか? と問われた気がした。実際、ある航空会社から、『持っているマイレージをウクライナの為にドネーションしませんか』とオファーがきた。最低限しかドネーションしていなかった事を後悔して、できる限り全てを捧げることにした。なぜなら、全ての恵みは創造主の主のものだと信仰によって信じる事ができるから。そのように聖霊様が私の心を変えて下さった。

 主は人々をお造りになった時から養ってくださるお方。出エジプト記では毎日マナ(パン)を降らせ、うずらも用意してくださった。(出エジプト16)他にも水も準備してくださる神(出エジプト15:22)。水は水道から、食べ物はスーパーから買うと言う生活をしている私には主が養ってくださると言う事が現実的に繋がらなかった。しかし今は分かる。32年前に全て失った時に主は養ってくださった。住まいを与え、食べ物、飲み物を与えてくれる姉妹を与えてくださった。だから今も生きている。主によって生かされていると確信することができる。初心に帰るチャンスを与えてくださる主に感謝したい。


【祈り】

『十字架を見上げて 御前に行きます 手放し 明け渡して あなたのために生きる』(レプタ二枚の歌詞より)

 天の父なる神様。今日もあなたの御手の中で生かされている幸いを気づかせて下さりありがとうございます。あなたから頂いた贈り物はあなたのものです。その恵みをどのように使うべきか、どうぞ語りかけてください。困っている人には、あなたが遣わして下さった姉妹のように恵みを分かち合いたいです。どうぞこれからも僕をお導きください。イエス・キリストのお名前と共に感謝して御前におささげいたします。アーメン。

 

【賛美】レプタ二枚 作詞・作曲 佐々木潤、山本陽一郎、中山有太。

【参考】

・デナリウスの価値。当時の地方軍人の日給1〜3デナリウス。1デナリ=128レプタ

・レプタ。ギリシアで使われた通貨単位。2レプタは1コドラント。1コドラントはローマ帝国通貨で銭湯の1回の入浴料に相当する。今の時代の代金に置き換えてみると、15年前に月島温泉では日本円で五百円だったから、2レプタは千円くらい、もしくは$10に相当するのであろう。温泉銭湯があちこちにある日本が羨ましい。


閲覧数:50回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page