2022年4月25日 ディボーション

ルカの福音書19章


『わたしは今日、あなたの家に泊まることにしているから』

 

 イエスは、エリコという町に入られた。この町は、交通の要所であったという。そこに取税人のかしらであるザアカイがいた。彼の仕事は、その町を行き交う行商人たちから通行税を徴収し、ローマにそれを収めることであった。マタイも同じ取税人であったが、彼は「かしら」ではなかった。

 いずれにせよ、これら通行税を徴収する取税人は、普通の取税人よりも悪質で、裕福ではあったが、同胞からは売国奴と呼ばれていたという。

 

 ザアカイは、同胞から嫌われ、罪人として扱われている人であった。裕福であっても、友達や仲間がいないというのは、どれだけ淋しいものかと思う。そんな時に、噂のイエスという方が町を通られると知った。しかし彼は、背が低かったから、群衆に囲まれたイエスを後方から見ることはできなかった。

 そこで、先の方に走って行って、いちじく桑の木に登って、そこからイエスを見ようとした。彼は必死になって走って、木に登った。

 

 すると、イエスは木の上にいる彼を見上げて、「ザアカイ、急いでおりて来なさい。わたしは今日、あなたの家に泊まることにしているから。」と言われた。ザアカイは驚いたことだろう。彼にとっては初めて会うお方である。しかし、そのお方は自分を知っておられ、名前で呼んでくださった。長い間、売国奴、罪人と呼ばれて来た者にとって、名前で呼ばれたことは大変な喜びであっただろう。

 

 ザアカイは、その喜びから、財産の半分を貧しい人に施すこと、そして脅し取ったものがあるなら、4倍にして返すと言った。これはモーセの律法が要求している以上の償いをすることで、自らの悔い改めを表現しているという。


 イエスの愛を知ると、それまで価値あると思っていたものが、塵芥のように思えることが、ザアカイの行動からも知ることができる。

 

 神は私たちを知っていてくださる神である。また一人一人を名前で呼んでくださる神である。ザアカイの心の嘆きをご存知であったように、私たち一人一人の嘆きや悲しみも知っていてくださり、誰一人として、神に忘れ去られることはないのである。

 

 イエスは、今日も救いを求めている人々の名を呼び、「わたしは今日、あなたの家に泊まることにしているから。」と語られている。その声を伝えるために、用いていただこう。

 

祈り: 主よ。御心を行う者へと私を造り変えてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

ルカの福音書 24章 『インマヌエル@エマオの道』 ”エマオの道”の、珠玉のエピソードはルカにしかない。私たちキリスト者にとって、エマオの道は、うっとり垂涎の、憧れの旅路である。だってイエスさまが同伴してくださるんだから! 前章でイエスさまは二人の犯罪者とともに十字架にかかられた。犯罪者の一人はイエスさまをののしったけれど、一人はイエスさまを神とあがめ無罪を主張した。その時、イエスさまの言ったみこ

ルカの福音書 23章 群衆がしつこく大声をあげ続けた結果、彼らの主張が通り、イエス様が十字架につけられた。何が何でも力づくで要求を押し通そうとする人間の内に渦巻く闇の力は、とてつもなく強い。何ひとつ罪を犯さなかった者を殺すことさえできるのだから。 群衆の扇動によって十字架につけられたイエス様は、こう言われた。 「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」(

ルカの福音書 22章 「みこころがなりますように」 コロナ禍以前、ある兄弟が教えてくれた。「何でも天のお父さんにお願いして祈ったらいいよ、それがみこころならば、必ず叶えて下さるから。」そうか祈ってお願いしたらいいのか、と思い勝手なお願いばかりの祈りが続いた。そのうち私の人生の中で機転となる一つの願いが叶い、そうかこれが御心だから叶えてくださったのかと気づく。全ては神のご意志ならば成る、ということで